母が施設に

テーマ:
小樽の実家の母が施設に入居するのがトントン決まり、待つ人も多いのに、有難い運びになりました。
母もこの冬ご近所もほぼ誰もいなくなり、決心したようです。多分寂しい気持ちが強い心より勝ったようです。
しかし自分にとってはなんとも寂しい気持ちと、シッカ リしていない自分のせいで母が一人ホームに入ってしまうとか、もう此処に戻っても誰もいないとか、ちっぽけな感傷が湧いてきます。
でも現実はそんな感傷に見向きもせずに、入居するにあったての手続きやら用意するもの色々迫ってきます。
兎に角できる事をスムーズにこなすしかない状況です。
小樽は料金も比較的安くて助かります。新しい生活に順応してくれるか心配。とても頑固でこの90年間頑張り通した母だから。


無事kiss me you がんばったシンプー達へ
打ち上がりました。
短い稽古の参加でしたが、皆さんに受け入れていただき、ハナを演じることができました。反省点は沢山ありました。演じるより、自分の心が動いたら台詞を言っていたような感覚でした。不器用な私です。演技はまだまだ発展途上と思いながら、好きな演技に向かって行きたいと改めて感じました。
若くは無い私ですが、厚い壁に向かって日々挑むオバちゃんに、興味がある方は今後とも応援宜しくお願いします