社外参謀 今朝の一言

社外参謀 今朝の一言

社長の右腕として、企業の体質改革に日々挑んでいる社長参謀こと石原尚幸が、経営の最前線の場で、気付き&考えたことをアップしています

石原尚幸の直近セミナー2020.4.29(祝)13時~17時在宅が増え、時間管理に悩むビジネスパーソンへタイムマネジメント攻略セミナー【ライブ配信】https://www.form-answer.com/applications/8BPKE



2020.5.9(土)14時~17時

コロナショックからいち早く立ち直るためのⅤ字回復実現セミナー【ライブ配信】https://www.form-answer.com/applications/5FR43

ビジョンが大事
ビジョンを描こう
ビジョンが先

なんて
言い続けていますと、

石原さん、
ビジョンって未来でしょ?
未来なんて
俺にはわからない
石原さんには
未来が見えるの?

との
質問を
たまに頂きます。

お答えします

そんなもの
見えるかい!
失礼しました。
取り乱しました…

未来なんてものは
凡人の石原には
見えやしまへん(T_T)
(京都風に上品にお読みください)

それでも
未来をイメージしてみよう!
未来を描こう!
未来から逆算しよう!
と言うじゃないですか⁈

はい。
言っていますし、
これからも
きっと言います。

なぜか?

それは、
今を楽しむため

逆説的ですが、
今を楽しむためには
今、何をすべきか
がわかっていて
その「すべきこと」に
集中している必要があります。

何をしたら良いのやら…
と途方にくれながら
今を楽しむことなんて
できないですからね^_^

ゴルフだろうが
ダイビングだろうが
ジョギングだろうが
遊ぶ時って
目の前にのことに
集中しているから
楽しいんですよね^_^?

仕事も一緒
だと思うのです。

未来をイメージし
未来を描き
未来から逆算しておくと
今、何をすべきか
が明らかになり、
今に集中できます。

結果、
今を楽しむことになる

こんな理屈です。
いかがでしょうか^_^?

ちょっと未来を
描きたくなりました^_^

 

◆公式YouTubeチャンネル

【中小企業社長のための五つ星経営チャンネル】

 https://www.youtube.com/channel/UCOR94yI88mVWaY3CtU_u_Tw

 

ある日突然
社員が辞めていく…

ある日突然
お得意先から
クレームが入る…

こんな経験
社長やリーダーの皆さんなら
一度や二度は
経験している

のではないでしょうか?

辛いですよね…

でも、
そんな場面に
遭遇するたびに
いつも思います。

本当に
突然だったのかな?
と。

何を言いたいか
と言うと、
何かしら
アクシデント
が起きる時には
必ず予兆があります

社員は突然
辞めませんし
お客さんも
突然取引停止
なんてしません…

一つ
気になることがあり
また
気になることがあり
またまた
気になることがあり
ついには
我慢の限界を超えて
離職やクレームとなる

のではないでしょうか^_^?

そう考えると
必ず
何らかの『予兆』
があるはずです。

離職なら、
・最近元気がない
・行動量が減った
・会議で上の空
などなど

こんな予兆に気がつくためには
よーく観ること

見る
ではなく
観る

観察の観る

じーっと社員さんや
お客さんの言動を
見ておくことが
大切です

そして、
予兆さえ
つかめれば
大事になる前に
何らかの手は打てますよね^_^

予兆を掴むこと
ビジネスをしていく上で
リーダーが意識すべき
重要事項の一つ
と石原は位置付けます^_^

 

◆公式YouTubeチャンネル

【中小企業社長のための五つ星経営チャンネル】

 https://www.youtube.com/channel/UCOR94yI88mVWaY3CtU_u_Tw

組織で
意見が一致しない時
リーダーのあなたは
どんな結論を導き出しますか?

日本の組織では
みんなの意見の
中間地点を探り
みんなが
まーまー
これならしゃーないか
的な意見で
落ち着かせる

あちらの顔も立て
こちらの顔も立てる

そんな場面を
よく見かけます…

「落とし所」
というやつですな

私も
勤め人時代は
やったことあります^_^;

この
落とし所で
出てきた結論

その組織にとっては
最適な結論
でしょうが、
果たして
それは
世の中にとって
お客さんにとって
最適な結論
なのでしょうか?

残念ながら
そうではないでしょうねT_T

リーダーが
出すべき結論は
その組織にとっての
短期的な落とし所
ではなく
世の中にとって
お客さんにとって
最適な解
ではないでしょうか

なぜなら
中途半端な
落とし所は
今の時代
お客さんにすぐバレますし、
実際成果も出ませんよね

そんな
妥協した対策で解決できる
簡単な時代では
ありません(T_T)

多少
軋轢があったとしても
多少
叩かれたとしても
世の中にとって
お客さんにとって
最適解と思う政策を打ち出す

こんなリーダー
かっこよくないですか^_^?

先行き不透明な時代だからこそ
最適解を英断するリーダー
でありたい
と石原は思います

参考文献
『一兆ドルコーチ』

 

◆公式YouTubeチャンネル

【中小企業社長のための五つ星経営チャンネル】

 https://www.youtube.com/channel/UCOR94yI88mVWaY3CtU_u_Tw

 

映画
コンフィデンスマンJP

役者さんに
色々あって
問題作ではありますが…

Amazon primeで
視聴しました。

いやー
面白い^_^

問題作だけど
それを超えて
面白い

何が面白いかと言うと、
詐欺師の手口が
そのまま
商売に応用できます^_^

長澤まさみさん演じる
詐欺師ダー子が
金持ちを
あの手この手で
コミカルに騙していきます。

ダー子の思考回路は
常にシンプル

詐欺師のダー子は、
ターゲットとなる
金持ちを
『お魚さん』
と呼び、

金持ちが
騙されそうなネタを
『エサ』
と呼びます

いきなり詐欺には
取り掛からず、
騙す『お魚さん』
を必死に見つけます。

そして、
お魚さんを見つけたら、
お魚さんが好きそうな
「エサ」
を決めます

釣りたいお魚さんが
好きなエサを垂らしてしますから
当然釣れますよね^_^

騙すべくして騙す
失敗はしない
そんな思考回路です。

この思考回路を見習うと
売れるようになるためには、
1.売るべくお客さん=お魚さんを決める
2.お魚さんの好きな『エサ』=商品やサービスの売りを決める

これが大切
と言うことがわかります^_^

売れない時は、
1 売りたいお魚は明確か?
2 そのエサは本当にお魚が好きなエサか?
この2つを
じっくり吟味してみると
良いかもしれません^_^

 

◆公式YouTubeチャンネル

【中小企業社長のための五つ星経営チャンネル】

 https://www.youtube.com/channel/UCOR94yI88mVWaY3CtU_u_Tw

 

V字回復コンサルタント
と名乗り
クライアントさんの支援
をしていますから、
当然、

V字回復をするために
どんな力が必要ですか?

といった質問を
よくいただきます^_^

組織を
V字回復させるために
必要な力

それは、
先頭に立ち
リーダーシップを発揮して
組織をぐいっと動かす力

ではなく^_^

変化に気づく力

と石原は信じています。

気づく力とは何か?

それは、
世の中の変化
競合の変化
組織内の変化
人の気持ちの変化

それらに
気がつく力のこと

そんなの
忙しいし、
コンサルティング会社みたいに
調査なんて
やってられないよ!

そう思ったあなた

ちょっと違います^_^

そんな
小難しいこと
ではないのです

ふらっと歩いている時に
あれ、こんな店あったっけ?

と見つけたり、

コンビニに行った時に
へぇ、
今はこんなデザートが売れるだ

と思ったり、

部下が
呟いた一言

あれ、いつもと
何だかいつもと違うな⁈

と感じる

こういった些細なこと
これが『気づき力』

世の中は
常に動いています。

人も
常に変化しています。

その変化に
柔軟に対応し、
ほんのちょっとだけ
先に手を打つ

この積み重ねこそが
大きな成果を生み、
逆を言えば、
これができない組織は
だんだんと
置いていかれます…

特別なことは
何一つありません。

毎日の変化に気がつき
その変化に対応していく
この地味な積み重ねこそが
組織を変えていくこと

私の知る
優秀なリーダーは
『気づき力』が
とてつもなく高い
ですね^_^

あなたの
気づき力
いかがでしょうか^_^?

 

◆公式YouTubeチャンネル

【中小企業社長のための五つ星経営チャンネル】

 https://www.youtube.com/channel/UCOR94yI88mVWaY3CtU_u_Tw

普段、
何を考えているか
意識していますか^_^?

朝起きた瞬間
仕事の合間
休憩中
仕事終わりの通勤時間

何を考えているか
意識してますか^_^?

そんなもん
意識してないよ!
という方
ぜひ意識してください(^^)

なぜなら
それは
あなたの運命を決める
かも知らないから…

マザーテレサ曰く
思考に気をつけなさい
それはいつか言葉になるから

言葉に気をつけなさい
それはいつか行動になるから

行動に気をつけなさい
それはいつか習慣になるから

習慣に気をつけなさい
それはいつか性格になるから

性格に気をつけなさい
それはいつか運命になるから

ね^_^

たしかに
頭に浮かぶワードが
後ろ向き、
否定的
ネガティブなワードだと
中々成功するのは
難しいな
と思います。

一方で
頭に浮かぶワードを意識して
前向き、
肯定的
ポジティブにしてみる

これだけでも
成功する確率は
グン
と上がるのでは
ないでしょうか^_^

つまり、
風が吹けば桶屋か儲かるように
思考が運命を決める

繋がっています(^^)
ぜひ今日から
頭に浮かぶ思考
意識してみてくださいね^_^

 

◆公式YouTubeチャンネル

【中小企業社長のための五つ星経営チャンネル】

 https://www.youtube.com/channel/UCOR94yI88mVWaY3CtU_u_Tw

マスコミで
流れていた情報が
実は誤りでした

聞いていた
噂話が
実はデマでした…

Twitterで流れていたニュースが
フェイクでした…

こんな話は
五万とあります

にも関わらず
多くの人は
なぜ
そんな情報を
信じてしまうのでしょうか?

社会科学的
心理学的には
理屈があるようですが
石原総合経営研究所
(通称 石原総研)
(石原の頭の中にある研究施設です)
の見解では、

自分で見たことより
人から聞いたことを
信じなさい!
っと教わってきたから〜

です。

要するに
学校教育の弊害です。

学ぶことは
大切な事ですが
だからと言って
先生の言っている事を
丸っとそのまま
信じていれば安心です

なんて
そんな呑気なものではない
と石原は思います^_^

古くは
教会が主張していた
天動説だって
間違っていたように
先生だって
教科書だって
間違う事はあります。

ほー、
じゃ、何か?
全部疑えばいいのか?

そう思ったあなた
それも
ちょっと浅い-_-b

ここで石原が言いたいのは
聞いたことより
見たことを信じる

これが大切だ
と言うこと

じーっと、
世の中を見ていると
学校で教えてもらったことや
テレビから聞いた情報と
違うな〜
と思う時が
まーまーあります。

天動説だって
船乗りは知っていたんです。

水平線から
船の頭から見える
どうやら地球は丸いらしい…


でも、
教会がそんなことない
と言っているから
黙っていただけ。

じーっと
世の中を見てみましょう

テレビが何を言おうが
学校で教えてもらったことと
違うことが起きようが

あなたが見たもの
それが真実です

決断をする
ビジネスパーソンの一人として
聞いたことより
見たものを信じる
これが石原のスタンスです
(もちろん裏は取りますが)

 

◆公式YouTubeチャンネル

【中小企業社長のための五つ星経営チャンネル】

 https://www.youtube.com/channel/UCOR94yI88mVWaY3CtU_u_Tw

経営品質協会主催
経営品質大賞の
受賞スピーチを
聞いて参りました。

権威ある
経営品質大賞

そのスピーチも
心引きつけ
どうしたら
あのレベルまで
辿り着けるだろうか⁈

考えさせられる
時間でした。

受賞したら会社さんの
どの事例も
表面的な手直し
ではなく、
手間暇も
時間も金もかけて、
根本的な仕組み
を作り直してきた

そんな姿勢が
印象的でした。

受賞スピーチ後の
質疑応答の中で、

なぜ利益が必要か?

とのやりとりがありました。

皆さんの会社で、
「なぜ、そんなに利益が必要なの?」
と社員さんから聞かれたら
なんと答えますか?

いかがでしょう?

色々なお答えがあるでしょうが
その答えに
社員さんは
納得しそうですか^ ^?

中々
答え甲斐のある
質問だと思います。

その受賞スピーチでは
受賞した社長から
こんな回答がありました

曰く、
なぜ利益が必要か?

それは
人を育てるため

利益が出れば
人を雇うことも
人を育てるために
時間を使うことも
研修をする費用をだすこともできる

だから、
私ちちは
利益を出し
続けなければならない

これ、
日本電産・永守さんも
全く同じことを
言っています。

稼いだお金で
人を雇い
人を育てる

そうして
育った人が
また会社を良くしていき
結果、
また稼げるようになる

この循環です^_^

これとは逆に
稼げない
→雇えない
→育たない
→会社良くならない
→稼げない

この循環にはまると
しんどくなります(T_T)

ニワトリと卵
どっちが先か
わかりませんが
こと
商売においては
『稼ぐが先』
石原はそう信じています

 

◆公式YouTubeチャンネル

【中小企業社長のための五つ星経営チャンネル】

 https://www.youtube.com/channel/UCOR94yI88mVWaY3CtU_u_Tw

 

おとぎ話には
よーく考えると
違った学びを得ることが
できそうです…

例えば、
マッチ売りの少女

マッチを売ろうと
街に出ますが
『マッチ、いかがですか?』
と言っても
誰にも買ってもらえず、
冬の寒さの中
売り物のマッチを燃やしながら
ついには凍死してしまう…

涙、涙、涙
の物語ですが
果たしてそうでしょうか^_^;

マッチを売ろうと
雪降る街に出る
意気込みまでは
買いますが
あまりに不勉強でした…

もし、
マッチ売りの少女が
マーケティングを学び
もう少しだけ
工夫していたら
きっと
違った未来になったのではないでしょうか?

もし、
石原がマッチ売りの少女
(マッチ売りのおっさんか(笑))
なら、
このマッチは
どうしたら売れるか?
このマッチの
『売り』は何か?
このマッチは
どこなら売れるか?
このマッチは
誰なら買ってくれるか?

最低でも
これぐらいは
リサーチしたいですね(T_T)

マッチが売れる場所は
火が必要で
火がない場所
ですから、
街に出ても売れる
可能性は低い

これぐらいは
すぐに分かります。

一方、
焚き火をする場所
キャンプをする場所
タバコを吸う場所
お墓参りをする時
などなどなど
なら売れる可能性は高まります

それ以外なら
火の必要性を
想起させることが
できれば売ることも可能ですから
例えば、
『避難グッズ』
として
保存用食糧と一緒に売る
とかも面白いかもしれません^_^

商人は
死んではいけません

雪が降る街に
薄着で営業に出る前に
リサーチをして
勝てる可能性を高める
(負ける可能性を減らす)
必要があります

マッチ売りの少女が、
マーケティングを駆使して
大成功する

物語に面白みはありませんが(笑)
商人としては
後者であるべきですよね^_^

 

◆公式YouTubeチャンネル

【中小企業社長のための五つ星経営チャンネル】

 https://www.youtube.com/channel/UCOR94yI88mVWaY3CtU_u_Tw

 

野村監督が
編み出した作戦は
今では
野球界の常識となっているもの
が沢山あります。

そのうちの一つが
ギャンブルスタート

ランナーが三塁の時、
強い当たりが飛ぶと
ライナーで取られて
ダブルプレーになるため、
「一旦、塁に戻る」
これが常識

野球用語で
「ライナーバック」
と言います
(豆知識)

ところが
野村監督は
この常識を覆します。

バットに当たった瞬間に
スタートを切る

ランナーバックせず
ダブルプレーになっても良い

というサインを作ります。

ランナーが三塁にいて
クリーンヒットや
犠牲フライが出る確率より、

ボテボテの内野ゴロの
確率の方が高い
と踏んだ弱者の作戦です。

ヤクルトは
シーズンが始まる前のキャンプで
極秘裏に練習を積みます。

そして向かえた
日本シリーズ第7戦

ワンナウト三塁
ランナー古田は
秘密の特訓通り
ギャンブルスタート!

広沢のボテボテの
三塁ゴロの間に
見事生還

これが決勝点となり
ヤクルトは日本一へ

弱者が勝者へと
変わった瞬間でした^_^

世の中には
たくさんの常識があります

それは
良くも悪くも
強者の人の常識

弱者が勝者になるためには
強者の常識に従っていては
勝てません^_^;

常識はこうだから…
と思考するのではなく、
勝つためにできることは何か?
との問いから
思考をスタートさせる

(コンプライアンスを
守るのは大前提ですが)
商売には
フライングも
ランナーバックも
ありませんからね^_^

強者の作った常識を疑う
こんなところに
弱者の勝機はあると
石原は思います^_^

 

◆公式YouTubeチャンネル

【中小企業社長のための五つ星経営チャンネル】

 https://www.youtube.com/channel/UCOR94yI88mVWaY3CtU_u_Tw