㈱けやき 代表取締役 森本幸弘のブログ

㈱けやき 代表取締役 森本幸弘のブログ

平成16年7月22日 葬儀社設立
もともとは葬儀の仕事には縁がないと思っておりましたが
今思えば、導かれるように葬儀に携わり、
葬儀を通して人生、生きる、を
学ばさせて頂いてると思います。
日々、思うことを書こうと思います。

 

手術といっても、おしり(痔)の手術です。

 

8月のラジオで「詳しくはブログを見てください」と言うてますので、

 

ここに詳しく書くんですが、

 

痔の手術には、いろいろありまして、2013年にもブログで胃カメラ検査を報告してますが、

 

基本的には日帰り手術です。

 

何回か「ジオン注射」という、今は簡単な注射を打つだけという手術があります。

 

今回は、レーザーで切る方がいいとのことで、7/6に思い切って切りました。

 

10日程は痛みが続いて、3週間少し経過して、ほぼ痛みも軽減され、今は順調です。

 

病院は10年以上お世話になってる「渡辺クリニック」(六甲道)

 

とても、いい病院です。

 

痔の手術だと、他と比較しないと、わからないことが多いと思います。

 

比較した人が一人います。

 

僕の兄です。兄も痔で、以前、別のS病院で「ジオン注射の手術」をしてます。

 

ただ、違いはそのS病院は入院が必要なんです。

 

「ジオン注射の手術」で、日帰りの病院もあるし、

 

入院の病院もあります。ここでは判断が難しいと思います。

 

入院することで、少ないとはいえ、変化があるときにすぐに対処できますし。

 

 

結局、それは上手くいったようです。というのも「ジオン注射の手術」は基本的には簡単なので、

 

大体の病院は上手くいくでしょう。

 

そのS病院は口コミもよく、口コミサイトの上位にあります。

 

 

それから、何年かして、痔瘻になり、そのS病院では何週間か入院が絶対条件で、

 

当時、休みが取れない兄は、他の方法を先生に尋ねたそうです。

 

返ってきた答えは「じゃ、人工肛門になるかですね」だったんです。

 

それを、僕に話して悩んでいたんで、日帰り手術専門の『渡辺クリニック』を紹介すると、

 

後日行ったようです。

 

渡辺先生は全く日帰り手術は可能ということで、当然、2~3日は自宅で安静ですが、

 

痔瘻の手術(レーザーメス)を受けて、治ったようです。

 

 

で、今回、僕が手術を終えて、タクシーで帰るときに、兄に久しぶりにラインしました。

 

兄の手術は約10年前、現在の様子を聞くと、痔瘻は完治して再発無し。だそうです。

 

 

つまり、痔の手術は病院によって様々で、比較した人の意見は少数で、

 

口コミも信用できるか判断が難しいと思いますが、この話を載せることによって、

 

痔で苦しんでいる人に役に立つような気がして、恥ずかしい話ですが、

 

また、兄に掲載の確認も取らず、書かせていただきました。

 

 

渡辺クリニックは名医です。

 

 

冠婚葬祭 ブログランキングへ

 

 

久々です。

 

最近、ブログは止まってるねとか言われてきましたが、

日曜日にも言われたので、見てくれる人はいるので書こうかなと思いました。

それと、以前より、ほんの少し時間ができたのかもしれません。

 

仏教の「四苦八苦」に

怨憎会苦という言葉があります。

 

人は嫌な人と出会ってしまう

時には集団の中で顔を合わさないといけない、苦しみ

というような意味です。

 

それを受け止めるしかないということで

気にする必要もないのですが、

 

あまりにも会いたく無くて仕方がないような時もありますよね。

それも仕方ないです。そのような人が僕の周りに増えたようにも思います。

 

今月初旬から、6年前ほどになったメニュエル病を再発したようで、

美味しくない処方箋を飲んでいます。

ストレスのようですが、どれがストレスか思い当たる節がないというのが本音です。

 

ただ、マイナスの言葉や内容を聞くことが多いような気もしています。

 

まれに、マイナスの要素なんだけど、プラス発想で話を聞く場合もありますが、

それは社外関係者に多く、そのような人とは会話も弾みますよね。

 

ですので、メニュエル病が続く間は、マイナスの言葉を発する人とは距離を置く

プラス発想の人とは会話していく、それが一番ではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

今日は僕の50歳の誕生日でした。

 

さすがに人生の半分は過ぎてると実感します。

 

ところで、母の墓参りへは普段からあまり進まない自分で

その理由は様々で、半年前に兄と二人で一緒に行ったきりで

お盆や彼岸は他の誰かが行ってるでしょうし、

 

何か気持が進まないんですね。

 

で、ふと、半世紀の人生を考えたところで、

生まれてきたのは母のおかげで、

母の誕生日も僕と同じ4/9でしたので、

それと、この時期に墓参りはほとんどないように思えたので

急に行ってみようと思いました。

 

で、これから

誕生日に毎年行こうかなと思いました。

 

 

 

去年の春に

「コンビニの喫煙所が消える日」と題して

ブログを書いていました。

https://ameblo.jp/19710409/entry-12452862519.html


そういえば消えてましたね。

 

コロナの影響ですが、

喫煙所は一番密になります。

無くしていくべきでしょうね。

 

それが時代の流れです。

ダーウィンが

「強いものでなく変化できるものが生き残ってきた」

といったように、

対応できないものは消えていくだけだと思います。

 

 

 

 

こんな状況だれも予想にしてなかったでしょうね。

 

いろんな人から、ブログ書いてないことを指摘されてましたので、

久しぶりに書いてみました。

 

セレモニーホールけやきでは、新型コロナウィルス対策を

かなり厳重に行ってます。

 

そもそも、僕はユニ・チャームのアルコール除菌ウェットを持ち歩く人で、

何年も前から、飲みに行くときはもちろん、エレベータのボタンを押すとき

電車でつり革を持つとき、買い物かごを持つとき、すべてに、

この除菌ウェットを挟むようにしてました。

よく馬鹿にされたものですが、

15年ぐらい、インフルエンザの予防接種もせずに

インフルエンザに罹患してません。

 

その愛用してたユニ・チャームの除菌ウェットが

にわか購買者によって売り場は荒らされ、

僕のストックはもう一か月を切りそうです。

ネットでは10倍もの価格で販売されていますが、

本当にどうなってしまうんでしょうか。

 

そんな個人的なアルコール除菌ウェット愛用の話は置いといて、

 

セレモニーホールけやきでは、

通夜後、葬儀後、葬儀がない日も

毎日、次亜塩素酸ナトリウム希釈液を散布しています。

会館全体に行っていまして

 

エレベーター内も

 

椅子や、触れるところを隈なくしています。

 

椅子席を見ていただいて気付いたと思いますが、

間隔をあけています。

 

緊急事態宣言により、小野加東斎場「湧水苑」は

お骨上げには5人までとされています。

 

セレモニーホールけやきでは二親等のご家族のみに、

当然、一般の方は入れません。

 

香典を持って来られる方は、

場外のテントで行っていただいています。

 

とにかく、出来ることを完全にしている状況です。

 

従業員は事務所内もマスクを完全着用、

来客も完全着用してもらってます。

 

しかし、いつまで続くんでしょうね。

 

一日でも収まることを切に願っています。