再会と、コンペ審査!

テーマ:
~昨日のblogの続きです~


昨日18日(土)は千葉でのピティナ・ピアノステップに参加してきました音譜


中川京子先生のトークコンサート、なんと、肩くらいのボブのサラサラヘアでご登場チューイメチェン!きゃー、素敵ー、可愛いー








ドビュッシー/亜麻色の髪の乙女、月の光、ガーシュイン/プレリュード1番を演奏してくださいました。


先生の音は違うもん!音色が豊かで、誰の真似でも、誰に似てるわけでもない、先生だけの音楽ラブラブすぐに先生の演奏ってわかる。


あー、来て良かった!自然に涙がでていましたえーん


で、演奏後、胸いっぱいで、先生のもとにかけつけると、先生汗いっぱいで弾ききった感の残る中、私のことを思いやってくださることばかり話してくださりえーん本当、天使みたいな先生キラキラ


で、私の演奏まで少し時間があったので、その辺で一人イメトレ音譜というのも、朝練してからでてくるつもりが、どーもこーも、最近疲れはてていたのと、睡眠不足で、こんな日にあり得ないお寝坊をしてしまい、飛んででてきたので、ピアノ一秒も触れずで…ショック 


(目覚まし鳴ったのも気付かないほどの久々の爆睡でしたzzz中川先生のトークコンサートに間に合って本当に良かったぁ。)


でも、今表現できること、精一杯するしかない!と、それにたとえ最近弾けていなくても、これまでずっと必死でしてきたことは身体にしみついているはずと信じて、開き直りのびのび弾かせてもらいました。


勿論、沢山の課題は残るものの、中川先生や他のアドバイザーの先生から直々に過分なお言葉をいただけ、参加して良かったと心から思えました。



そして、ご挨拶をしてから、千葉から東京へ戻りまして、次は東北新幹線に乗り、福島に移動新幹線前


本日19日(日)福島ではピティナ・ピアノコンペティションの審査員を務めさせていただきました。





コンペ開幕早々ということで、参加者人数が少なくて、余裕を持ち聴かせて頂けました。こんなに朝遅く、そして早く終わるのはじめて!





この時期に早々と申し込まれていることからもわかるように、人数は少なめとはいうものの、皆さんヤル気満々でかなりレベルも高く、きっとこの先を目指されている方が多いのだろうと感じました。


充実した週末を送れて幸せ。ピアノを理解し、応援してくれる夫に感謝です。