東京都大田区の行政書士しょうぶの至誠ブログ

東京都大田区の行政書士しょうぶの至誠ブログ

2014年6月1日に行政書士登録・開業しました。
地元大田区密着の行政書士として、株式会社・合同会社・一般社団法人の設立などに従事しています。
「至誠にして動かざる者は未だこれ有らざるなり」の精神で日々奮闘しています。

東京都大田区の行政書士しょうぶです。


事務所ホームページ【こちら】

☆お気軽にご相談ください!
◆株式会社・合同会社・一般社団法人の設立


◆古物商許可申請

◆補助金の獲得サポート


◆教育活動(法教育・セミナー講師など)


テーマ:

3月23日(土)になりました。

東京都大田区の行政書士しょうぶです。

 

 

さて、昨日は事務所で仕事をしていたのですが、タブレットがあって本当によかったと思える一日でした。

 

 

もちろんスマホも大変便利で非常に役立つものではあるのですが、タブレットだとスマホよりも画面のサイズが大きいため、PDFの資料などを開いたときの見やすさが違います。

タブレットだと資料を確認するときに大変便利だと改めて実感しました。

 

 

自分の場合、タブレットは事務所に備え置きにしていて、外出時には持ち出しません。

タブレットには事務所のパソコンの補助のような役割を持たせています。

そうすることで、事務所での仕事がより一層はかどります。

ちょうど今年の1月にタブレットのサイズをひとまわり大きいサイズに変更しましたので、それが今功を奏しています。

 

 

時代はどんどん進化して、IT関連についてもスピード感をもって進化しています。

この進化に乗り遅れないようにしたいものです。


テーマ:

3月22日(金)になりました。

東京都大田区の行政書士しょうぶです。

 

 

さて、以前も何度かブログで書きましたが、行政書士業務の専門分野を持つことはとても大事なことです。

 

 

もちろん、個人的にはどんな業務もこなすことができる「オールマイティー型」の行政書士でも構わないと思います。

あえて専門分野を作らずに「来たものは全てこなす」というベテランの行政書士の先生も現実にはいらっしゃいます。

 

 

ただ、この「オールマイティー型」は、現実的には結構難しく、特に一人事務所であれば各業務において迅速な対応が難しくなる恐れもあります。

そう考えると、最初は「来たものは全てこなす」というスタンスだったとしても、いずれはきちんと自分自身の専門分野を確立させた方がいいかと思います。

 

 

その「専門分野」ですが、行政書士登録をしたばかりの時期だと、そう簡単に専門分野を持つことはできないかと思います。

よほど特殊な事情でもないと難しいですよね。

 

 

であれば、専門分野は自分自身で作るしかないです。

「ないなら作ればいい!」

これです。

 

 

「自分はこの業務を極めたい!」

「自分はこの分野で貢献したい!」

「自分はこの分野が好きだ!」

など、きっかけは何でも構わないと思います。

将来的に専門分野にしたいところを今からこつこつと勉強し、必死になって努力し、他の行政書士に劣らない確かな自信をつけていくのです。

そうすることで、自分自身の専門分野を確立していけばいいと思います。

 

 

せっかく行政書士としてこれからスタートする、またはスタートしたばかりで希望に満ち溢れている時期だというのに、早い段階で自分自身の可能性を打ち消してしまっては非常に勿体ないと思います。

焦る必要はありませんので、これから一歩ずつ前に進んでいきたいものですね。


テーマ:

3月21日(木)になりました。

東京都大田区の行政書士しょうぶです。

 

 

さて、今日は14時から伊藤塾東京校(渋谷)で、行政書士事務所の合同説明会が開催されます。

どなたでも参加できて、しかも参加無料・予約不要・服装自由です。

 

 

今後どうしていこうか色々とお考えの方も少なくはないかと思います。

色々な行政書士事務所が一堂に会する場で、ご自身の今後の方向性が少しでもはっきりしてくればいいのではないかと思います。

 

 

この合同説明会の詳細は【こちら】をご覧ください。

当日のご案内となり大変申し訳ありませんが、参加される方々に良いご縁がありますよう祈念申し上げます。


テーマ:

3月20日(水)になりました。

東京都大田区の行政書士しょうぶです。

 

 

さて、行政書士になってからは何かと懇親会に参加する機会も出てくるかと思います。

会社勤めの方と比べたデータなどを見たわけではないので何とも言えないのですが、それでも行政書士のような士業の集まりでは懇親会のようなお酒を飲む機会が比較的多いように思います。

 

 

この懇親会ですが、やはりお酒はつきものです。

もちろん、お酒が全く飲めなくても懇親会に参加することに全く問題はありません。

私の周りの行政書士でもそのような方は何人もいらっしゃいます。

 

 

ただ、やはりなんだかんだでお酒は飲めた方が、懇親会がより楽しく、かつより有意義に感じられるようにも思います。

私も決してお酒が強いというレベルではないにしても、「弱くはない」といいますか、そこそこ飲める方だとは思っています。

 

 

ちなみに、私の所属する支部の役員の先生方とお酒をご一緒する際には、なぜか私が頼んでもいないのに勝手にレモンサワーが注文されて次々に出てくるということも時々ありますが(笑)

※念のため書いておきますが、これはお酒の強要などでは一切なく、私自身毎回とても楽しみながら役員の先生方との懇親を深めていますので、ご心配なく。

 

 

ということで、行政書士の懇親会では、お酒に関しては「弱くはない」くらいが一番楽しむことができそうな気がします。

酔い潰れたり他人に迷惑をかけたりすることは論外ですが、今後もお酒と上手に付き合って、さらなる人脈の構築に努めようと思います。


テーマ:

3月19日(火)になりました。

東京都大田区の行政書士しょうぶです。

 

 

さて、昨日は東京都行政書士会の「法教育シンポジウム」で、私が所属する支部の法教育活動報告をしました。

 

 

シンポジウムには、東京会以外の単位会の先生方も複数いらっしゃっていました。

私の持ち時間は30分弱と限られた時間でしたが、ポイントを絞って無事に支部の法教育活動報告をすることができました。

 

 

私が所属する支部では、年に2回大田区の小学校で法教育の出前授業をしています。

そのうち1回の授業で私は講師を務めています。

今年度は先月2月に講師を務めました。

 

 

正直なところ、年々行政書士業務との両立が大変にはなっていますが、だからといって法教育に携わらなくなるという選択肢は一切ありません。

「なぜ行政書士がお金にならない法教育をしているの?」と言われることもありますが、自分にとっては「お金になるかどうか」という判断基準は一切なく、あくまでも自分自身の信念に基づいて、やりがいのある法教育活動をこつこつと継続するのみです。

 

 

昨日の東京会での法教育活動報告の後には、第2部で講義をされた大学の先生や大阪会の法教育担当の先生方ともご挨拶ができましたし、こうした法教育をきっかけとした人脈作りもこつこつと継続していこうと思います。


テーマ:

3月18日(月)になりました。

東京都大田区の行政書士しょうぶです。

 

 

さて、先週末は我が家の法事のため、両親の実家がある佐賀に行ってきました。

 

 

佐賀では一般的なビジネスホテル(全国展開している有名なビジネスホテル)に宿泊したのですが、フロントにいる従業員の方の接客が非常に素晴らしいものでした。

接客が「良かった」というレベルではなく、本当に「素晴らしい」レベルでした。

 

 

何が素晴らしかったかというと、言葉遣いが丁寧で声のトーンもはっきりしていたのももちろん素晴らしかったのですが、それ以上に笑顔が非常に穏やかで、かつ自然なものでした。

 

 

この「笑顔」はサービス業に従事する者にとっては大変重要なものだと思います。

無表情で接客されるよりも、自然な笑顔で応対してもらった方が当然いいはずです。

 

 

「笑顔の重要性」

今回佐賀に行ってビジネスホテルに泊まってみて、このことを改めて強く実感しました。


テーマ:

3月17日(日)になりました。

東京都大田区の行政書士しょうぶです。

 

 

さて、行政書士が仕事をするにあたって必要不可欠なパソコンですが、年々スペックなどが進化しています。

自分は約25年前に中学生になってから親にパソコンを買ってもらいましたが、その頃のパソコンに比べると今のパソコンは格段に進化しています。

 

 

そんな中、今年はそろそろ新しいパソコンを購入したいと思っています。

今まで以上にスペックの高いパソコンを使いたいと思ったからです。

仕事がより一層はかどること間違いなしだと思います。

 

 

ただ、今はどのパソコンもかなり性能が優れていて、どのパソコンにすればいいのかかなり悩ましいです。

もちろん、今使っているパソコンと同じメーカーのものをベースにして探すのもいいでしょうし、行政書士の間で人気のあるものでもいいでしょう。

でも、それら以外のパソコンについても可能性を否定せず、きちんと情報収集して検討したいと思っています。

 

 

まあ、結局最後は自分自身のフィーリングで決めるような気もしますが。

自分のニーズに合った良いパソコンに巡り合えるよう祈るのみです。


テーマ:
3月16日(土)になりました。
東京都大田区の行政書士しょうぶです。


さて、特にこれから行政書士登録をお考えの方で、営業方法をどうしようか色々とお悩みの方もいらっしゃると思います。


営業方法ですが、行政書士に限らずどの業界でも人それぞれで合う・合わないがあると思いますし、どの手段をとったとしても正直本人の努力次第です。
積極的に飛び込み営業をするのも、WEB集客に力を入れるのも、人脈を広げていくのも、どれもがやり方と努力次第でかなりの効果を発揮するでしょう。


ただ、そんな中でも、行政書士は「他の行政書士に対する営業」も案外効果的なのではないかと感じています。
なぜなら、行政書士の仕事は実に多岐にわたり、行政書士によって取扱業務が色々と異なることが多いからです。


税理士や司法書士などに比べて、行政書士は専門業務にかなりばらつきがあるように思います。
許認可業務の中でも、建設業専門の行政書士もいれば、国際業務専門、風営専門、自動車関係専門、薬機法専門などなど、結構ばらつきがあります。
また、市民法務の中でも、相続専門の行政書士もいれば、契約書専門、離婚専門などなど色々ありますよね。
会社設立専門の行政書士ももちろんいます。


自分も行政書士5年目にもなると「やる業務」と「やらない業務」が明確になってきていて、「やらない業務」については信頼できる行政書士にお願いすることが多いです。
そして、「やる業務」については、もちろん他士業の方からご紹介をいただくこともありますが、最近は同業の行政書士の方からご紹介をいただくことがかなり増えてきました。


こうしたこともあり、私は「他の行政書士があまりやらない行政書士業務」を意識的にやるようにしています。
同業の方からのご紹介だと何かとやりやすいことも多いですので。


ということで、これから行政書士登録をされる方は、同業の行政書士の方々とのつながりもあまり軽視せず、お互いがお互いの専門業務について紹介し合えるような関係性を構築できるようにするのも一つの手段だと思います。
営業方法の一つとしてご参考まで。

テーマ:
3月15日(金)になりました。
東京都大田区の行政書士しょうぶです。


さて、毎年行政書士会では認知度向上のためのポスターを発行しています。
今年のポスターモデルは女優の小芝風花さんです。


小芝風花さんといえば、先日ドラマ「トクサツガガガ」の主演を務めていました。
私は小芝風花さんが行政書士会のポスターモデルだったこともあり、「トクサツガガガ」を全話観ました。


ところで、自分の中では早くも次のポスターモデルが誰なのかが気になっています。
例年だと2月頃には決まっているようですので、おそらくすでに誰かに決まっているのでしょう。


行政書士会のポスターモデルの場合は、現在大活躍している方よりも、むしろ今後の活躍が期待されているような方が起用される傾向にあるようです。
今から楽しみです。

テーマ:

3月14日(木)になりました。

東京都大田区の行政書士しょうぶです。

 

 

さて、突然ですが今日は何の日でしょうか?

 

 

もちろん「円周率の日」ですよね?
ホワイトデーでもあるのですが、自分にはあまり関係なく(笑)

 

 

なぜ円周率の日かといいますと、円周率「3.14・・・・・・」の上3桁は「314」ですので、3月14日は円周率の日となったわけです。

 

 

私が3月14日が円周率の日だということを知ったのは、ちょうど10年近く前に塾講師をしていた時代に、講師研修の場で「3月14日は円周率の日だということを生徒に言うといいネタになるよ」ということを教えてもらったのがきっかけです。

確かに、ホワイトデーよりも円周率の日の方がややインパクトはあるかもしれません。

 

 

それにしても、円周率といえば、何年か前に「円周率は3で計算しよう!その方が計算しやすいから。」なんていう訳のわからない学習方針があったような気がします。

今は3.14で計算するように指導しているとは思いますが、円周率を3で計算するなんて何だか残念でならないです。

 

 

ということで、今日のブログは完全に番外編でした。

Ameba人気のブログ