不格好にはなるけど…

テーマ:

 

70mmの線路を追加して、車体とホームの干渉をカバーしたが、ここで余っているホームの土台と、140mmと158.5mmの直線線路のどれも各2本ずつ、コチラも不格好にはなるけど、有効活用ができる。

 

 

 

 

それぞれ対照的に、直線部分の外側に158.5mmの余った線路を、内側に140mmの余った線路の追加延長で、余ったホームの土台も使い、4両分の長さから5両分の長さへと変わり、線路全長もホームの長さも延長された。

 

 

 

 

見苦しくはなるが、片側コーナー部分の複線間隔も広がった。

 

 

今更ながら書き忘れていた、曲線と曲線との間の直線部分、外側の直線部分は158.5mm、内側の直線部分が140mmの直線線路を使い、158.5mmー140mm=18.5mmの複線間隔を広げ、線路と線路の間にホームが置けるようになっている。

 

 

おわり…

車体とホームの干渉…

テーマ:

 

線路各種を追加して一周にしたが、ここで7Ommの線路を更に4本追加。

 

 

最初は、ホーム端の手前からいきなし曲線にしたけど、この状態で走らせたら、車体とホームが干渉。

 

 

 

ここで、70mmの線路を2本追加。

 

 

 

 

ホーム側とは対照的に配置した、複線情景ベースの手前にも、2本追加。

 

 

次回は、余ったホームの土台と4本の線路の活用法へ。

つづく

1周の複線エンドレス…

テーマ:

 

歩道とバス停にバス、2本の列車も配置した駅前情景ベース

線路を追加して、一周の複線エンドレスに。

 

 

 

追加に必要な線路、まずは品番〈91081〉ミニレール基本セットを2セット。

 

 

 

品番〈1806〉直線レール158.5mm。

今回用意したのはこの品番だけど、〈1016〉でも可能。

また、どちらの品番も4本入りだけど、実際に使用するのは2本のみ。

 

この後に気付いたが、品番〈1804〉もしくは〈1014〉のどちらかも必要となる。

(※この現時点では、画像を上げてないけど…)

どちらの品番も直線レール70mmで、4本入りとなる。

 

 

 

複線情景ベース2枚。

 

 

 

複線情景ベース2枚と合わせて、1周の複線エンドレスとなった。

 

 

 

 

YouTube動画で、走行動画も上げた。

 

つづく

 

2本の列車も配置…

テーマ:

 

歩道パーツと架線柱を追加でアレンジした、駅前情景ベース。

 

 

 

追加アレンジの第2弾。

1枚の歩道パーツから、以前組み立てたバス停へ入れ替えた。

 

 

 

バス停の脇に、1台のバスを配置。

 

 

 

線路上に、2本の列車も配置。

 

 

次回の更新予定は、線路を追加した1周のエンドレスへ。

また更につづく

ちょっとしたアレンジ…

テーマ:

 

線路とホームを土台に配置した駅前情景ベース、ここからパーツ類を追加して、ちょっとしたアレンジへ。

 

 

以前組み立てた、歩道パーツを追加。

道幅が片道で、コレだとちょうどいい!

 

 

道幅を広げたければ、土台の外へ配置。

 

 

 

ガードレールを立ててない部分は、車等の乗り降りや道路横断の再現が可能となる。

 

 

 

線路脇に、架線柱も追加して立てた。

使用した架線柱は、Tomix製品の品番〈3007〉だけど〈3003〉の製品でも立てられる。

 

次回は、追加アレンジ第2弾へ。

また更つづく

駅前情景ベース…

テーマ:

 

 

Tomix製品のワイドPCレール、線路の両脇にあるバラスト部分のうち、片側部分だけを切り落とす。

切り落とす際は、裏側の筋にカッターナイフで、何度も軽くの繰返しで切り込み、ある程度切り込んだら、素手で折り込む。

 

 

 

 

 

立てた柵と茂みを付けた土台に、片側のバラスト部分を切り落とした線路とホームを配置したら、駅前情景ベース。

 

 

次回は、追加アレンジへ。

つづく

柵を固着…

テーマ:

 

緑化作業と、ニュートラルグレー5のアクリル絵具を着色したスチレンボードに固着するところまで進め、柵を固着して立てた。

 

 

 

 

柵は、各土台ごとの白い空白部分を境に、対照的な配置で立てているが、また柵の土台を使用するかしないかの違いも、分けている。

 

 

 

 

柵を固着して立てた後は、フォーリッジクラスターを固着して、茂みを付けた。

もう片割れも…

テーマ:

 

各4枚ずつのスチレンボード、スチロールカッターで地形作りを行わなかった部分も行い、そこから土手となる部分にローアンバーのアクリル絵具を着色。

 

 

 

着色した土手となる部分は、ターフで緑化作業。

 

 

 

 

ニュートラルグレーのアクリル絵具を、半分だけ着色した2mm厚でA4サイズのスチレンボード2枚に、緑化まで進めた部分のうちまずは片方ずつを固着。

 

 

 

それから、もう片割れも位置を決めながら固着。

各4枚ずつあるうちの2枚…

テーマ:

 

スチレンボードの切れっ端から、左半分側が5mm厚で右半分側が2mm厚となる。

 

 

 

まずは、5mm厚の上に2mm厚を固着。

各4枚ずつあるうちの2枚ずつに行う。

 

 

 

 

更に5mm厚を2枚追加して、スチロールカッターで地形作りをしながら切り落とし、その上から固着。

 

 

 

残りの各2枚は、ひとまずそのまま固着のみ。

追加等アレンジの詳細…

テーマ:

7月の告知…

 

 

 

ミニモジュール夏仕様

 

日時:7月1日(日)13~16時

参加費用:9000円

 

 

 

YouTubeで走行動画をupしているが、車両とコントロール制御、樹木は付属致しません。

 

 

 

複線情景ベース

 

日時:7月8日(日)13~14時半と15時半~17時

参加費用:4500円

 

同じ内容のものを2回行うけど、延長に対応して組み合わせることもできるので、回数を多く参加すればするほど、長くなる。

追加等アレンジの詳細を、YouTube動画のupも含めて書いたので、参考までに。

 

 

 

ばすてつ。

 

日時:7月29日(日)13~16時

参加費用:9800円

 

 

 

 

YouTube動画で、コチラも走行動画をupしているが、同じく各車両とコントロール制御、樹木は付属致しません。