島田正之 回顧録 4

テーマ:
回顧録 3のつづきです。

【回顧録 4】

2015年 12月


一本の  

電話がなりました!


スタッフさん「ドラゴンさんドラマに出てみませんか?」

え? ドラマ?? テレビのドラマ?

私はオーディションなるものが苦手で、



スタッフさん「ドラゴンさんラーメン大好き小泉さんというドラマご存知ですか?」

え?あのラーメン屋さんならみんな出たいあの深夜番組?

超一流ラーメン店しか出られないあの番組??

スタッフさん「実は、はんつ遠藤さんから推薦がありまして、是非ドラゴンさんに!と」

え? はんつ遠藤さん!!


またもあの素敵なお兄様に助けられてる。


有難い!!

はんつさんのご推薦なら

断る理由もないので、出演します!


スタッフさん「あ、出演オッケーですか?台詞が上がったら、お店にお持ちします!暫しお待ち下さい」

数日して、

ラーメン大好き小泉さんのロケハンスタッフさん、フジテレビの製作スタッフさん、
番組プロデューサーさん、何故か角川のスタッフさんも、来て頂き打ち合わせをしました。


しかも、セリフ結構ある。。。

覚えられるかな??

スタッフさん「今回のドラマは実在するラーメン店の店長さんの役、つまり本人役なんで、役作りとかしないで普通にして下さい。お芝居とかする必要はありません。素人感がないとかえって、小泉さん感が出ないので、」

あ、、、なるほど。 
前回のドラマ観たのでなんとくわかります。

スタッフさん「時間が無いので、ぶっつけ本番で行こうと思います。台本などで疑問がある場合は監督に相談して下さい。」

と連絡先を渡され、、、

台本チェックをして、薬膳ラーメンに関するセリフを多少変えさせて頂きました。

しかし、大丈夫か〜?

リハーサルなしで、、、

しかも、今回 特番で、
オールキャストが集合して、エキストラの皆さんも来るから、30人以上の人がドラゴンに来る訳で、、、

時間内に終わらないと

近隣のお店にも迷惑がかかる訳で、、、、

案の定

撮影当日はご迷惑をおかけしました。

※亀戸横丁の店主の皆様

すみませんでした。

※亀戸横丁とは居酒屋テナントが複数入る商業ビルである


つづく



島田正之 回顧録 3

テーマ:
島田正之 回顧録 2の

続きです。

【回顧録 3】


私が昔から大好きだった日曜日のお昼の

テレビ番組

TBSの噂の東京マガジン  



実は

ちょっと前に発売された
週刊大衆の はんつ遠藤さんが連載を担当する麺料理の食べ歩きのページを

噂の東京マガジンの
スタッフさんが見て下さって

「ドラゴンさん面白そうだからご出演をお願いできませんか? 」というお電話を頂き

私の番組出演が決まったのです。

番組冒頭の

今週の見出し大賞という名物コーナーで、



薬膳ラーメンが今 注目を浴びている!



亀戸の薬膳ラーメンドラゴンの店長さんは、お客様の体調をお伺いしてその場でオリジナルの薬膳ラーメンを提供してくれるという他にはない驚きのサービスを提供している。

と紹介されました。

放送日の夜の営業はテレビを観たお客様が多数お越し下さいました。


テレビの宣伝効果は凄い。。。


その

数日後 

僕のライフスタイルに変化をもたらす

一本の電話が鳴る事になるなどとは

その時は

知る由もないのですが、、、



つづく

島田正之 回顧録 2

テーマ:
回顧録1 の続きです。



【回顧録 2】

2015年 10月頃 

私のお店  

アンチエイジングレストラン
薬膳ラーメンドラゴン Beauty&Health
@亀戸に

あの長寿番組

ぶらり途中下車の旅のスタッフさんが、
お忍びで食べに来ました。


その後すぐに電話で、

スタッフさん「お世話になっております日本テレビのぶらり途中下車の旅なんですが、今度総武線特集がありまして亀戸の新しい飲食店のお店を代表してドラゴンさん出演して下さいませんか?」と出演依頼を頂きました。

・・・

ぶらり途中下車の旅?

あの午前中にやってる長寿番組か?


断る理由も無いしせっかくだから出てみよう!

でも、亀戸代表って、私はまだ亀戸に来て半年足らずなんだけど反感買わないかな、、、まあその時はその時で、、、

さて、リポーターは誰が来るんだろ?


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

撮影当日

スタッフさん「おはようございます!今日は元巨人軍の宮本和知さんが来ます。お店を開いた経緯やメニューについてフリートークして頂ければ大丈夫です。」

はい! 宜しくお願いします。

実際にお会いしてみての感想

選手としても野球解説者としては素晴らしい方ですが、

リポーターとしては当時はちょっと雑な感じでした。おつかれだったのかな(笑)

放送当日の薬膳ラーメンドラゴンは、

ご年配の方々から数件のお問い合わせを頂きランチも多少行列が出来きました。

やはりテレビの力は凄いなぁと実感することになりました。

ん〜〜

もっとテレビに出たい!

私の考えたカジュアルな薬膳を世の中に

もっともっと広めたい!

と思っていた矢先

週刊現代と言うちょっとアダルトな
雑誌の取材が入り、

フードジャーナリストの

はんつ遠藤さんと言う 
物腰の柔らかい素敵なお兄様が取材に来て下さいました。


その翌月

今度は 

TBSの

噂の東京マガジン から
取材依頼を受けました。

つづく