鳥居の向こう側~素晴らしい神社と御朱印~

鳥居の向こう側~素晴らしい神社と御朱印~

埼玉県・東京都・千葉県・神奈川県の神社を中心に巡り、ブログを書いています♪

読んでくださった方に「行ってみたい!」と思っていただけるような、また、遠方で行けない方にも行った気分になっていただけるような、
そんな記事を目指して書いています。

週に2回くらい更新出来たらいいな、と思っています。

どうぞよろしくお願いいたします♪




テーマ:
4月23日(火)、行田市の神社巡りのラストですおねがい
この神社が目当てで行田へ行くことにしたのですが、いちばん駅の近くなので最後になりました。


秩父鉄道・行田市駅より徒歩5分の、


行田八幡神社です神社



境内への入口の鳥居
⬇️⬇️⬇️


鳥居の神額社号碑
⬇️⬇️⬇️

神額には「八幡宮」と書かれています。



鳥居をくぐる手前に手水舎アセアセアセアセ
たまにこういう位置関係のことがありますね。
⬇️⬇️⬇️
⬆️⬆️⬆️
水盤は水が流れるところが黒くなっていて、中央の「漱」という文字しか読めませんにやり



あらためて鳥居をくぐります。
⬇️⬇️⬇️

境内は横にはとても広いのですが、奥行があまりなくすぐに社殿が見えます。
鳥居だけがだいぶ古い、という印象キョロキョロ



拝殿ですキラキラキラキラキラキラ
⬇️⬇️⬇️


拝殿前の狛犬さん犬
⬇️⬇️⬇️



素木の濃い色がキレイな、堂々とした拝殿。八幡さまらしい社殿です照れ
⬇️⬇️⬇️


創祀についての詳細は、元和・宝永・弘化年間の行田町大火により、旧記重宝等を焼失したため不明ですが、
源頼義・義家が、奥州討伐のためこの地に滞陣した折、戦勝を祈願して勧請されたと伝えられています。
当初は、佐間村田中に鎮座し、「田中(でんちゅう)八幡」と呼ばれていました。

天文年間(1532年~1555年)に現在地に移され、忍城主成田下総守長泰公は深く当社を崇敬し、社殿を修補し城下総鎮守としました。
これにより、「城主八幡」また社殿の向きから「西向き八幡」の別名があります。


拝殿の神額
⬇️⬇️⬇️
⬆️⬆️⬆️
お賽銭箱の紋は「左三つ巴」


御祭神
誉田別尊 ほむだわけのみこと
=応神天皇
気長足姫尊 
おきながたらしひめのみこと
=神功皇后(応神天皇の母神)
比売大神 ひめのおおかみ
=市杵島姫命・田霧姫命・湍津姫命の宗像三女神
大物主神 おおものぬしのかみ
=大国主神
神素盞鳴尊 かむすさのおのみこと


ご利益
虫封じ・諸病難病封じ・安産・子育て・交通安全・学芸上達・縁結び・開運厄除・眼病平癒絵馬


代々城主の尊崇が篤く、阿部豊後守は八幡大神の御神像を奉献し、次いで阿部正識公も自筆の額を奉献しました。

社殿の造営は、元和・宝永年間に焼失、再建を繰り返しますが、弘化3年の行田大火では町全体が焼失してしまったため、氏子による再建は不可能となり、神職家による再建となりました。

現在の社殿は皇紀2650年を記念したもので、平成元年の竣工です。
忍城下の守護神として広く崇敬を集めています。





拝殿に向かって左手に、境内社が並んでいます。

鳥居をくぐり、細い参道を進みます。
⬇️⬇️⬇️


右手には絵馬掛けがあり、突き当たりにお社があります。
⬇️⬇️⬇️


愛宕神社です。
⬇️⬇️⬇️


お社だと思ったら屋根でした。
中に小さいけれど美しいお社がありました照れキラキラキラキラキラキラ
⬇️⬇️⬇️

御祭神
軻遇突智命 かぐつちのみこと
防火の神さまです絵馬


とても美しいので違う角度からもカメラ
⬇️⬇️⬇️


愛宕神社の左右には、
「虫封じのいちょう」イチョウ「生命力のけやき」
⬇️⬇️⬇️


生命力のけやきは天高く伸びていますキラキラ
⬇️⬇️⬇️



その後ろにご本殿が見えましたキラキラキラキラ
⬇️⬇️⬇️


参道の左手には、
願いかなう「結びいちょう」イチョウ
「結び文」に願いごとを記入し、結びひもに結びつけることで、神さまとのご縁を結んでくれるそうです。
⬇️⬇️⬇️
⬆️⬆️⬆️
願いごとの種類によって「結び文」の色が決まっています。「結び文」は授与所でいただけますおねがい



その手前に、恵比寿神社・大国主神社
⬇️⬇️⬇️

恵比寿神社
御祭神
事代主神 ことしろぬしのかみ
商売繁盛の神さま絵馬

大国主神社
御祭神
大国主神 おおくにぬしのかみ
福徳・縁結びの神さま絵馬



その左に三峯社
⬇️⬇️⬇️

御祭神
伊奘諾命 いざなぎのみこと
伊奘冊命 いざなみのみこと
延命長寿の神さま絵馬



さらにその左に、八坂社(総町神輿)
⬇️⬇️⬇️

宝暦9年(1759年)に、百貫神輿として初代の総町神輿が寄進されました。
現在の神輿は昭和5年に造り直された三代目で、総けやき造り。



その手前に鳥居があり、境内社が2社並びます。
⬇️⬇️⬇️


向かって右が、
目の神社(めのかみしゃ)
⬇️⬇️⬇️

御祭神
味鋤高彦根命
あじすきたかひこねのみこと
眼病平癒の神さま絵馬

「め」と書かれた絵馬が印象的でしたキョロキョロ


向かって左が、
瘡守稲荷社(かさもりいなりしゃ)
⬇️⬇️⬇️

御祭神
倉稲魂命 うかのみたまのみこと
商売繁盛・おでき・吹き出物・湿疹の神さま絵馬



その前に「魔除けの桃」の木があり、
拝殿前の左手には金ピカの桃🍑
⬇️⬇️⬇️


なで桃です🍑
⬇️⬇️⬇️
 
なで桃は、古事記の中にある一つの神話に由来しています。

伊邪那岐命が黄泉の国から悪鬼に追われ逃げ帰る途中、葦原中国との境にたどり着いた時、大きな桃の木を見つけ、その実を3つ取り悪鬼らに投げ付け難を逃れることが出来ました。
伊邪那岐命は桃の実に、意富加牟豆美命(おおかむづみのみこと)という名前を与えました。
以来、桃の実は病魔や厄災を退治してくれる象徴として尊重されるようになりました。

願いを込めながら撫でると、桃に宿る神の力(延命長寿・病魔退散・厄災消除)をいただけるそうです。


授与所には、「願かけもも絵馬」「なで桃守」「なで桃ハンカチ」などの授与品が並んでいましたおねがい
⬇️⬇️⬇️

「なで桃ハンカチ」は、これでなで桃を撫でて、ご神徳をいただいていくためのハンカチです🍑



境内社の中で1社だけ、拝殿に向かって右手にポツンとありました。

水神社ですタラー
⬇️⬇️⬇️


御祭神
御井神 みいのかみ
水波能売神 みづはのめのかみ
水分神 みくまりのかみ



「行田八幡神社」のHPを見た時に、ずいぶんキレイな神社だなぁ照れと思いましたが、濃い素木の社殿と新緑の組み合わせで、誰でも映える(ばえる)写真が撮れちゃう気がします爆笑カメラ
⬇️⬇️⬇️

拝殿の右側から渡り廊下で授与所・社務所・参集殿へつながっています。



その渡り廊下の前あたりに、
戌亥八幡
御祭神の応神天皇は戌の月(12月)亥の日(14日)に生まれ、100歳を超える長寿であったことから、古くから「戌亥八幡」と称され、戌年・亥年生まれの守護神として広く崇敬を集めているそうです。
安産・子宝・子育て足腰健康・立身出世のご利益があります絵馬
⬇️⬇️⬇️
⬆️⬆️⬆️
その裏には、水みくじがありました。
水神社の地下から湧き出る御神水におみくじを浸すと、文字が出て来るおみくじですタラー



平成12年に完成した立派な参集殿です。
⬇️⬇️⬇️
⬆️⬆️⬆️
参集殿の左手が授与所になっていましたが、「封じの宮」とも呼ばれる神社らしく病気平癒の御守りの種類が豊富でした。
「封じ御守」「癌封じ御守」「難病封じ御守」「諸病封じ御守」「みむね守(乳癌)」「よくなる御守」「けが防止・快復御守」「お肌御守」「目の御守」などなど。


7世紀の頃から疫病を封じる秘法の御祈祷があったと伝わっていて、病魔退散のパワーが絶大とのことで、その秘法は現在でも受け継がれているそうですキラキラキラキラ


実は4月に親しい人が体調を崩し、長引いてなかなか回復しなくて心配だったためぐすん、持っていた「御朱印でめぐる埼玉の神社」で知った「行田八幡神社」へ行こうと思い立ち、この日の行田市神社巡りとなったのです照れ

 
拝殿前に「願い文」が用意されていて、初穂料と願いごとを書いた「願い文」を封筒に入れてお賽銭箱に納めるようになっていたので、その方の病気の回復をお願いして来ましたお願い

「諸病封じ御守」もいただき、これは本人に渡しました。
⬇️⬇️⬇️

人形流しで使うような、体の絵が書かれた紙が入っていて、体の弱いところや気になるところに印をして、横にお願いごとと名前を書いて、御守りのポケットに入れられるようになっていますウインク

これを渡す頃にはほぼ回復していたけれど、「諸病封じ」なので今後のためにもクローバー
とても喜んでいただけましたし、現在はすっかり回復しました。よかったぁ照れ



いただいた御朱印ですルンルン
⬇️⬇️⬇️


境内社の「大国主神社」と「目の神社」の御朱印もいただきましたニコニコ
⬇️⬇️⬇️



「行田八幡神社」は、決して広くはない境内に、立派な社殿とたくさんの境内社がギュッと詰まっていて、キラキラとした明るい雰囲気の神社でしたキラキラキラキラキラキラ
パワーをいっぱいいただけました爆笑


初めて訪れた埼玉県行田市、うちからは1時間半くらいで行けます電車
とてものどかで良いところで、訪れた4つのどの神社も、素晴らしい神社でしたおねがい


充実した1日になりましたクローバー

これで、平成のうちに巡った神社の記事をアップし終わりました爆笑



日付が変わって、今日は5月25日
記事を初投稿鉛筆したアメブロデビューの日からちょうど2年が経ちましたキラキラキラキラキラキラ

2年も続けられるとは思っていませんでしたほっこり
初投稿の記事には、いいね❗が1つ入るだけでも嬉しくてゲラゲラ、それが1年前の1周年の時には、いいね❗が200を超えるようになり驚いていたのに…びっくり

今では、多い時には800を超えるいいね❗をいただくようになりましたポーン

デビューの頃からずっと変わらず記事を読んでくださっている方、
今年【神社・仏閣巡り】ジャンルにお引っ越ししてから、新しく読んでいただくようになった方には、記事を遡っていくつも読んでいただいたりして…笑い泣き
本当にありがとうございますラブ

いつも長~い記事を辛抱強く読んでくださっている皆さまには、本当に感謝しかありませんお願いキラキラキラキラキラキラ

これからも、どうぞよろしくお願いいたしますキラキラルンルンルンルンルンルン





次回は都内の神社ですウインク



Ameba人気のブログ