ふと、気になって調べたら

【ツツジとサツキの違い】

・花が散ってから新芽が出るのがツツジ、新芽が出てから花が咲くのがサツキ

・葉が出るよりも先に花が咲くのがツツジ、葉が出てから花が咲くのがサツキ

・新芽や葉に生えている細かい毛が緑色なのがツツジ、茶色なのがサツキ

・4月中旬~5月上旬に開花するのがツツジ、5月中旬~6月中旬に開花するのがサツキ


なるほどえー

ツツジの一種がサツキ。

散歩の途中に咲いてるこれはサツキ。だねびっくり

早朝5:00
朝日を浴びたプリムラジュリアンキラキラ

朝陽は柔らかいからかな
カメラを向けるとその彩度が
日中のそれとは違うと感じましたニコニコ

デイジー押花
散歩の途中に見つけた草花
ムラサキカタバミ
今が旬のように…沢山咲いてます
黄色いカタバミもあるよね

◎茎は地面を這い、長い柄の先にハート形の葉を3枚つける(3出複葉)。 葉は日が陰ったり夜になると折りたたんだようになる。 この様子が片側が食べられたように見えるとしたのが名の由来である。
へぇ…おねがい

ニオイバンマツリ

名前のとおり香りが高いです
紫の色素には香りの成分があるとか

◎ニオイバンマツリの日ごとに変わる花色から、気持ちが移り変わる様子が連想されて、「浮気な人」という花言葉が付けられました。

へぇ〜ニコニコ


コマツヨイグサ
友人から教えて頂いた花
今度、押花にしてみようかな

あかばな科マツヨイグサ属の多年草である。学名は「Oenothera laciniata」であるが、属名の「Oenothera(オエノセラ)は、ギリシャ語の「oinos(酒)とther(野獣)」が語源。根にブドウ酒のような香りがあり、それを野獣が好むためらしい。 また、「onos(ロバ)とthera(狩り)」との説もある。種名の「laciniata(ラシニアタ)」は「細く分裂した」を意味している。

ブドウ酒の香りとは〜。ウインク
清楚な中にも荒々しさが(笑)。

調べると益々楽しくなる。

デイジー押花

 

デイジー押花ワークショップは
横浜中華街
ブックカフェ関帝堂さんにて開催しておりますか、只今、お休みを頂いております。
本日より
店頭で販売しています物販も
通販(ブックカフェ関帝堂)で
ご利用頂ける事に
なりました。

詳しくは
下記をご覧頂きますよう
お願い致します。

http://kanteido.com/?mode=cate&cbid=2618860&csid=0&sort=n

皆様と一日も早い再会。
楽しみにしております。

デイジー押花