笹井清範の商人応援ブログ「本日開店」

笹井清範の商人応援ブログ「本日開店」

お客を愛し、お客に愛される商人に、元気と役立つ情報をお届けします


テーマ:

粗末な段ボールに、丁寧で、少しかわいらしい字で綴られた一片の詩。

おそらく、誰かに頼まれて即興で書かれたそれは、印刷物にはなっていません。

書き手は商業界創立者、倉本長治。

「お菓子屋さんの仕事」という詩です。

 


 

お菓子はお母さんの味

夕げのあとのだんらんの一刻

丸々と肥えた子らの顔を見つめて

生きることの喜びを想う人たちに

「頑張りましょう」と

力一杯、手を握ってあげようよ!

 

お菓子屋さんの仕事は

二十円のキャラメル一つに

お母さんの心を添えてあげること

一日の仕事の疲れも忘れて

子らのために生きようとしている

私たちと同じ仲間の人たちに

モット光りを

モット喜びを

与えてあげようよ!

あなたのお店で

フト、亡くなった母親を想う

そういうお店になろうよ!

 

お菓子は故郷の味

住みづらい今日の生活に

家族五人、やっと通れる狭い道を

自分の腕一つで切り開こうと闘う人たちに

「頑張りましょう」と

力一杯、手を握ってあげようよ!

 

お菓子屋さんの仕事は

一袋三十円のはかり菓子に

遠く去った故郷の心を添えてあげること

…………

 


 

残念ながら詩は途中で中断、紙幅があったら倉本は何を書いたのでしょうか。

この黄ばんだ段ボールは額装され、商業界の応接室に置かれています。

それを見るたび、商い人の役割を思います。

菓子というモノに、お母さんの心、故郷の心を添え、光を、喜びを与えること。

それを倉本は呼びかけました。

 

商いの本質は、いまも変わりません。

業種や業態も超えた普遍的な価値があります。

それはお客という大切な友人にまごころを尽すこと。

それ以外に商いの目的はありません。