耳鼻科医として、ときどき小児科医として

耳鼻科医として、ときどき小児科医として

以前にアメブロで書いていましたが、一時移籍し、再度ここに復活しました。専門の耳鼻咽喉科医としての記事を中心に、ときにサブスペシャリティな小児科診療のこともときに書いていきます。

仙台から東京にもどってきてまもなくだった。東京の駅の前でタクシーに乗った。女性ドライバーで、運転席の裏に自分の自己紹介が書いてある変わったタクシーだった。そこには、、、、

 

「出身は仙台市です。」

と書いてあるのが目にとまった。

「僕も最近仙台から東京にもどってきたのです。医師をしています。」

というような雑談をしていると、そのドライバーは言った。

「私も仙台の病院に一回入院したことがあって、そのときの主治医の先生には本当によくしてもらいました。」

なにげなく、入院した経験を言い始めたのだ。

「実はその先生、最近お亡くなりになったそうなのです。」

「それは〇〇先生ではないですか?」

自分の一学年上の先生の名前をだした。まさしく、その先生だった。同じ大学の先生から、突然死したことを聞いていたのだ。

 

学生時代にお世話になった。自分の一学年上。飲みに連れて行ってもらったりしたものだった。その先生を知る人が100人いれば、100人みんなが気に入るような先生だった。

 

卒業後は、診療科も違うので、ときどき病院で顔をあわせるぐらいであった。卒業後は医師としてどうしているかは、あまりよく知らなかった。

 

見知らぬタクシードライバーから、その先生のことを聞いたのだ。

「あんなにいい先生はいない。」

そりゃそうです。すごくいい人でしたから。

 

やはり、すばらしい医者になっていたのだと改めて知ることができた。30歳すぎぐらいで突然死してしまった。そんな先生に少しでも近づけたらなといつも思う。どうがんばっても、かなわないが。

 

その先生のことを思い浮かべると、いつも涙ぐんでしまう。

1回受診したら治ってしまうクリニック。

何回も何回も通院してもまったく治らないクリニック。

 

どっちがもうかるでしょうか。どっちが人気クリニックでしょうか。残念ながら後者なのです。治らないクリニック、でも医師がやさしいからいくらでも通いたい。そのようなところは患者が多く、儲かるのです。

 

もう、10年ほど前の話になりますが、有名耳鼻科にせっせと通っているお年寄り患者がいました。耳垂れがとまらないと、クリニックが休みのとき以外はほぼ毎日半年ぐらい通っていたそうです。経営者が耳鼻科医として有名だったんですけど、実際にその下で診療している医師たちは、あまり治療もうまくない人たちなのでしょう。単純に処置を毎日毎日繰り返しているのです。

 

その患者が当院に来ました。半年ずっと通院していて治らないと聞いたので、こっちも「治るのかな?」と不安思いました。その結果、2回の通院で耳垂れはとまって、通院をおわりにしました。1回目に薬を耳の中にぬり、次来るときはよくなったかどうかの確認です。よくなったので、治療終了です。

 

自分が優れていると言いたいかというよりも、最初のクリニックの医師は、本当にこの患者を治そうとしていたかどうかが疑問です。半年もないらないのであれば、いろいろな治療をしてみればいいのに、やっていたのは、耳垂れの吸引ぐらいなのでしょう。

 

どうしたら治るのか。一人一人の患者を目の前にして考えていけばいいのに、同じことの繰り返しで、まったく変化がないのです。治らない患者に同じ治療をずっと続けていく。

 

僕自身、5年もたつと治療がガラッと変わっています。過去の治療をアップデートしているのです。以前に治せなかった患者さんには申し訳ないなとは思いますが、何年もすると、その病気も克服しているわけです。

 

今の医療保険制度では、治せないでいつまでも通わせるのが、もうけるコツなのです。

 

僕のポリシーとして、治らない患者は治らないと言ってしまいます。そして通院を終わりにします。それが逆に冷たいと思われてしまうのです。

 

医学に限界があり、治らない、治せない患者は少なからずいます。治らないのに、いつまでも自分がかかわり続けるほうが、患者にひどい態度だと思っています。他に治せる医師がいるのならば、そちらに紹介もします。

聴覚情報処理障害(APD)かもしれないと受診してきた人がいました。

 

聴覚情報処理障害の人は診察をしないと宣言していますので、受診してきた場合には、APDの診察をしている病院に紹介しています。本人はAPDかもしれないと受診してきたようです。

 

ただ、話を聞いてみると、「他の耳鼻科で、難聴がある」と指摘されたと言います。このため、すぐにAPDの病院に紹介するのを中止し、当院で診察することにしました。

 

聴力検査をすると、2000Hz以上の高音域に難聴があります。難聴の原因はともかく、この高音域の難聴は音の聞き取りには問題がないのですが、けっこう子音の聞き取りが悪くなるのです。このため、言葉の聞き間違いが多くなります。

 

高音域の難聴があるために、騒音下での聞き取り悪さにつながっているようです。そこらへんがAPDかもしれないと思う理由なのでしょう。

 

この高音域の難聴はけっこう聞き取り悪さにつながっていて、普通の聴力検査では見つけられないことも多いのです。ただ、この人の場合には普通の聴力検査でも難聴があるのが指摘できるのです。この難聴を、聞き取りに問題なしと耳鼻科医に判断されるから事態は複雑になるのです。

 

APDかもしれないと受診してくる人の中に、高音域の難聴の人がけっこういました。少なくとも4~5人は診ているかもしれません。難聴はたいしたことがないから、APDかもしれないと思ってしまうのでしょう。

 

聞き取りそのものに何も悩みがないのなら、ほおっておいても構わないのです。ただ、聞き取り間違いが多くて、悩んで耳鼻科を受診しているわけですからね。

多くの業種には、忙しいシーズンというのがあります。

 

引っ越し屋。

3月、4月の引っ越し時期に、一年の収入の半分を稼ぐと言う話を聞きました。引っ越しの多くが年度末になります。

 

スキー場

スキー関連の仕事は、冬しか稼げません。夏は暇にして、冬に稼ぎます。

 

耳鼻科開業医

耳鼻科のピークはスギ花粉症の最盛期3月です。3月の1か月間で、一年の収入の半分近くいくところもあるようです。

 

内科や小児科

風邪をメインで診る診療科であれば、一番風邪が多くなるのは寒くなってからです。特に、インフルエンザのシーズンはすごく収入が増えます。風邪患者が急増するからです。逆にそれ以外のシーズンはあまり患者が来ないところも多いのです。

 

暇な月と、忙しい月では2倍ぐらい収入が違ったりします。インフルのシーズンはそこが最盛期になる診療科も多いと思います。そのシーズンに儲かるからと言っても、他のシーズンは患者が少ないのです。患者が増えるシーズンがあるから、他のシーズンは患者が少なくてもやっていけるのです。

 

 

 

毎週、「サイレント」の感想を書くのが定番になりつつあります。

 

昨日の「サイレント」では、奈々と春尾のエピソードがでてきました。過去に恋人関係にあったのではないかと思っていましたが、そこまでの関係ではなかったようです。ボランティアをする立場と、受ける立場だったそうな。

 

その中で、「なぜボランティアをするのか?」というような話があり、「就活のため」とか「周囲によく思われたいから」というような発言がありました。が、僕の感想としては真逆です。そんな気持ちでやっている人はいないのではないかと思います。

 

まず、ボランティアをすると就活に有利ということはほとんどないように思います。クラブに打ち込んできたというようなもののほうがはるかに、就活に有利でしょう。

 

周囲によく思われる。

こんなセリフはありえないとほとんどのボランティアは思うと思います。まったくの真逆です。むしろ、ボランティアをしていることを隠したいと言う人のほうが多いかもしれません。ボランティアをしていると、「偽善者だ」とか、「変人だ」とみられてしまうことも多いのです。趣味はなんですかのような質問には、「サッカーをしています」とか「カラオケが好きです」というようなごくありふれた答えを返せたほうがはるかにメリットが大きいのです。ですから、「ボランティアをしている」ということを隠しておきたいし、言いよどむことのほうが多いでしょう。

 

周囲に変な人と思われながらも、それにまい進している。

これが現実ではないかな。

 

もちろん、いろいろな活動は楽しいから続けているのですが、周囲の人からはそう簡単には理解してもらえません。

 

僕自身、男性の立場だからかもしれませんが、「手話を学んでいます」とはなかなか言えないですよ。女性は違うのかもしれませんけど。