僕の父方のおじいちゃんが亡くなりました。

  

  

  

  

享年94歳。

  

  

  

  

大正、昭和、平成、令和と、
4つの時代を生きました。

  

  

太平洋戦争の時は、

  

  

フィリピンへ出兵もしています。

  

絵を描き、

  

短歌や俳句を新聞社に寄稿し、

  

94にして入院する事もなく、

  

自宅で就寝し、

  

そのまま老衰で亡くなりました。

  

  

大往生って言っていいでしょう。

  

  

人の死に財布事情を勘案するのは不謹慎ではありますが、

  

親族にも、

  

税金を納める我々国民にも、

  

モデルケースとなるような最期でした。

  

子供の頃おじいちゃんに教わった将棋、

  

小学生の頃、

  

後の東大卒で官僚となる学年一の天才を負かした事は、

  

僕の一生の誇りです!笑

  

昨年ひ孫を見せに行ったとき、

  

是非健太にもらって欲しいと懇願したおじいちゃんの描いた絵、

  

僕は心に焼き付けておくと、
もらわなかったけど、

  

あそこまで言うならもらってあげればよかった。

  

されど、全く後悔はありません。

  

いつ亡くなるかわからなかったので、

  

今年のお正月にも会いに行きました。

  

  

  

死にゆくじいちゃんと生まれてきた子。

  

  

このコントラストの画こそ、命のバトン。

  

時折みせるしかめっ面。

  

おじいちゃんそっくりです。

  

  

  

こうして命は継がれ、

  

先祖代々の遺伝子が生き続けていくのですね。

  

  

こんな日の献杯ワインはこちら、

  

  

樹齢120年以上のブドウ木から作られる、

  

  

『リチャード・ハミルトン センチュリオン シラーズ』

  

  

  

  

と思ったのですが、

  

家で1人空けるワインではないなと考えを改めました。

  

  

これは近々改めて開けたいと思います。

  

そこで告別式の本日は、

  

『バル・コンデ・バルディエール・クリアンサ・DO.ウティエル・レケーナ2012』

  

  

  

  

こちらは樹齢40年程度のヴィエイユ・ヴィーニュ。

  

ヴィエイユ・ヴィーニュとは古いブドウ木の事です。

  

古いブドウ木から実をつけるブドウは減りますが、

  

その分ブドウは複雑味が増すと言われています。

  

  

鮮やかな赤紫色。
ブラックチェリーのアロマ、
そこに胡椒のスパイシーなニュアンス。
柔らかい口当たりにベリー系の果実味に大きくなる酸、喉まで焼き付く様なスパイシーさ、
タンニンはこなれている。
脂質の多い牛肉と合わせたいかな。

  

おじいちゃん…

  

  

って感じのワインではないですわな笑