「演劇部の1年にてげカッコイイ奴が入ったらしいかい見に行こうや!」

 

高校2年生の文化祭の時、クラスメートなのに何故か一つ年上で

中々ファンキーだった吹奏楽部所属のM君に声を掛けられました。

(何やら文科系の女子生徒も浮足立ってるな)

そう思った我々は好奇心半分で全く縁もゆかりも無かった

体育館で行われていた演劇部の発表を友達数人と見に行きました。

 

「え?あれ?!あの人?」

「なんや全然カッコヨクね~が!」

ものの数分で演劇と言う物に全く興味無かった我々はその様なセリフを吐き散らしながら

体育館を後にしたのですが

まぁ要は後ろから拝見してたので顔も良く見えずセリフも良く聞こえなかったので

ちょっと女生徒からキャッキャ言われてる後輩君への負け惜しみみたいなものでした。

 

あれから約30年が経ち

「倍返しだ!」どころか10倍くらい人生の差がついてしまいましたね。

 

それにしても高校時代は、一つ上の先輩方は甲子園初出場され2回もアルプススタンド連れて行ってくれましたし

一つ下はその野球部で唯一1年生でベンチ入りしていた故木村拓也さんもいらっしゃいましたし

今思うと宮崎県内中から注目された3年生と

野球界と芸能界のトップスターを輩出した1年生に挟まれた当時の我々は

スーパー狭間世代だったと思います。

 

当時の先生方も我々の年代は覚えて無いだろうなぁ(苦笑