ご覧いただきありがとうございます。

 

現在、日本橋 鰹節専門店『にんべん』の

講師として、和食文化を学ぶ機会にも恵まれています。

ただいまアロマ講座のほか、不定期ですが

二部制の和尽くし講座を開催中~音譜

 

 

第一部は和食の基本❛おだし❜について。

 

 

世界遺産でもある和食…その和食を支える

屋台骨は鰹節。

かつおぶしは世界一❝堅い❞食品です。

そういえば«鰹»は魚へんに堅いって書きますね…。

 

 

注目すべきは栄養価!

中でもたんぱく質の量をごらんください。

 

 

 

小さな鰹節パック2袋で約10g。

体重50キログラムの人を例に、

一日2袋の鰹節だけで

必須アミノ酸量は半分近くの摂取が可能。

 

例えば和食の朝ごはん~

卵かけご飯に1パックの鰹節をのせ、

豆腐と油揚げの味噌汁に納豆、

これでたんぱく質は…およそ25g

 

成人女性の一日に必要な

たんぱく質40gの半分以上が取れます。!!

 

かつおぶしには背中の背節(上)、

おなかの腹節(下)があり、

さらに風味を増すよう わざわざ良性のカビをつけたものなど

味や用途はいろいろです。

 

 

講座で大活躍した分解できる〝カツオ君〟アップダウン

 

かつおぶしの削り方では、若干ですが汗苦戦した方も…

 

沸騰したお湯は火を止めて、鰹節を投入し、たった1~2分で

シャンパンゴールドのおだしが完成です。

 

早速試飲

 

かつおぶしの出し殻は  

 しょうゆ:さとう:みりん=2:2:1で

煎り付ければおいしいふりかけにビックリマーク

削ったカツオも、ふりかけもみ~んなお持ち帰り音譜

 

 

栄養価が高くて添加物は無し、

うまみ、そして保存性に

優れたかつおぶし。

震災に備える保存食の一つとしても

十分活躍してくれそうです。ニコニコ

 

カツオの香しい和の香りから、

第2部は植物の香りで癒されます…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あけましておめでとうございます。鏡餅

 

昨年秋より、アロマテラピー・ハーブに加え、

日本橋鰹節問屋❛にんべん❜のご協力をいただき、

『和尽くし講座』として、新たに和食文化の講座も取り入れました。

 

 

一部では、和だしを極め、おいしくいただくちょっとした

コツを学び、

二部では日本の古来より伝わるヒノキやひばなど

和の香りに親しみ、スキンケアのできる練り香水を作ります。

 

 

場所も、普段の教室を離れ

しっとり落ち着いた和の空間。☟

 

私の住む町 桶川の名誉市民 

俳優本木雅弘さんによる書も飾られています。

 

ゆずやいよかん、紫蘇やヒノキなど和のアロマを使った

ソリッドパフューム(練香水)を作ったり、

世界一堅い食品❝かつおぶし❞を削って作るおだしと

市販品の飲み比べ等々内容は盛りだくさん~

 

 

和のエッセンスがいっぱい詰まった食と暮らしの

講座風景はまたのちほどご覧くださいませお願い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も残すところ10日になりましたね~あせる

 

 

街はクリスマスサンタ一色ですが

今晩は❛冬至❜、一年で夜が一番長い日です。

 

 

冬至には❛ゆず湯❜ですがこの習慣、

江戸時代にまでさかのぼるといわれています。

 

香り=アロマで、癒す=テラピー … 

        まさに元祖アロマテラピー!

 

 

今月の各講座もこんなお話しをさせていただきました。

 

 

湯治にゆず湯に入るということは、

❝冬至❞に ❝湯治❞を、

❝ゆず❞に 融通を利かせるの❝融通❞をかけているそうです。

 

ゆず湯に入り風邪を予防、健康でありさえすれば

何事にも融通が利く!とのこと…。

 

 

まるごと湯船に2~3個入れたり…、

時々は皮と実と種とに分け、湯船には香り成分のある皮を入れます。

種は保湿化粧水、果汁は蜂蜜を加えて風邪予防に飲用。

 

お忙しい方にはこんな重宝なものも…下矢印

5滴程度湯船にたらせば即席ゆず湯の出来上がりです。

 
 
ゆずのかおりは
神経の高ぶったひとのイライラを沈め、
逆に落ち込んだ人の心を高揚させる効果も期待できるとか…。
まさに融通の利く香りです。
 
今晩はゆず湯に入って、残り10日の今年を
元気に乗り切りたいですね~
 
 
ご覧くださりありがとうございました。
みなさまに楽しいクリスマスプレゼントがやってきますようにルンルン