はじめての泥だんご | たなこめのブログ

たなこめのブログ

京都市右京区にあるたなべ米穀店です。
お米のこと、日常のこと、子どものこと、ワンコのこと。
思いつくままのひとりごと。

このあいだ珍しく

「これ、めっちゃやりたーい!!」

と思うことがありましたおねがいおねがい

それは



泥だんご作りニヤリ


たまたま

ちゃちゃいれマンデーで

ワークショップの一つとして

泥だんご教室というのが

紹介されていました。


そういえば

子どもたちが小さいころ

幼稚園ですごいピカピカの

泥だんご作ってたなぁ。

(最近子どもたちの成長が寂しくて

思い出に浸ることが多くなったあせる


そんな泥だんごかと思いきや



見た目も手触りもビリヤード球🎱

こんな泥だんごを作れる教室照れ

どうやって作るんだろう❓

もう❓❓でいっぱい。

普段はなかなか行動に移せない私ですが

飛びついてしまいました‼️

お誘いした友だちからは

驚きと爆笑をいただきましたがてへぺろ


正確には

成形された泥だんごに顔料を重ね

ひたすら磨くチュー

穏やかなギターの音を聴きながら

ずーっと。

無心に。

カニを食べてるときの雰囲気に近い笑

色は好きなものを選んで

磨き具合や色の混ざり具合で

仕上がりがみんな違う。

私も含めみなさんが

子どものように本当に楽しんでいて

もう夢中!

(お子さんは1人爆笑

あっという間の時間でした。


このワークショップ

左音実行委員会さん主催の

左音プロジェクト。

左官業と音楽を融合させた

新しい職業体験。


この泥だんごは

左官屋さんの技術が詰まったもの。

成形も全て手作業でされているそうで

崩れず頑丈なところも職人さんの

知恵と技術の賜物。


生活スタイルや環境の変化により

職業や仕事内容などが

ずいぶんと変化してきました。

米屋もその一つです。

自分の仕事や思いを

何らかの形で発信し続ける。

今回の経験で得たものは

美しい泥だんごだけではありませんでしたよおねがい


また作りたいチューチューチュー

ハマりそう 笑



京都市内(一部を除く)無料配達

たなべ米穀店

ホームページ https://okome.Kyoto.jp


公式LINEアカウント

たなべ米穀店 | LINE Official Accountリンクlin.ee