諸般の事情から狂犬病のお注射と春の健康診断、フィラリアのお薬の処方が

遅れていたましろですが、母の日の日曜日に無事にお注射と検査を終えました。

フィラリアは陰性、健康診断は良好、お薬もきちんといただきました。

(逃げ出したいわ・・・)

 

落ち着くためにソファに座ってみるましろ

 

オケツが落ちそうです

 

無駄に笑顔になる・・・

 

さて、退院から2度目の診察を火曜日に終えた母です。

レントゲンの結果をドクターが見て『まだ、骨は出来てきていないね・・・』と仰います。

頑張ってお肉を、魚を食べさせていますが、そう簡単にはいかないようです。

兄が『おかんに食べさせたって』と買ってきてくれた、たたみいわしとサツマイモチップス

 

あの薄情者がわざわざおかんに!と買ってきてくれたのに硬いから・・。の理由で

食べないから骨が出来てこないのかもしれません!

明日からぼちぼちいただきます。

 

玄関の上がり框の段差を不安なく上がれるようにレンタルしました。

 

良い世の中になりましたね。

因みにましろも使用しています。

ありがとう平成。

テーマ:

今日は平成最後の日です。

この平成に我が家はいろんなことがありました。

前回記事を書いたと時は平穏に平成を終え、新しい令和を迎える事と思っていました。

今年の桜をましろと楽しんだ記事を書こうと思っていたところ、母が少し大きな怪我を

してしまい今日の更新となりました。

16日の夕方、倉庫で転倒し左手をついたところ左手首を骨折してしましいました。

圧迫骨折で通院していたかかりつけ病院に連れて行きましたら、整形外科の診察日でなく

医師がいないので診られません。と断られ医療センターに電話して救急で診て貰いました。

救急のスタッフさんからこういう時こそ救急車で来てください。と言われました。

確かにそうです、母を連れて行く道中、私は耳が聞こえなくなり、冷や汗がダラダラ流れて

病院に着いて救急外来に連れ込む時には顔が真っ青だったようです。

 

骨折時

 

 

1回目の手術で創外固定

 

母の皮膚が非常に薄く弱く、傷口を縫おうにも針を刺すとそこから皮膚が

裂けていってしまうので縫うことが出来ず、傷口をふさぐのに手首を小指側に傾けて

皺がよるので自然に傷口がふさがるのを待つことになりました。

うまくいけば2度目の手術をしなくてもよいかも・・・っとの話でしたがレントゲンとCTの結果

手首が傾きすぎているので、今後の生活に支障が出るので整復手術で傾きを治し

プレートとボルトで骨折部を固定することとなりました。

母は2度目の手術をしたくない、少々手が傾いていてもいいから!と頑張りましたが(笑)

今後の生活に支障があるし、支障によってまた怪我をすることも考えられるから。と

言うことで2度目の手術をすることとなりました。

全身麻酔を怖がるので緊急手術のときと同じ伝達麻酔での手術となりました。

患部の具合で創外固定が外れるかも・・・っとのお話でしたが外れませんでした~

 

2度目の手術でプレートとボルトで固定

 

手前日には応援団が来てくれてば~ばらも少し元気出てます。

 

左手が使えないためお食事にも工夫をしていただきました。

 

お菜はすべて串さし、ご飯はおにぎり

 

食後は串いっぱい!

お手間をかけていただいてありがたいことです。

 

術前、平成のうちに帰れるということで喜んでいましたが、術後、創外固定も外れず

もしかすると退院予定の28日を過ぎるかも・・・退院できなくても外出、外泊は出来るように

しましょう。とのお話でしたが予定通り28日の夜に退院できました。

入院時に個室か4人部屋か聞かれ、個室でポツンと一人でいると呆けちゃわないか心配で

4人部屋にしてもらったんですが、入院から3日後にひとりのオネエサマが転院し、10日後に

93歳のオネエサマが転院していかれまして、その後に入っていらした少し上のオネエサマが

夜中にせん妄?幻覚?でおにぎやかで一晩中居もしない男と格闘していらしたそうですwww

また、2度目の手術日に90歳のオネエサマが他室から移ってこられ、この方も少々夜中に

ご活発で神経質な母はご活発なオネエサマ方に疲れてなんとしても退院するんじゃ!と

頑張りました。もうひとりのオネエサマは無反応なオネエサマでいらっしゃいました。

 

もう1回、手術がないことを願い今後は通院治療とリハビリを頑張ります。

そんなこんなで、平成最後の年の平成最後の月にビックリするようなことが起きましたが

平成も終わりの日にこの記事を書くことが出来ました。

何はともあれ我が家にはいろいろありすぎた平成でしたが、今は平成にありがとうです。

令和もよき時代でありますように。

ありがとう、平成。