*竹駒神社*

テーマ:
初午大祭があったので行ってきました。


1967197720002004さんのブログ-130317_1216~02.jpg


1967197720002004さんのブログ-130317_1147~01.jpg


とても立派で美しい御神輿です。


1967197720002004さんのブログ-130317_1232~01.jpg


担ぎ手さんが「御神輿と一緒に写真を撮ると御利益があるから撮ってやるよ♪」と声をかけていただいたのでデジカメで撮っていただきました(^O^)


1967197720002004さんのブログ-130317_1231~01.jpg


天気も良く、出店もたくさんあって居心地のよい時間を過ごす事ができました。


竹駒神社の御朱印もしていただき大満足な1日でした♪


1967197720002004さんのブログ-130318_1319~01.jpg



厄払い

テーマ:
昨日、人生初の厄払いをしに金蛇水神社へ行ってきました。


1967197720002004さんのブログ-130310_1223~02.jpg


帰りに頂いたお札、御守り、お菓子。


1967197720002004さんのブログ-130310_1804~01.jpg


1967197720002004さんのブログ-130310_1803~01.jpg


1967197720002004さんのブログ-130310_1802~01.jpg


それから縁あって定期的に参拝をさせていただいてるということと、厄払いをした神社、そして3・11の前日ではありましたが、私の中での色々な想いを込めてこちらの神社で御朱印帳を作りました。

1967197720002004さんのブログ-130310_1804~020001.jpg


1967197720002004さんのブログ-130310_1806~01.jpg


今後は縁がある神社へ行く時には御朱印帳を持って参拝に行こうと思ってます。


…本当に自分自身を愛しているのか?…

『人は皆、自分を人一倍可愛く思っている?』

この世のほとんどすべての問題は一人ひとりが、本当に心の底から〔自分自身を愛す〕ことができたら解決しているはずです。
あらゆる敵意、あらゆる不満、あらゆるネガティブな感情、すなわち、あらゆる不幸な状態は〔自分自身をあいせない〕ことから起きてます。

〔なれの隣人を愛す〕ことは〔自分自身を愛している〕人にとっては容易なことなのです。

なぜなら隣人を愛することが、自分にとっても〔利益〕であることが〔自分自身を愛している人〕にはわかっているからです。〔利己的〕であることが〔利他的〕であることと一致するのです。

しかし、ほとんどの人は、自分のことを〔大した価値のない人間〕と思っており、自分を心の底からは愛することができず、受け入れることができません。
もちろん、意識的にはそう思っているわけではありませんが、心の奥底で、無意識にそう思っているのです。

こう言うと〔ばか言うな。俺は自分を人一倍可愛く思っている。大きな声では言えないが、人がどうなったって、自分さえよければいいと思って生きている〕という人がいることでしょう。
普通に〔自分〕と言って可愛がっているものが、実は〔感情〕にすぎないことに、ほとんどの人は気が付いていません。

それをわかってもらうことが本書の目的と言ってもいいのです。
それがわかれば自分が幸福になることが他人が幸福になることと別のことではないこと、この世のあらゆるものはつながっていることなどもわかってくることでしょう。

ほとんどの人は自分を大した価値のない人間と思い、自分を愛していない、そう私は言いました。

なぜそんなことが言えるのか、その理由を言いましょう。

もし人が〔自分は大した価値のない人間だ〕と思ってないとしたら、逆に言えば〔自分には価値がある〕と思って自分を受け入れているのだとしたら、この世からは競争とか争いとかいうものが消えているだろうからです。

競争や争いがあるということは、いかに多くの人が〔自分は価値のない人間ではない〕ということを証明しようと必死になっているかの証拠ではないでしょうか?

1967197720002004さんのブログ-ファイル0151.jpg