階級変更出来る食事編の前に、

 

 

階級変更する動機についてお伝えしたいと思います。

 

 

ダイエットもそう!

 

 

一番大事なのは、

 

 

何故ダイエットしたいかというモチベーションがです!

 

 

いったいなぜ僕は17歳の時にスーパーライト級でデビューし、

 

 

21~25歳くらいは70kg級戦線で試合をしていたのか。

 

 

そしてまた30過ぎからスーパーライト級に戻ってきたのか。

 

 

173cmの身長に決して大きな骨格を持っていない僕が、

 

 

勝手に年と共に身体が大きくなっていった訳ではございません。

 

 

僕がプロデビューした2005年、

 

 

立ち技格闘技はK-1MAX全盛期時代、

 

 

全てはそれを目指していました。

 

 

当時は70kg級しかなかった。

 

 

もともと大学1年生の時は通常体重が66kgしかなかったので、

 

 

体重を増やす必要があった。

 

 

当時は栄養学の知識も乏しかったので、

 

 

とりあえずたくさん食べてたくさんトレーニングすれば太ると思い、

 

 

毎日白米を4号たいて、

 

 

練習して食べて筋トレして食べてを繰り返しウェルター級になりました。

 

 

大学一年生の一人暮らし、

 

 

お金も全くなかったので、

 

 

たくさんの白米にレトルトカレーに卵で無理くり流し込んでいました。

 

 

年々少しっつ大きくなり、

 

 

ずっと勉強していたので栄養学の知識もつき、

 

 

そしてKrush初代‐70kg級王者決定トーナメントを制覇し、

 

 

 

悲願のK-1MAX出場した時に地上波打ち切り残念MAX!

 

 

K-1運営していたFEGが倒産、

 

 

K-1ドリームを目指してきましたがまさかのファイトマネーも1銭ももらえず(涙)

 

 

(なんなら試合で中指骨骨折しましたが、大会で加入しているはずの傷害保険金ももらえず。)

 

 

70kgで戦う理由もなくなりウェルター級に戻りました。

 

 

つづく