小さな幸せ-犬たちと共に-

小さな幸せ-犬たちと共に-

お空に行ったシーズー(マロン)とラフコリー(クララ)と外猫のの。
現在はラフコリー(ドルチェ)シーズー(連)、ミヌエット(レオン)、外猫ビビと暮らしています。時々、娘の犬マルックス(チロルとエルフィー)も加わり賑やかな日々です。

ここ1週間ほど、ドルチェと、ある根比べをしていました。


これまでは、壁に立てかけてある黄色いトレーを使い、床にこれを置きシーツを敷いてトイレを作っていました。

朝起きたらまずシーツを片付けるのですが、時としてギリギリの端っこでされると、トレーの裏側にまで尿がまわり、びしょびしょに!
大型犬で量も多いし。


そこで、チープな素材の割に随分お高い新しいトイレを設置しました。90×90cmの面積で高さは30センチぐらいです。

入口には外したとき裏に回らないように、少し出してシーツを敷いています。
男の子で足をあげてする子にも対応できるトイレですが、まあうちの男の子(連)は女の子スタイルなので該当しません。

最初組み立てたときは、いとも簡単に入ったドルチェ。案外すぐに慣れるかと思いましたが、それからが寄りつかず。

あれは、誰かのお部屋ですか?
もしかして、また新しい子が来るとか???

いいえ、違います!あなたのトイレです。

その後も、トイレには入らず、近くの床に直にするし。
これじゃあ以前のほうがマシ。

「しーしー」と言うとおしっこをしてくれるドルチェなので、トイレに一度入った時、「しーしーは?ここでしていいのよ。」と促したら、側面を乗り越えて出ていってしまいました。
娘に根比べだね、と笑われました。

元に戻すのは簡単だけど、お高いトイレもったいないし、としばらく放置。
トイレの入口は実はこの半分で、かわいい絵の衝立が半分ありましたが、そこは切り取り、入りやすくしました。

そして、強制せず、失敗しても無言で片付ける日々。

そうしたら、
一昨日の朝、大のほうだけ成功。
昨日の昼間、小もほぼ成功。
そこではじめて大げさに褒めました。
そして、今朝は大小どちらも完璧。
ようやく、安心してできるようになったのね。良かった!

昨夜、娘が来て「ママの勝ちだね」と笑っていました。
ハイ、ちょっと長い根比べでした。

これで処理がかなり楽になります。
ちなみに、あとの3匹はなんの躊躇もなくすぐに当たり前の顔して使用してくれていました。
犬種によるのか、その子の個性なのか…。