FOX〜new world〜

FOX〜new world〜

セレクトショップFOX店長の小林雅章[マサフミ]です。
お店や商品のこと、思ったことや感じたことを書いてます。静岡県富士市吉原1-2-6 0545-53-8922
10:00〜19:00 第2.3水曜定休 P通り筋向い
ホームページ http://fox1976.com/

ブログをご覧になって頂きましてありがとうございます。

ブログを書くにあたって気をつけていることは、読んで下さった方が楽しくなったり、癒されるようなブログになるように心がけています。

お洋服は残念ながら毎日買う必要のないものです。だから、毎日商品の紹介をするわけではなく、お店で起こった身の回りのことや、考えていることや感じことなどを、面白おかしく書いています。

ブログを見てもらっている方に、毎日楽しく過ごしてもらいたい。嫌なことがあってもブログを見たらほっこりしてもらいたい。

ブログを通じてFOXを近くに感じていて頂けたら幸いです。


【FOX 】
静岡県富士市吉原1-2-6
0545-53-8922 10:00~19:00 第2.3水曜定休


3/3〜3/31百花繚乱春至為誰開(ひゃっかりょうらんはるいたってだがためにひらく)開催!

前回は観るは法楽という名前で開催していた吉原商店街とアートのイベントが帰って来ましたーー!



約1ヶ月間吉原商店街のお店に50人のアーティスト作品が展示されます!すごい!


そして、3/3の初日はFOXからすぐのスクランブル交差点角の三松クレジットで吉原祇園太鼓セッションズのライブが14:00から開催されます!


それに伴い、店長はその時間ライブを観に行きます!🙇‍♂️すみません!🙇‍♂️お店抜けます!🙇‍♂️お許し下さい!🙇‍♂️どうしても観たいんです!🙇‍♂️




というのも、主催者であるアトリエテチさんがセッションズのメンバー衣装を制作!それぞれの衣装にアーティストさんたちがペイント!その衣装を着てライブするという百花繚乱でしか観られないレアライブなんです!


そんな贅沢なことがあっていいの?っていうぐらいホントにすごい!!



ということで、今日から吉原が熱いです!


怒涛の3月!ぜひぜひ吉原商店街に遊びにいらして下さいね!


お待ちしてます!!

「スニーカー同じですね。」



僕は、そう声を掛けたと言う。



かれこれ20年以上も前の話しだ。



そのお客さんは最初にお店にきた時のことを覚えていてくれた。



2003年、僕は富士のパピーの2階で店を始めた。



FOXではなくルナール(renard)という店の名で、僕は店に立っていた。




その翌年の正月、初めての福袋を販売した。


その時、予約は取っていたのか定かでないが、思いのほか好評で初売り当日に完売した。




それから20年経った今でも、スニーカーのお客さんは福袋を買い続けてくれている。


最初の福袋がよかったから、お母さんや妹さんにも勧めてくれて、一度に3つの福袋を予約するのが定番となった。


それからだいぶ時間が経って、息子さんや妹さんのお嬢さんたちの福袋も予約してくれるようになった。


ここ数年は毎年5つの福袋を予約してくれている。



僕の記憶が確かなら、今年20回目の福袋だということを福袋説明書を書く時に気づいた。



20年かぁ…しばらく感慨に耽って、やはりあの時の言葉を思い出す。



コンバースのオールスター、ブラック。


自分は当時それしか履いていなかった。


それが正解だったと。20年前の自分に言ってやりたい。



お客さんはじめ、ご家族の皆さんには本当に感謝してます。



言葉で言い表せない感謝の気持ちでいっぱいになった。






2024年3月1日



インスタを開けると、お客さんと卒業証書を持った息子さんが飛び込んできた。


すかさず、おめでとうございます!とメッセージを送った。




18年。


一言で言ってしまえば、18年も20年もほんの一瞬の言葉に過ぎませんが、


赤ちゃんだった子が、立派な青年になって、旅立ちの日を迎えた年つきを、


18年間、お子さんの成長を見てこれた喜びと、


20年以上店に通い続けて頂いている感謝を、


心から申し上げます。



2003年3月1日。あの日はどうしようもないくらいの雨だったけど、店を始めて本当によかったです。



卒業おめでとうございます。


皆さん、これからもよろしくお願いします。



ではでは。



3連休前に福袋説明書を郵送しました。


そろそろ届いている頃かと思います。



福袋のご予約の際に、説明書書きます。とお伝えした方にだけ送ってます。



1人のお客さんから早速、届いたとメッセージを頂きました。



いや、僕は、それに、感動してしまって。



メッセージの内容が、説明書のアンサーだったんです。



僕が選んだ服ひとつひとつにコメント返してくれました。



春になるのが待ち遠しいです。



よく着てます。



仕事で着てます。



また春服を見に行きます。




嗚呼


感想の文章って、こんなにも嬉しいものなんだと、自分が説明書をもらった気分になりました。




説明書、福袋5点の服の絵を描いて、なんでコレを選んだのか、コレとコレを合わせるといいとか、そんな説明を書いたお手紙です。




違うお客さんなんですけど、そのお客さんはお店で手渡し出来たんで、直接渡しました。そしたら、そのお客さん去年の説明書を手帳に挟んでいつも持ち歩いていると見せてくれました。


いつも!?そんなに大切して頂いているんだ!と驚きました。




僕はお客さんに感動させて頂いてます。


すごく幸せです。



ではでは。