【湿布の副作用で「一生治りません」と診断される】 | ようこのブログ

ようこのブログ

癒しをテーマに( ´ ▽ ` )ノ
コツコツとやって行きたいと思います。


テーマ:
【湿布の副作用で医師に
「一生治りません」と診断される】

皆様、モーラステープという肌色の湿布はご存知ですか?


以下、大変恐縮ですが私の副作用でただれた

画像があります。ご注意下さい。


日差しが強くなると特に思い出す事があります。

それは私が
『良くなると思って貼った湿布の副作用に

より、医師に「一生治りません」

と診断された病気になった』からです。


これは【光線過敏症】という“病気”です。


日差しに長時間当たると陽に当たった部分が


腫れて痒くなってしまいます。


ーーーーーーーーー
数年前、夜にヨガをしてたら足首が痛くなって

過去に貼ったことがある湿布を

安易に足首に貼ったのです。


翌日はディズニーに行くので朝その湿布を

剥がしてディズニーで大はしゃぎ。


3日ほどすると足が毛虫に刺されたように

ぶつぶつに腫れ上がりました。



初めは
「あー毛虫にさされちゃったな;;」

と思っていたら、その後尋常じゃない痒さ。

足も像のように腫れました。



「おかしいな。」と思いお医者様へ。




●1軒目「内科・アレルギー・皮膚科と書かれた病院へ」

「うちは皮膚科じゃないからさ、湿布貼ったでしょ?」

「はい」

「痒み止めと、抗生物質だしとくから〜」

「あ…はい。(なんだこの人?@@違うとこ行こっと。)」



みるみる大きくなっています。


●2軒目「界隈で有名な皮膚科へ(小児アトピーが有名)」治療のため数回通っていました。



「これはね…本当にしつこいよ、一生付き合わないといけない」

「え?^^:」



「まず、この跡(湿布の跡の色素沈着)は

数年治らないし、

治っても何十年も色んなところ

また痒くなるよ。

日焼け日光は絶対にダメ。

今の初期段階でこの湿布の跡は消しましょう。

ステロイドと保湿剤だすね。

ケアをしっかりね。」



自宅に帰り、湿布の裏側の注意喚起を読んで

私は理解しました。




【以下抜粋】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
貼付部を紫外線にあてると光線過敏症をおこすことがあります。
⑴戸外に出るときは天候にかかわらず、濃い色の衣服、サポーター等を着用し貼付部を紫外線にあてないでください。
⑵はがした後、少なくとも4週間は同様に注意してください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まとめると
【はがした後少なくとも4週間は体内に薬効が残るから、天候にかかわらず紫外線に当たるな。】

Σ('◉⌓◉’)

「(湿布を剥がしたのにこんな状態になったのは、

薬効が体内にしっかり残ったからなのか。

つまり、4週間はこの安易に貼った湿布の薬効が

体内に残っているということ。

そして足首だけでなく、色んなところが痒くなるのは

薬効が全身に巡りアレルギー反応を起こし

体内に残っているからなのか…)」


…(°_°)


●2年後
旅行に行った際に首らへんが焼けてしまい、

ものすごく腫れて痒くなった。

なぜ足首に貼った湿布の副作用が今度は

首に出たと思いますか?

それは上記の通り、

湿布の「薬効」が全身を巡ったからです。


2軒目の皮膚科は非常に混んでいるので

別の有名な皮膚科(美容系)へ行きました。



●3軒目 「別の有名な皮膚科(美容系)」

「なんで光線過敏症なのに日光に当たったの!」

「日傘も日焼け止めも忘れちゃって急に晴れたんですよ^^;」

「あの、これ…治らないんですか?」

「これは一生治らないよ!」

「…そうですか。。。」

(…え?ってかなんで良くなると思って貼った湿布で

一生治らないって言われるの?おかしくない?!)





これ以降私はお勉強し、

薬はどんな時も一切服用していません。

そりゃ例外はあると思いますよ。

でも今の私は元気なので例外の状況になっていません。



『副作用は作用である』

“副”なんて言ってるけど

“副”としてしっかり“作用”してるんです。



この経験から実感していることは

私があまりにも『無知』だったという事。

「なんで誰も教えてくれないの?!」と思った。

「知らなかった」では済まされないことが実際

自分の身に降りかかったという事。



本来ならば学校や義務教育の段階でこの事を

「知らねばならない」と私は確信しています。


例えば学生さんなら

生理痛→頭痛薬
下痢→下痢止め

その行為がどんな結末になるのか「知らなかった」

では済まされないことが世の中には沢山あります。


なぜ教えないの?

なぜニュースにならないの?


世の中の大人の事情かもしれませんし、

関心がいかないようにされているのかもしれません。


でも、実際自分の身に降りかかったので私は無視できません!

色んなことが悲しいのです。

大好きだった海も長袖長ズボン。

ワイキキビーチでも怪しい日本人。

「無知」がこんなにも悲しく悔しいのです。

「なんで誰も教えてくれなかったの?」

と人のせいにして悔やんでいました。


そんな私は

これを「人に伝えるべきこと」と捉えています。

少しでも多くの人が、「そうかもしれない」

と疑問に思って自ら調べるきっかけにしてほしい。


私は今から「知ってたら服用してなかったのに;;副作用で苦しんでいる」

という人を減らします!




昔は薬なんてなかったのにな。

早く薬は「良くする」と思い込んでいるのに気づいてほしいな。

どうしてその症状になったのか気づいて欲しいな。

身体さんが身をもって教えてくれているということに。


最後まで読んでくださりありがとうございます😊♡

写真でお見苦しいところがあったと思います。

しかし、勇気を出して発信します!

少しでも多くの人の役に立てますように。




ようこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス