①のつづきです…





kaede~楓~後のDANCE ACT!!

ここは、ジュリ・メグの振り付け!

難しかったし、首をとても酷使した!わら

たくさん練習した!!!!

ここの振りとっても好きで普段のライブでもやりたいなって思っちゃうくらいなの。

どうだったかな?


途中の映像

ナレーションをみほさんがやって下さいました!

エモエモの極みだったの…

大人まいたんもっと出していこう。


それからのTHIS LIFE。

何回涙を堪えたかわかりません…

みんなの顔が上手く見れなかったのも、泣いてしまいそうで必死だった…


--

響け響け響け

届け届け届け

僕のこの歌声よ届け

生きて生きて生きて

そして守り抜いて

柔らかなその手を離さない

君に捧ぐ僕のこのLIFE

--


まさにこれ。



そして今回初披露。

『ライラックの空に・・・』


またエモい曲ができました。

振りも好きだし、マイさん頑張るポイントおおいから、今度またしっかり見て貰えたらなっておもいます!!


まいが歌う部分で、 もう二度と悲しませないから

って歌詞があるの。

ここだけはなかなか歌えなかった…

苦しくて、いろんな感情が交差して。


ワンマンライブのサブタイトル

~今この歌を君に捧ぐ~

が歌詞に入ってる今回のワンマンの表題曲。


本編はあっという間でした。

あれ、もうおわり?

そんな感じだった!

でもひとつひとつの瞬間が最高でみんなの笑顔と声援と私たちのパフォーマンスがひとつになった瞬間が沢山あってうれしかった!!


アンコール

実は着替えてて…

叫んでる声はあんまり聞こえなかったの、ごめんね、映像でしっかり確認させてもらいました!!


MCね、じつはホント何も考えてなくて、その時に思ったこと感じたことを素直に伝えようって思ってたの。

ここがいちばんの山場←

ひとりひとり喋るタイミングはここしかなかったから、しっかり伝えたかったんだけど、

今ここにいることが不思議だし、嬉しいし、幸せだし、ほんとこのメンバーでよかったってことが1番に来てしまった。

心の底からそう思った。

こんな最高な仲間に出会えたんだ、なんて幸せものなんだって。

1年間やってきたことは無駄じゃなかったって。

思えました!


それからの『Winter Road 』

ワンマン初披露、2つめの新曲。

そして、バラード。


--

今君に伝えたくてこの道を歩いてきたんだ

--


ほんとにその通りだった。

みんなの顔を見ながら歌うのはもっと泣いてしまいそうだったけど、この曲を聞いてもらえてよかったってものすごくおもいました。

またひとつ大切な曲が増えました!

歌いながらね、生きてるーーーーってすごい感じた。

わたしはここにいるよって。


このワンマンライブ最後のラプソディノイズ


1番思い入れの強い曲。

銀テープも、まさか自分達の1stで飛ぶと思わなくて嬉しかったひとつなの!




最後だから会場のボルテージもMAXで、最高だった!

みんなで歌うところも過去最大の大きな声、みんなのキラキラした顔、メンバーのパフォーマンス

全てがぶつかり合って、終わって欲しくないーーーーってなってた。


ほんとにありがとう。








1年という時を経て、143∽はようやくひとつの通過点を迎えました。

大切なのはここから。

2月3日に1年経ち…

ホントの勝負はここからだなっておもいます。

ワンマンライブを通して、自分の課題、足りないこと。沢山見つかりました。やらなければならない。決して満足では無いんだ。求めてるところに届いていないから。もっと成長して、


マイは今ここで生きてるんだよってもっとたくさんの人に見てもらいたい。

143∽という、唯一無二の存在をもっと広めていきたい。



そして、


KOHさん、

NORIさん、

デイジーさん、

タカさん、

ぴよちゃん、

MIHOさん、

正司さん、

衣装さん、

音響さん、

照明さん、

カメラマンさん、

会場のスタッフの皆様

影で支えてくださった皆様


ありがとうございました。

皆さまのおかげでこんなに素敵なワンマンライブを開催することができました。


感謝の気持ちを忘れず、これからも突き進んで行こうと思います。



最後になりましたが。


応援してくれて、ありがとう。

出会ってくれて、ありがとう。


一生の宝物。大好きです!!!!!!!!

この日は絶対に忘れない。



----------


2019.2.1(金) 渋谷WWWX

『極炎』~今この歌を君に捧ぐ~


----------















END。