男子フィギュアで銅メダルを獲得した高橋大輔選手の母校、岡山県の倉敷翠松(すいしょう)高の体育館では、母親の清登(きよと)さん(60)が、同校生徒とともに演技を見守った。

 高橋選手の演技が始まり、4回転に失敗した瞬間、会場から「あー」と声が上がった。清登さんは画面を見上げ、懸命に演技する高橋選手の姿を追い続けた。暫定2位が分かると、思わず左手を突き上げて喜んでいた。

 銅メダルが決まると、大きく手をたたいて、高月賢太郎校長と喜び合い、顔を両手で覆って、こぼれる涙をハンカチでぬぐった。女子生徒から花束を受け取り「ありがとう」と答えた。

 清登さんは「4回転は見ていられなかったが、銅メダルは素直にうれしい。私にとっては、金メダル以上の価値がある。けがのことを考えると、この舞台に立てるのが不思議なくらい。帰ってきたらお疲れさまと言ってあげたい」と笑顔を見せた。

自民、派閥解消を検討…「古い党の象徴」(読売新聞)
<鳥インフル>「感染経路特定できず」愛知・豊橋(毎日新聞)
国母、4年後も「俺が出る」…「色々あったけど」(読売新聞)
山内衆院議員の元秘書逮捕=3千万円詐取容疑-警視庁(時事通信)
<飲酒運転理由>元教諭の懲戒免取り消し確定 最高裁(毎日新聞)
AD