治療のために摘出した腎臓を修復し、別の重度の腎臓病患者に移植する病腎(修復腎)移植で、徳洲会グループは6日、愛媛県宇和島市の宇和島徳洲会病院で実施した臨床研究3例目となる移植手術が終了したと発表した。

 手術は万波誠医師(69)の執刀により行われ、現在のところドナーとレシピエントの術後は安定しているいう。万波医師は手術後、「透析で苦しむ患者が手術を受けられてよかった」と話した。

 病院によると、移植手術は愛媛県内の50歳代の腎がん患者の男性から、県内で透析治療を続ける50歳代の慢性腎不全患者の女性に対して行われ、男性と女性がともに移植に同意した。

【関連記事】
病腎移植3例目はじまる 愛媛・宇和島徳洲会病院
病腎移植、6日に3例目実施 宇和島徳洲会病院
「理解してもらいたい」病腎移植で万波医師
妻から夫へ病腎移植、摘出手術始まる 宇和島徳洲会病院
病腎移植、きょう臨床研究2例目実施 親族間移植は初

都庁で東京マラソンフォト展示会(産経新聞)
注目を集める布ナプキン 子宮疾患啓発から体と心見つめ直す(産経新聞)
両親刺し母死なす、長男「働くように言われ」(読売新聞)
「地域ソーシャル法が必要」―民主・介護議連会長(医療介護CBニュース)
『デス・レース』プリクエル、製作&キャスト決定!
AD