わたしが生きる理由 ~何で私が ''肺がん”'なん?~

37歳 主婦 小学6年生の男の子と2年生の女の子を持つ母。
昨年のクリスマスの日。医師から肺腺癌(ステージⅣ)の告知を受ける。子供たちの為、少しでも長く生きる奮闘記。そして同じ苦しみを持つ方の参考になればと治療記録を書いていきたいと思います。


テーマ:
先日、オプジーボが打ち切りになった報告をしました。

今後の展開について、DR.から提案がありました。

それはずっと聞きたくなかった
         抗ガン剤ドセタキセル…
1年以上、これを言われたらどうしよう…って恐れてきた…   何故かって…それは必ず坊主になるから…

胸水が溜まって、余命僅かじゃないかと自分自信に悟りながら、あえてせっかく伸びた髪の毛をまた失わなくてもいいんじゃないか?

確実に日々の精神的苦痛を味わうわけで…クオリティから考えると悩ましいところだと思った


だけど…DR.に聞いたのね。

何にもしないのと、ドセタキセルをするのでは余命に差が出るかな?って。

そりゃ、違うよ。っと先生。

「何にもしなかったら……」
いつも私に言わせるのよねー💦

「半年…?」
なんで分かるのか?っとちょっと驚いた表情をしながら縦に首を振った…。

「じゃ、治療したら?」
「普通は2年半。」

2年半かぁ。だいぶ違うなぁ…。

でも、DR.は話を続けました。

僕なら4年持たしてみせるよって。

先生の前で初めて涙が出るかと思った…

すまん、髪の毛だけは諦めてくれ…

申し訳なさそうに優しくなだめてくれる…。


1年近く迷っていたのに、
「先生を信じるよ…!」って答えた。

そして2016年5月12日入院。
翌日13日、ドセタキセル➕アバスチン 点滴。

身体が拒否してるのか、担当医が2回やっても入らない…別の先生に代わってもダメ

点滴の針、痛いんですけど…

そしてベテラン看護師さんにバトンタッチしたらすんなり入りました。

脱毛は2週間位したら始まるらしい。
退院する頃だなぁ。

子ども達、ビックリするかな?
でも、ちゃんと言ったよ。

ねぇ、ハゲるのとあと半年しかいないのと、どっちがいい?

そりゃ、ハゲる方やろ…!

こう言うのは冗談紛いにしか言えない…💦
ごめんね。
やっぱりショックだよね。

小さな心に傷を付けてしまう母を許してね。

でも、あの子達が大きくなった時、堂々と母を語れるようにしたい。

残された日々を強く生きよう。






本日も読んで頂きありがとうございます。
皆様に明るい光が差し込みますように!



ランキングに参加しています。

お手数ですが、ポチっと押して頂けると
嬉しいです。



にほんブログ村


AD
いいね!(192)  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。