模型公園のブログ

模型公園のブログ

模型公園の日々の出来事のブログです。

第1713回 ドイツ空軍降下猟兵師団 鉄橋に防御陣地を構築せよ。

 

 

              2022年7月4日月曜日の投稿です。

 

 

 

          ファルゲルプ作戦 第80話

 

 

 

 

 1940年5月10日午前5時45分頃から ドイツ空軍の

 

降下猟兵師団は、空軍の輸送機でオランダ王国のマース川にある

 

ムールダイク鉄橋の河川敷に夜明けと同時にパラシュート降下し、

 

鉄橋のオランダ軍守備隊に奇襲攻撃をかけたのです。

 

 

【 前話 第1710回の続きより。】

 

 

ムールダイク鉄橋にセットされていた、鉄橋を最悪の場合破壊して、

 

ドイツ軍の通行を阻止する為の爆薬や導火線は、作戦開始2時間程度

 

で事故無く撤去されて行ったのです。

 

 

鉄橋のオランダ王国の守備隊は、不意を突かれて、1部は応戦したのですが

 

 

 

 

多くの兵士は戦う事が出来ず、両手を挙げて捕虜になって行ったのです。 

 

 

 

 

こうして、午前5時45分頃から落下傘降下が始まり、午前6時過ぎ

 

から奇襲攻撃が開始された、全長が1,2キロもある大きな鉄橋は、

 

ドイツ空軍の統制下に置かれることになったのです。

 

 

 

 言い伝えによると、戦闘が始まって2時間後、おおよそ、午前8時

 

過ぎ頃の出来事だったそうです。

 

 

 

 戦闘が終わると、1部の部隊は、捕虜となったオランダ軍守備隊の

 

兵士を集めて、彼等を尋問して、ムールダイク鉄橋周辺のオランダ軍

 

の配置などについて聞き取り調査が開始されたのです。

 

 

 

 

 

すると、マース川の向こうのムールダイクの町にオランダ軍守備隊

 

が1個中隊程度の規模で駐屯していることがわかってきたのです。

 

今度は、鉄橋を取り戻そうと攻撃してくるに違いないと考え、

 

それに備えて、防御陣地の構築が命令されたのです。

 

 

 

 

 携帯式の迫撃砲分隊を後衛に、中央に機関銃分隊を置いて、前部左右には、

 

2名一組の歩兵部隊が配置され、塹壕陣地の構築が開始されたのです。

 

 

 

 

 

塹壕陣地の上には、周囲の低木の枝を切り、陣地の上を枝で覆って

 

塹壕の穴を上空から隠したのです。

 

 

 

 作戦開始から、4時間後、偵察部隊が戻り、ムールダイクの町の

 

様子が報告されたのです。

 

 そして、

 

「オランダ軍が攻めてくる前に、こちらから強襲攻撃を行う。」

 

と命令が発令され、鉄橋の近くのムールダイクの町に進撃する

 

事になって行ったのです。

 

 

【次回に続く。】