『黒魔術の手帖』 

澁澤 龍彦 (著) ¥648

河出文庫 
 
中世暗黒時代を中心に妖術師や権力者らが
繰り広げた黒魔術の数々。カバラ、占星術、
タロット、錬金術、サバト、黒ミサ、自然魔法、
そして史上名高い幼児殺戮者ジル・ド・レエを
めぐる様々なエピソードを紹介したエッセイ。


<こんな人におすすめ>
黒魔術や錬金術に興味がある
ジル・ド・レエが行った行為を詳しく知りたい
澁澤 龍彦のファン

 

 

 

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ左矢印本や記事に興味を持っていただけたらポチっとお願いしますおねがい

 


人気ブログランキングへ左矢印こちらも参加していますおねがい

 

 

ダウンテキスト長めのブックレビューやってます(^ε^)♪

ぬこのイラストブックれびゅう

 

どくしゃになってね…ペタしてね