北沢俊美防衛相は20日午前の参院外交防衛委員会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題に関し「現実問題として交渉相手がいるわけで、難航することも予想される。5月いっぱいで全部片付くかどうかも想定される」と述べ、鳩山由紀夫首相が明言する「5月末決着」を疑問視した。

 ただ、北沢氏は「首相は強い決意で対処していることを再三表明している」とし、「一定の方向性をもってそれに突き進んでいく決意だ」と強調した。自民党の山本一太氏への答弁。

【関連記事】
支持率低下は「政権の約束と実行の乖離」前原国交相
大島自民幹事長「首相の態度は語るに落ちる」
危険な最新鋭輸送機…普天間継続使用で日米同盟危機
首相が普天間問題「5月決着」を改めて表明
小沢幹事長「中でごたごたは駄目」 党内の結束呼び掛け
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

アパート火災 男性1人死亡 尼崎(産経新聞)
子ども手当、2万円に減額も=民主・玄葉氏(時事通信)
<死体遺棄>竹林から男性の白骨 川崎(毎日新聞)
ダイバーに人気、天使の輪を持つ「ダンゴウオ」(産経新聞)
鳩山首相「高速料金」またまた迷走 小沢と前原どっちが大事?(J-CASTニュース)
AD