原点。

テーマ:
第35回古湯映画祭終了。
佐々部清監督特集。
せつなくて
おかしくて
かなしくて
うれしくて

2日目からの参加で久々に会う佐々部組。
ほろ酔い気分で宿に帰り
高台から街を眺める事の出来るお風呂に温泉を入れた。
少しぬるめのお湯に浸かり
目を瞑った。

川のせせらぎ
虫の鳴き声
お湯の流れる音
心臓の音

全身に感じた。

ゆっくり目を開け空を見上げた
小さな星たちがキラキラ輝いていた。

とてつもなく豊かだった。
心が豊かだった。
何故だか涙が出てきた。

この映画祭に来て
支えている人々に会って
映画を愛する人々に会って
街の人々と触れ合って
心がいっぱいになった。

うれしくてかなしくてせつなくておかしかった。

きっと佐々部監督の作品の中に通ずる人と人との繋がりが私をそんな気持ちにさせたのね。

人はきっと忘れていく生き物
忘れなきゃ前に進めないものね。
でも此処に来ると思い出す。
映画の中では人はずっと生き続ける。 

そんな事を思いながら最終日の三本木農業高校、馬術部のトークショーを終え東京に戻った。

土砂降りの雨だった。
ギラギラしたネオン
雑音だらけの街
人と人が複雑に何重にもなって絡み合う

佐賀にいた2日間魔法にかけられたようだった。
いつか私が言った言葉佐々部監督の魔法の言葉達の演出。
そんな事を思い出しながら東京の家に着いた。
またこの都会で人が入り乱れ
孤独を感じながら生きていくこの都会で
まだまだ踏ん張ろうって決めた。

本当にありがとう佐賀古湯映画祭。
スタッフ関係者の皆様
ご来場された皆様
心から感謝します。

打ち上げパーティーにて。
笑って笑ってぐちゃぐちゃになって
それが心地良かった。

佐々部監督ありがとう。

こんな私でも少しずつ成長出来てるのかな。
きっと出来てるよね。

やっぱり此処が私の原点。

文音

古湯映画祭

テーマ:
9月‼︎ご無沙汰しておりました。
気づけばすっかり秋の夜。
日が暮れるのが早くなって周りでは鈴虫が鳴いている。
派手な夏とは裏腹にしんみりじわじわと
9月の風を身体で感じている。
少しの淋しさとこれからの楽しみを抱えてふわふわしてるのね。

さぁ今月佐賀にお邪魔します♡
古湯映画祭にゲストで参加いたします。
佐賀は初めて‼︎楽しみだ〜◡̈

映画祭のみなさまよろしくお願い致します。

文音

レインマン

テーマ:
新国立劇場に滑り込みで…

舞台レインマン観劇。
客席に座っていると肩をトントンと。
振り返ると礼子さ〜ん(∩˃o˂∩)♡
偶然にも千秋楽に高島礼子さんもいらっしゃっていました♡♡

突然の出来事で嬉し過ぎたぁ!

大好きな映画のレインマン。
舞台化。
藤原竜也さん椎名桔平さんはじめ
とても高貴な演劇を観た気がします。
お写真の安蘭けいさんもとても素敵でした。

とにかく何が嬉しかったって礼子さんに久しぶりに会えた事だよね〜♥(ˆ⌣ˆԅ)
カブのぬいぐるみまた出現したし笑
名前聞くの忘れた…
今度は絶対カブくんの名前を聞こう。
うん。

またお芝居したくなりました。

暑くてなかなか日中外に出れないね…
溶けそう。。

引きこもりです、完全に笑

休む時は休む!!
芝居への欲求を高めて爆破させる。
その繰り返しだ。

さぁ明日から月曜日。
夏休みの方もお仕事の方もまた頑張ろう。

夏バテ大丈夫?
水分補給はしっかり(o˘д˘)o


らんちゃんもぐでぇ~(*´ω`*)