皆さんこんばんは…
誰しも中学生から高校生にかけて夢中になった音楽とかバンドがあるかと思いますが、僕の場合は間違いなくYMOですね。
メンバーは坂本龍一氏、高橋幸宏氏、細野晴臣氏の3人で、日本の音楽界に多大な影響を与えてるのは周知の通りだと思います。
細野晴臣氏は松田聖子さんに天国のキッスと言う楽曲を提供したりして、又違う1面を魅せてました。
高橋幸宏氏はニッポン放送のオールナイトニッポンのパーソナリティーを務めたりしていて、放送は毎週欠かさず聞いてました。
翌日は寝不足でしたね(^_^;)
坂本龍一氏もラジオの番組を持っていて、毎週聞いてました。

グループは1983年になって、解散を発表しましたが、敢えてこの言葉を使わずに散解ツアーと銘打って、全国ツアーを開始しました。
以下は武道館でのライブの模様です。
散解と言う言葉に彼らなりのこだわりを感じました。

先日、免許更新に行って来ました。
5年前にも記事にした記憶があったけど、やはりありましたね。
その時には、視力が落ちてるので次回はメガネ必要かもと書いたけど、今回もちょっと危なかったです。
でも裸眼でも何とかパスしました。
他にも深視力検査もやるのですが、視力が落ちてるとこちらもにも影響しますね。
でもこちらも何回目かで何とかパスしました。
今はスマホのアプリでも視力検査アプリとか深視力検査アプリもあるのですね…



上がお馴染みの視力検査、下が深視力です。
3本ある棒の真ん中だけが前後に動いて、3本揃ったらボタンを押すのですが、実際はアプリのようにはハッキリと見えませんね(^_^;)



そして免許証が交付されましたが、今回は20年ぶりくらいのゴールド免許になりました。
前回は5年の内でたった1回のシートベルト違反で、ゴールドを逃してましたので、今回は素直に嬉しいですね(^^)

そして時代は令和になろうとしてますが、平成36年はある意味貴重かもしれません。


そして免許の種類もいつの間にか細分化されてるのに驚きました。
準中型って言うのもあるんですね…
あまり意味のない気もするのですが…。

でも、もしかすると完全自動運転の車で、免許が要らなくなる時代もやって来るのかもしれませんね。