「震災・原発事故後の福島関連デマを振り返る」@番來舎 林智弘氏&開沼博先生 | ベテランママの会 番場さち子の【ごくせんブログ】~子育て・親育て・人育て~

ベテランママの会 番場さち子の【ごくせんブログ】~子育て・親育て・人育て~

ー子育て・親育て・人育てー
ベテランママの会番場さち子の日常を綴ります


テーマ:

※このイベントは13時から開始です。ご注意ください。

 廃炉ラボトークvol2はメディアや著名人に見られた、震災後の福島関連デマを振り返り、風評・差別問題について考えます。
 

 

甲状腺がん、乳がん、流産死産、障がいのある子の増加が生じる「人体実験」の話が「福島の問題にもつながって」いる――。

 

そんな告知とともにテレビ朝日が今年8月6日に放送しようとした番組は当初「ビキニ事件63年目の真実~フクシマの未来予想図~」とタイトルが付けられていました。

 

水爆実験があったマーシャル諸島を「地獄絵」と形容しそれが「フクシマの未来予想図」だと仄めかしたその内容に対して、福島県民からは批判が殺到し福島民友新聞等が報じることになりました。

 

ところが、8月1日にはWEB上の告知から「~フクシマの未来予想図~」が何の説明もなく消され、6日の放送内容も福島については触れていないものの意図的に地元住民の言葉を捻じ曲げたり明確な科学的誤謬を含んだものでした。そして、この事件を検証した上でなされた取材への返答はありません。
 

 

 

今回の廃炉ラボトークはこの取材をしてきたライターの林智裕さん

をお迎えして震災・原発事故後の福島関連デマを振り返ります。

 

今回のような、十分な科学的根拠もなく「福島は穢れた土地であり、

そこに暮らす人は病気になる」と「結論ありき」で強引に示唆する

「仄めかし型報道」は今回のテレ朝「フクシマの未来予想図」に始まったことではありません。
 

 

長年、福島や放射線に関するデマや差別の問題を追いかけてきた林さんに、テレ朝報道被害問題はもちろん、これまで繰り返しなされてきたメディアや著名人によってマスメディア・SNS上でなされてきた様々なデマ事例を紹介してもらいながら、福島の現実とそのスティグマ(負の烙印)化したイメージとの溝、今後の道筋についてお話頂きます。

 

 

【登壇者】
林 智裕(はやし・ともひろ)
1979年生まれ。いわき市出身、福島市育ち。
シノドス主宰『福島関連デマを撲滅する!』プロジェクト立ち上げメンバーの一人。『福島第一原発廃炉図鑑』(開沼博・編、太田出版)にて共著者としてデマ検証コラムを執筆した他、SYNODOS (シノドス) 、福島TRIPなどにて不定期連載中。ダイヤモンドオンライン、Wedge、現代ビジネスなどでも記事を執筆。

開沼博(かいぬま・ひろし)
立命館大学准教授。 1984年福島県生まれ。 
2006年より福島第一原発立地地域の社会学的研究をはじめ、3・11後は広く福島の復興についての研究・教育・支援活動を行う。
著書に『福島第一原発廃炉図鑑』『はじめての福島学』『漂白される社会』など。

ご参加希望の際は、
・このFACEBOOKイベントページで参加表明
・メールで申し込み info@banraisha.com
・お電話にて申し込み 090-9034-8728
のいずれかでお申し込みください。

・参加費 2,000円(学生無料)
・イベント終了後懇親会実施(費用別途1,000円)
※参加表明された後に、不参加となられた場合は、参加費用は頂戴いたします。ご注意ください。

番場さち子ゴクセンさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス