ユニセフ(国連児童基金)の国内委員会「日本ユニセフ協会」の大使、アグネス・チャンさん(54)は23日、東京都内で開かれたユニセフ議員連盟(谷垣禎一会長)の総会で内戦が続くソマリアでの視察について報告した。アグネスさんは2月、「ソマリランド」と呼ばれる北西部の都市・ハルゲイサを訪れ、内戦が激化している南部から逃げてきた人らが作る避難民キャンプなどを視察した。アグネスさんは総会で、キャンプの家族から聞いた南部の戦闘の様子や、現地の子供たちが栄養失調に苦しむ状況を紹介。「日本が行っている援助は、子供たちの命綱になっている」と、ソマリアへの支援継続を出席した国会議員らに訴えた。

【関連ニュース】
アグネス・チャンさん:ソマリアの苦境 帰国報告で訴え
アグネスさん:ソマリア視察終える 日本ユニセフ大使
矢沢永吉:子供を守る企画に賛同 「ハッピー・バースデー」DLでユニセフに寄付 30日から
中田英寿:「南アフリカへ100万個サッカーボールを」 イナズマイレブン3イベントで発表
アート展:ハイチの絵画で震災復興を支援 鳩山首相夫人も鑑賞--流山 /千葉

高齢者向け除き民営化=URの賃貸住宅事業-仕分け2日目(時事通信)
介護支援ボランティア制度、実施地域が急増(医療介護CBニュース)
日医連の参院選対応、結論持ち越し(医療介護CBニュース)
仕分け第2弾、住宅資金貸付など8事業「廃止」(読売新聞)
両さん銅像 亀有の商店街関係者ら 包帯で応急手当て(毎日新聞)
AD