特許庁が商品及び役務の区分解説〔国際分類第11-2022版対応〕を公表しました。

商品及び役務の区分解説の作成は10年ぶりです。

 

商品及び役務の区分や商品又は役務の表示に関する理解の一助として、「類似商品・役務審査基準〔国際分類第11-2022版対応〕」に掲載された商品及び役務をベースにした「商品及び役務の区分解説〔国際分類第11-2022版対応〕」を作成し、公表したとのことです。

 

令和4年9月
商標課 商標国際分類室

 

「標章の登録のための商品及びサービスの国際分類に関するニース協定」に基づく国際分類は、世界知的所有権機関(WIPO)で開催された第31会期ニース国際分類専門家委員会において改訂が決定され、令和4年1月に第11-2022版が発効しました。

そして、この国際分類の改訂にあわせて、商標法施行規則別表も改正され、令和3年経済産業省令第82号(令和3年12月15日公布)が令和4年1月1日に施行され、また、同施行規則の改正に対応した「類似商品・役務審査基準〔国際分類第11-2022版対応〕」を作成しています。

そこで、この度、商品及び役務の区分や商品又は役務の表示に関する理解の一助として、「類似商品・役務審査基準〔国際分類第11-2022版対応〕」に掲載された商品及び役務をベースにした「商品及び役務の区分解説〔国際分類第11-2022版対応〕」を作成し、公表することといたしました。

商品及び役務の区分解説〔国際分類第11-2022版対応〕

本解説は令和4年1月1日以降の出願に適用されます。

なお、本解説に記載されている考え方は、基本的事項をお示ししたものです。また、本解説の公表後、運用に変更が生じる場合がございますので、御留意ください。

[更新日 2022年9月26日]

技術者向け著作権入門の電子書籍です。

 

技術者が研究・開発業務を遂行していくうえで、最低限、知っておく必要があると考えられる「著作権法」の基礎的事項を短時間で学習できるように基礎的な知識をまとめたとのことです。

 

著作権制度は文芸や美術、音楽などの著作物を創作した人の権利を保護するためにある。この考えは、間違つてはいないが、必ずしも正解でもない。著作権制度の究極の目的は「文化の発展」である。著作権について規定している著作権法の第1条では、著作物を「文化的所産」と呼び、その文化的所産の 「公正な利用」に配慮しつつ、「著作者等の権利の保護」を推進しながら、「文化の発展に寄与することを目的とする」としている。

著作物とは、「著作物思想又は感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術、又は音楽の範囲に属するものをいう。」(著作権法第2条第1項第1号)
一般的な著作物としては、①小説、脚本、論文、講演その他の言語の著作物、②音楽の著作物、③舞踊又は無言劇の著作物、④絵画、版画、彫刻その他の美術の著作物、⑤建築の著作物、⑥地図又は学術的な性質を有する図面、図表、模型、その他の図形の著作物、⑦映画の著作物、⑧写真の著作物、⑨プログラムの著作物である。(著作権法第10条著作物の例示)
二次的著作物としては翻訳、小説の映画化、編曲などである。また、編集著作物としては、百科事典、新聞、雑誌、詩集などの編集物がある。そしてデータベースの著作物としては、編集著作物でコンピュータ検索ができるものである。

本書は、技術者が研究・開発業務を遂行していくうえで、最低限、知っておく必要があると考えられる「著作権法」の基礎的事項を短時間で学習できるように基礎的な知識をまとめている。
各組織(企業)に所属する技術者および大学等研究室で従事されている研究者におかれては、本書を活用され、著作権法に関わる法令順守(コンプライアンス)に関し、適切な活動が実施されることを期待している。

                              2022年9月10日
                                  津田 文男

先週、コネクテッドカー特許技術使用で日本メーカー8社 米企業と契約という報道がありました。

 

自動車メーカー各社は「コネクテッドカー」向けの特許技術を使う代わりに「アバンシ」に対し、1台当たり15ドルから20ドルの実施料を払うというものです。

 

自動車の値段は、通常200万円以上(1500ドル以上)ですから、15ドルから20ドルの実施料は1%程度で、格安とも言えます。

 

当初自動車メーカーは、自動車部品ではなく、完成品である自動車を実施許諾の対象にすると、実施料が不当に跳ね上がるので、部品メーカーと契約すべきという主張をしていたと思いますが、実際にはそのような高額な実施料にはなりませんでした。

 

やはり自動車メーカー大会社なので、交渉力があるのでしょう。

 

インターネットにつなげて外部と常時通信できる車、「コネクテッドカー」をめぐり日本の自動車メーカーに新たな動きです。トヨタ自動車など日本のメーカー8社は、「コネクテッドカー」に必要な特許技術の使用料を支払う契約をアメリカの企業と結びました。


こうした中、各国の通信大手各社の「コネクテッドカー」向けの特許技術に関する交渉を担うアメリカの企業「アバンシ」は21日、トヨタ自動車やホンダ、日産自動車など日本の自動車メーカー8社と契約を結んだと発表しました。

各社は「コネクテッドカー」向けの特許技術を使う代わりに「アバンシ」に対し、1台当たり15ドルから20ドルの使用料を支払うということです。

「アバンシ」とはドイツのフォルクスワーゲンやアメリカのGM=ゼネラル・モーターズ、それに韓国のヒョンデ自動車など各国のメーカーが相次いで契約を結んでいて、「アバンシ」は今回の契約で世界の80を超える自動車ブランドの1億台を超える車が使用料の支払い対象になるとしています。

創業家の悲劇を取材し、1冊にまとめた新刊です。

 

創業社長のカリスマ性が大きければ大きいほど、その去り際、そして去ったあとには、巨大な陥穽が残されることになる。

目を覆うような悲喜劇は、そこに巨額の資産があるからこそ起こる。
リア王やマクベスを地で行く、裏切りと転落のドラマ、とのことです。

 

時代を読み、需要を先取りする動物的な勘。
多くの人を惹きつけ、統率する牽引力。
そして、強烈な自負心と強運。
日本を代表する有名企業をつくった「創業社長」には、どこか共通するカリスマ性がある。
しかし、創業社長のカリスマ性が大きければ大きいほど、その去り際、そして去ったあとには、巨大な陥穽が残されることになる。
セイコーの服部家、国際興業・小佐野賢治、ロッテ・重光武雄といった昭和を象徴する創業者の後継者たちは、いずれも大きな混沌を経験した。
ソニーを創業した盛田昭夫氏の長男・盛田英夫氏は、ソニー株をはじめ多額の資産を父から相続したが、それをスキー場開発やF1レースへの参戦などに膨大な資金をつぎ込み、ついにそのすべてを費消しつくした。盛田家の祖業である醸造業に取り組んだがそれもうまくいかず、それでも都心の高級ホテル住まいをつづけ、最後はその滞在費を払うこともできないところまで追い込まれた。
英夫氏は、「盛田昭夫」という巨大な存在から逃れ、克服するために自分だけの成功を追い求めたのかもしれないが、結局それは果たせなかった。
ユニバーサル・エンターテインメントの岡田家、大塚家具の大塚家、大戸屋の三森家、ゲオの遠藤家も、会社の経営権をめぐって、激しい内紛を展開している。
さらに、創業家の持つ巨額の資産には、「資本のハイエナ」と呼ばれるような地下金融の住人たちや、M資金という古典的な詐欺師たちが群がり、甘言を尽くしてカネを吸い取ろうとする。
目を覆うような悲喜劇は、そこに巨額の資産があるからこそ起こる。
リア王やマクベスを地で行く、裏切りと転落のドラマ。
経済事件取材のトップランナーである筆者が、その圧倒的な取材力と筆力によって構成する最上級の経済ノンフィクション。

大阪大学の令和4年度公開講座です。

企業における知的財産戦略として、全7回の講義が行われます。

 

実践科目「企業における知的財産戦略」のうち一部を、社会人・学生向けに公開講座として提供するものです。

様々な業界における最先端の知的財産戦略がどのようなものであるかについて、企業等において知的財産戦略の立案・遂行を担うゲストスピーカーを招いて、Web講義が行われます。

 

大阪大学法学研究科「知的財産法プログラム」は、実践科目「企業における知的財産戦略」のうち一部を、社会人・学生向けに公開講座として提供いたします(無料、全7回) 。  
公開講座として提供する講義においては、様々な業界における最先端の知的財産戦略がどのようなものであるかについて、企業等において知的財産戦略の立案・遂行を担うゲストスピーカーを招き、お話をいただきます。  
公開講座は、オンラインによるリアルタイム配信(Teams使用)にて行います。

 

公開講座ポスターPDF

 

毎年恒例ですが、クラリベイトが、論文の被引用情報を基に、ノーベル賞有力候補を予想しています。

 

今年は新たに、日本から長谷川成人氏ら3人が選ばれたそうです。

生理学賞候補の長谷川氏は、筋萎縮性側索硬化症(ALS)などの病気の進行につながるたんぱく質を発見し、物理学賞候補の谷口尚氏と、渡辺賢司氏は、「六方晶窒化ホウ素」と呼ばれる物質の結晶を高純度で作ることに成功したとのことです。

 

日本の科学技術力低下が叫ばれますが、ノーベル賞は数十年前の成果に対して授与されます。

今年は日本人の受賞者が出るのでしょうか。

 

英科学情報会社「クラリベイト」は21日、学術論文の引用回数などを基にしたノーベル賞有力候補者20人を発表した。世界4カ国から選ばれ、日本からは東京都医学総合研究所の長谷川成人(まさと)氏ら3人が選ばれた。

【写真特集】日本のノーベル賞の軌跡

 医学・生理学の分野で選ばれた長谷川氏は、筋萎縮性側索硬化症(ALS)などの病気の進行につながるたんぱく質を発見した。

 物理学の分野で候補者になったのは、国立研究開発法人「物質・材料研究機構」の谷口尚(たかし)氏と、渡辺賢司氏。2人は、「六方晶窒化ホウ素」と呼ばれる物質の結晶を高純度で作ることに成功した。六方晶窒化ホウ素は、量子コンピューターなどへの応用が期待される「グラフェン」という物質の研究に欠かせない。

 

2022年9月21日、ロンドン(英)- イノベーションを加速させる信頼性の高い情報や知見を提供する世界的リーディングカンパニーであるクラリベイトplc (NYSC:CLVT)は、本日、4カ国から20名の世界的な研究者をCitation Laureates™(引用栄誉賞)に選出しました。この受賞者は、クラリベイトのInstitute for Scientific Information (ISI)™の分析により、「ノーベル賞クラス」の研究成果と認められた研究者です。

今年の引用栄誉賞受賞者の功績には、乳がんや卵巣がん、柔軟な「電子皮膚」、幸福とウェルビーイングの経済学における革新的な研究が含まれます。受賞者のうち14名は米国、3名は日本、2名は英国、1名はドイツの主要学術機関を拠点に活動しています。

2002年以来、ISIのアナリストは、Web of Science™の引用データを用いて、ノーベル賞と同じ研究分野(医学・生理学、物理学、化学、経済学)において影響力のある研究者を毎年特定しています。1970年以降、Web of Scienceに掲載された約5,500万報の論文や会議録等のうち、2,000回以上引用されているのはわずか7,600報(0.01%)に過ぎません。このような非常に影響力の高い論文の著者の中から引用栄誉賞受賞者が選ばれます。引用栄誉賞受賞者の研究論文は頻繁に引用され、科学に極めて大きく貢献をしており、時には社会に変革をもたらします。

2022年10月初旬、学術界最高の栄誉であるノーベル賞の発表が行われます。この一年に一度の発表は世界的に様々な憶測を呼びますが、クラリベイトは定性的な評価に加えて定量的なデータを用いて、候補者に関する貴重なインサイトを提供する唯一の組織です。これまでに、「Hall of Citation Laureates」に掲載されている受賞者のうち64名がノーベル賞を受賞しています。

商事法務の近刊です。

 

ヘイトスピーチ等を含めたインターネット上での他者を誹謗中傷する投稿に対し、表現の自由等を尊重しつつ実効的な削除対応が求められています。

 

憲法・民法の研究者と実務家による検討会における、法務省の人権擁護機関やプロバイダ等事業者、弁護士に向けて法的な考え方や実務指針・資料を示した内容とのことです。

 

インターネット上の誹謗中傷対応をめぐる法的考え方の整理と実務指針

ヘイトスピーチ等を含めたインターネット上での他者を誹謗中傷する投稿に対し、表現の自由等を尊重しつつ実効的な削除対応が求められている。憲法・民法の研究者と実務家による検討会での議論を通じて、法務省の人権擁護機関やプロバイダ等事業者、弁護士に向けて法的な考え方や実務指針・資料を示す。

〈主要目次〉
・インターネット上の誹謗中傷をめぐる取組と「インターネット上の誹謗中傷をめぐる法的問題に関する有識者検討会 取りまとめ」の意義
 宍戸 常寿 (東京大学教授) 

・インターネット上の投稿等の削除に関する実務の今後の展望
 ~法務省の人権擁護機関が行う削除要請を念頭に~
 唐澤 英城 (法務省人権擁護局参事官) 
 日下部 祥史 (東京地方裁判所判事(前法務省人権擁護局付)) 

・インターネット上の誹謗中傷をめぐる法的問題に関する有識者検討会 取りまとめ

・参考判例

2021年の大学の米特許保有数ランキングの1位は、カリフォルニア大であるという報道がありました。

 

1位が米カリフォルニア大学評議員会の589件で、2位が米マサチューセッツ工科大学の335件です。

 

しかし、カルフォルニア大は州立大学群で、バークレー校、ロサンゼルス校、サンタ・バーバラ校、サンディエゴ校など10の大学からなります。

 

スタンフォード大学は181件、ハーバード大学は167件、カリフォルニア工科大学(CALTECH)は146件、感染症研究で有名なジョンズ・ホプキンズ大学は144件と、1年間の特許取得数はMIT以外、それほどでもないことがわかります。

 

良く、日本の大学は特許取得が少なく遅れているという話が流布されますが、特許取得数については日米でそれほど差がありません。

 

ただし、日本の大学は発明をお金に換える力が、アメリカの大学に比べて弱いといえます。

 

米国での特許取得数に基づいた世界の大学ランキングで、カリフォルニア大学群が再び1位になった。米国発明家アカデミー(NAI)と知的財産所有者協会(IPO)が今月発表した同ランキングは、2021年1月1日〜12月31日の間に取得された実用特許の数で上位となった100校を順位付けしている。

「発明特許」とも呼ばれる実用特許は、新規または改良型の製品やプロセス、機構の発明が対象となる。大学とその関連研究機関が取得した実用特許の数は、大学が法的に保護しようとしている独自の商業的可能性を持つ研究活動をどれほど行っているかを比較する主要な指標となる。

ランキングは米国特許商標庁のデータに基づき、2013年から毎年公表されている。2021年のトップ20校とその特許取得数は、以下の通り。

1位 米カリフォルニア大学評議員会 589件
2位 米マサチューセッツ工科大学 335件
3位 米テキサス大学 203件
4位 アブドルアジーズ国王大学(サウジアラビア) 187件
5位 米スタンフォード大学 181件
6位 米パデュー研究財団/パデュー大学 169件
7位 米ハーバード大学 167件
8位 米アリゾナ州立大学 153件
9位タイ 米カリフォルニア工科大学 146件
9位タイ 精華大学(中国) 146件
11位 米ジョンズ・ホプキンズ大学 144件
12位 米ウィスコンシン大学同窓会研究財団/ウィスコンシン大学 143件
13位 米フロリダ大学研究財団 136件
14位 米ミシガン大学 132件
15位 米ペンシルベニア大学 128件
16位 米ミネソタ大学 109件
17位 米コーネル大学 105件
18位 米ピッツバーグ大学 104件
19位 韓国科学技術院(KAIST) 102件
20位 米メリーランド大学 98件

トップ20校のうち17校が米国の大学で、そのうちの9校が公立大学だった。

 

特許活動は、大学の創造力とイノベーション能力を測る重要な基準であり、上位校の指導部はこのランキングに即座に反応した。テキサス大学群のジェームズ・B・ミリケン総長は、同校が上位に入ったことを受け、「テキサス大学の各機関は、新たな発見、問題解決、産業ニーズの支援、研究とイノベーションを通じたテキサスの人々のための機会創出に努めている。当校システムが保有する特許は、ポジティブな変化と機会を生み出す触媒となっており、2021年には各大学機関に技術のライセンス料として1億2800万ドル(約183億円)をもたらした」とコメントしている。

PATECH企画の近刊です。

令和5年度弁理士試験対応に対応した第29版 知的財産権法文集です。

 

「特許法施行規則の一部を改正する省令(令和4年6月16日経済産業省令第53号)」、「特許協力条約に基づく規則の修正(令和4年6月27日外務省告示第225号)」及び「特許法施行規則の一部を改正する省令(令和4年6月30日経済産業省令第58号)」等、令和5年5月1日までに施行される改正法・改正政省令に対応しています。

 

(第29版)令和5年度弁理士試験対応
知的財産権法文集
A6判・1088頁 [縦組]             
定価(本体価格3,080円+税)
ISBN978-4-908922-20-6 C3032
令和4年9月30日発売


 知的財産の学習・実務に必要な法文を網羅した法文集です。今版では、主として、「特許法施行規則の一部を改正する省令(令和4年6月16日経済産業省令第53号)」、「特許協力条約に基づく規則の修正(令和4年6月27日外務省告示第225号)」及び「特許法施行規則の一部を改正する省令(令和4年6月30日経済産業省令第58号)」等、令和4年8月1日までに公布され、令和5年5月1日までに施行される改正法・改正政省令に対応しました。


弁理士試験受験生必携の法文集          

J-CASTニュースに、「まさか自分が著作権侵害?!」 動画見ただけなのに...ある日突然、「損害賠償50万円」「法的手段取る」こんな文書が届く落とし穴という記事が掲載されていますので、紹介します。

 

ファイル共有ソフトにより、ファイル共有ソフネットワークが形成され、サーバを経由せずにファイルがやりとりされる結果、自分がダウンロードした違法著作物が、ファイル共有ソフトネットワークの他人にとっては、アップロードされた違法著作物に該当するという仕組みです。

 

以前から、会社のPCにはファイル共有ソフトを入れないように指導しているケースが多いと思いますが、自宅についてはそのような制限がなく、こういった問題が起きるものと思わます。

 

また、自宅で個人のPCを用いてテレワークしている場合にも、ファイル共有ソフトやコンピュータウイルスにより、業務の秘密が漏れるおそれがあります。

 

   「あなたは著作権を侵害しています。損害賠償を請求します」。見たい動画をダウンロードして楽しんだだけなのに、ある日突然、「法的手段を取ります」という文書が届く。まったく心当たりがない、のだが――。

   こんな怖い事例が増えているため、国民生活センターは2022年9月7日、「まさか自分が著作権侵害?!~ファイル共有ソフトの安易な使用には危険がいっぱい!」という警鐘を鳴らすリポートを発表した。

   どうやら「ファイル共有ソフト」が元凶らしいが......。

 

動画を楽しんだだけで、アップロードした覚えはないが...
   全国の消費生活センターには、「ファイル共有ソフトを使い、違法に著作物をアップロードしたとして、プロバイダ事業者から照会書が送られてきた」、「著作権者から損害賠償請求するという文書が届いた」という相談が多く寄せられている。

   図表1のイラストのように、相談者の多くは、動画をアップロードしている認識がないままファイル共有ソフトを使っているようだ。ファイル共有ソフトとは、端的にいえば、インターネットを利用して不特定多数の人とファイルをやり取りできるソフトウェアだが、使い方によっては違法となる恐れがあるのだ。

 

 

   ここで問題になっているファイル共有ソフトとはなにか。

   インターネット上で不特定多数の人とファイルのやり取りを可能にするソフトウェアだ。利用者は、インターネットに接続された自分のコンピューターに、ファイル共有ソフトをインストールすることで、他の利用者とファイルをやり取りすることができる。

 

   ファイルの交換は、ピアと呼ばれるクライアント(パソコンなどの端末)同士で行うP2P(ピア・トゥー・ピア)で実行される。各クライアントが自分のパソコン内の領域をネットワーク上に公開することで、ファイル共有ソフトネットワークが形成され、サーバを経由せずにファイルがやりとりされる=図表2参照

 

   つまり、自分のパソコン内の領域がネットワークの一部になり、他のユーザーとその領域を「共有」するわけだ。ファイル共有ソフトの中には、ダウンロード途中のファイルやダウンロードが完了したコンテンツがそのまま他のユーザーに共有されるものがある。その場合、ダウンロードだけだと思っていても、実は知らないうちにアップロードしており、他のユーザーに動画が流れてしまっているケースが多くあるのだ。