~ Literacy Bar ~

ここはイマイチ社会性のない自称・のんぽりマスターの管理人が、
時事、徒然、歴史、ドラマ、アニメ、映画、小説、漫画の感想などをスナック感覚の気軽さで書き綴るブログです。
※基本、ネタバレ有となっていますので、ご注意下さい。


テーマ:
再来年NHK大河ドラマ主演は柴咲コウ、戦国テーマ『おんな城主 直虎』」


何でわざわざ、自分たちの手でハードルを上げようとするんですかねぇ……。


近年の大河ドラマの実情を思うと背伸びし過ぎという印象は否めません。もっと身の丈に合った題材を選べなかったのでしょうか。確かに井伊直虎は面白い題材ですが、絶対的に史料の乏しい直虎で一年保たせるのは『風林火山』級の難易度になるでしょう。四半世紀前はいざ知らず、現在のNHKに高虎を描く『基礎体力』があるかどうか、些か疑問符をつけざるを得ません。直虎個人のみならず、彼女の周辺の歴史に精通したうえで、更には史実にはない創作パートでも視聴者を繋ぎとめられる内容でないと、物語として成立しないと思えます。現に今年のは成立していませんので。直虎は寿司ネタでいうと煮ハマやコハダのようなもので、相応の技量と綿密な下拵えがないと、その真価を引き出すのは困難ではないでしょうか。少なくとも、昨年の『軍師官兵衛』のように『誰が握ってもそこそこ旨いものが作れるマグロの中トロのようなネタではない』(岡星精一・談)。そもそも、ネタのよさに胡坐をかいたのが昨年の惨状ですので、同じことを直虎でやったら如何なる結果になるのか、想像するだに恐ろしいものがあります。
脚本家が『JIN-仁-』や『天皇の料理番』の森下佳子さんなので、そこには非常に期待しているんですけれども、ここ一、二年の状況を鑑みるに、大河ドラマは既に脚本家一人の力量では如何ともしがたいレベルに落ちてしまっているのではないかとも考え始めています。

炎尾燃「キミはいい奴だ……だが、あの会社に入ったら、必ずねじ曲がる! 会社組織とはそういうもんなんだ!」

という台詞が脳裏を掠めました。いや、別に森下さんがNHKに入社するワケじゃないんですけれども、この題材で一年保たせてくれといわれたら、私でしたら確実にねじ曲がる自信があるので……実際、今年の惨状は題材のアレさ加減にキレた現場スタッフのサボタージュだと思っているので、森下さんは大丈夫かなぁという余計な御節介を焼いた次第です。題材そのものに含むモノがあるワケではありません、念のため。上記したように『風林火山』のようなファンタジーとリアリティを両立させた佳作になってくれることを願っています。ともあれ、自分たちの手でハードルを上げたのは『その下をくぐるためではない』と信じたいニュースでした。


『吼えペン』ネタ絡みで、もう一つ。


飛鳥響香「人の作品盗作してヒットするのって、ずるいわよね!」
Gペン(マルピー)「それは、マンガ業界では『常識』なんとちゃいます? 人の作品パクって、自分のモンにして大ヒット……それは『錬金術』って言いますねん! 私的にはね」


世間的にパクリとされるものは大別して3つあると思います。まず、恣意的な盗作。『確かにパクった! しかし、パクった俺の作品のほうが面白い!』と放言したA・デュマが典型ですね。次に全くの偶然。別箇の人格がそれぞれに同じアイデアやセンスを有していたというもので、グラハム・ベルとエリシャ・グレイ、カミーユ・クローデルとオーギュスト・ロダンが該当すると思われます。そして、研究成果としての模倣。何らかの影響は受けているけれども、そこに悪意は介在しない。横文字で表現するとオマージュとかリスペクトとかインスパイアとかいう奴でしょう。そして、この3つを完全に峻別するのは結構難しい。十中八九、パクリと思える案件でも偶然の一致といわれればそれまでです。状況証拠を積み重ねて『合理的な疑いを差し挟む』ことはできても『物的証拠』を挙げるのは困難なので、最終的には『本人の自白』か『裁判所の判決』に拠らざるを得ません。
そもそも、アイデアとは時代のニーズや人々のセンス、社会の産業レベルに応じて生み出されるものですから、誰も想像していないものが出てくる確率のほうが遥かに低い。

『誰もが旨いという味は、実は無難な味』

という言葉があるように、シンボルやデザインも同じで、より多くの人々の感性を納得させるにはありふれた意匠にならざるを得ないのが実情です。そして、ありふれた意匠を作るためには、その時代の流行を把握していなくてはいけませんから、職業的デザイナーが他人の作品に目を通すのは、ごく普通のことだと思います。更にいうと、数千年に及んだ人類社会の歴史の長さを思えば、この期に及んで誰の影響も受けていないアイデアやデザインを生み出すなんてことは殆ど不可能に近いでしょう。
一連の問題に関して、パクリかオリジナルかという議論には一切興味がありません。個人的な感想をいわせて頂ければ、

古田織部「この一角のみ万年葬式態よのう」

と苦笑されそうなデザインは何とかならんかったのかとは思いますが、パクリかパクリでないかは、デザイナー同士がコンペでも裁判でも決闘でも鷲巣麻雀でもして決めればエェことで、周囲の人間が徒に火に風を送り込むが如き言動は避けたほうが無難だと考えます。もしも、現在のデザインに代わる新しい意匠が採用されたとしても、何らかの要素が似通った作品が存在するのは上記の理由で殆ど確実なので、その度にデザインを取り下げていたら大会が始まってもデザインが決まっていないという事態を招くのは必定でしょう。そちらのほうが遥かに物笑いの種になると思いますよ。勿論、

炎尾燃「一番最初に、そのオリジナルを作り出すために苦しんだ一人は必ずいるんだ! そこに向かって挑戦し続けている人が必ず!」

という意見は大前提ですが。


戦国無双4 武将ブランケット 井伊直虎/コーエーテクモゲームス

¥4,629
Amazon.co.jp

新 吼えろペン コミック 全11巻完結セット (サンデーGXコミックス)/小学館

¥6,332
Amazon.co.jp

栄光なき天才たち 1 (ヤングジャンプコミックス)/集英社

¥483
Amazon.co.jp

へうげもの(5) (モーニング KC)/講談社

¥566
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(59)
同じテーマ 「雑記」 の記事

テーマ:
『Literacy bar』は開設五周年を迎えました。
皆様の日頃の御愛顧に篤く御礼申しあげます。


『独眼竜政宗』再放送終了後、週間の感想記事がなくなった影響で、一応の落ち着きを見せておりますが、それでも、開設直後に比べると、当時の自分が見たら目の玉どころか、空裂眼刺驚(スペースリバースティンギーアイズ)が出そうなレベルのアクセス数を賜っております。ありがとうございます。五年前の俺、ブログを開くかどうかで悩んで酒の力なんか借りんと、勢いに任せてしまってエェんやで(ニッコリ
さて、今回の記事を書くに際して、開設当初の記事を読み返してみたのですが……若さというのはホンマに恐ろしいですね。いや、開設時には年齢的にも充分にオッサンでしたが、それでも、今はあんな記事こんな記事は怖くて書けないよね、うん。五年前の俺、勢いに任せて記事をUPする前に、酒でも飲んで一眠りしてもエェんやで(震え声
実際、書いたあとの『スカッとしちゃった感』は昔のほうが大きかったと思います。でも、五年前の文章の今の文章、どちらが好きかと聞かれたら、迷いながらも今のほうを選ぶでしょう。後ろから不意討ちをカマして『どうだ!』とドヤ顔を決める昔の記事よりも、様々な価値観を持った方々の存在を意識しつつ、ジワジワと舐るようにコキ下ろしながら、しかし、肝心の本題の判断は避けるといった類の『コイツは人間的に腐っていやがるな』という今の記事のほうが、書いていて疲れる分、後日の読み返しに耐える力があるように思います。まぁ、この文章も五年後に読み返した時にはネットの海の藻屑にしてやりたくなるに違いありませんが。
もう一つ、こうした生臭系の記事を書いていられるのは、皆様のお引き立てと御引き回しの賜です。結構ヤバめのネタも何度かUPしており、書きあげた翌日はビクビクオドオドしながら仕事をしていることも少なくないのですが、掲載した記事や頂戴したコメント絡みでブログが荒れたことは一度もありません。本当にありがたいことです。これからも、自分が楽しむのと同じくらいに読者の皆様に楽しんで頂ける記事を書けるよう、リアルでもネットでも精進を重ねて参る所存です。

リアルといえば、先日、ハカセさんがJE市に御来訪された際、お目にかかる機会を得ました。私よりも御年輩で、勿論、内面的にも私なんぞが及びもつかないほどに成熟した方で、ネット弁慶の総天然見本で人見知りな私にも様々な話題を振って下さり、大変楽しい一日を過ごさせて頂きました。私の出身大学絡みでハカセさんの知人と繋がっていたという話はガチで驚いた。ハカセさんが『木の仏さま』という随筆論文を発表しておられる所為か袖振りあうも他生の縁という言葉が頭を過ったものです。その御厚意に甘えて、こちらも中盤以降はチョーシに乗って色々とJE市内を連れ回してしまい、挙句の果てには、

春日山城址の頂上

まで徒歩で一緒に登って頂くという始末……深く反省致しております。
夜も居酒屋で盃を交わしながら、これまた、様々な話を聞かせて頂きました。特に印象に残っているのは、新鮮なイカ刺しが食べられるありがたさ、日テレ版『水滸伝』は『西遊記』よりも前の作品、そして、

一度も会ったことのない同士が話をすること以上に楽しいことはない

という言葉。リアルとヴァーチャルの違いこそあれ……否、リアルとヴァーチャルに大差はないと思う私であるからこそ、これからもブログを通じた皆様との交流を大切にしていきたいと考えております。ハカセさん、重ね重ねありがとうございました。
ちなみに、このブログを契機にリアルでお会いした方々は、男性は皆、ハカセさんと同じように私よりも御年輩の方々でした。五年前の俺が知ったら、どんな表情をするのか興味があります。そして、女性は皆、内面的にも外面的にもガチでお美しい方々でした。五年前の俺が知ったら【自主規制です】

さて、後半戦に突入したブログの予定企画は以下の通り。

1.『修羅の刻 昭和編』感想(九月より月一)
2.『相棒14』感想(十月より週一)
3.『2015年 特選ベスト10』(年末企画)
4.『花燃ゆ』総評(年末企画)


そうだよ! 今年も大河ドラマの総評やるんだよ! やりたかないけどさ!(血涙
まぁ、真面目な記事にはならないでしょう。『GO』の毎回感想&詳細な総評を書き終えた時に私の中のマトモな神経は全て捻じキレたと思っているので、あんな苦行は二度としたくない。多分、サラッとネタ的な話をして〆ると思います。毎回毎回、

「お い お に ぎ り 食 わ ね ぇ か」

みたいな内容しかない大河ドラマの総評なんか罰ゲームと変わりませんので。

尚、歴史記事のUP時期は完全に未定の模様。

すみません、本当にすみません。月一ペースで歴史記事をUPしていた五年前の俺、この件に関してはお前のほうが遥かに偉かったんやで(遠い目



ミニフィギュアコレクションEX ジョジョの奇妙な冒険Vol.1 (第2部) 戦闘潮流  ストレ.../ときめきドットコム

¥価格不明
Amazon.co.jp

戦国BASARA 武将巡礼Vol.4上杉謙信/ジェイティビィパブリッシング

¥1,296
Amazon.co.jp

水滸伝 DVD-BOX/VAP,INC(VAP)(D)

¥40,530
Amazon.co.jp

水曜どうでしょう 第16弾 72時間! 原付東日本縦断ラリー/シェフ大泉 夏野菜スペシャル (.../作者不明

¥価格不明
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(66)

テーマ:
「もし『ユニ』 ~『花燃ゆ』がこういう話だったら熱狂して観ていた~」

鬼才・deluxeさんによる『もしたぶ』シリーズの最新作、遂に公開されました! 最高です! 高杉の声が池田さん、雅の声が藤村さんで脳内再生余裕でした。唯一、椋梨は内藤さんのままでもイケそうな辺り、流石はベテラン俳優の貫録というものでしょう。『椋梨が簡単に奥座敷に入れるワケねーだろ』というツッコミもあるかもですが、先日放送された本編でも普通にあがり込んでいたのでセーフです。長州藩の奥座敷のセキュリティはザル過ぎる。〒口リス卜の妻が偽名で入り込める段階で判っていたことですが、つくづく、

『花燃ゆ』は聳え立つ糞だな

という思いを新たにした次第。大事なことなので二回いいました。
そんな事情から、来年の『真田丸』への期待が高まるばかりの昨今ですが、私個人は『真田丸』に本格的・復古的な大河ドラマを期待していません。これは三谷さんの才能ではなく、資質の問題といいますか。王道にはつきもののいい意味で臭い話を書けない……というか、書いている途中で照れが入って、自分で自分に茶化しちゃう人なので、本格的な歴史劇にはならないと予想します。『新撰組!』も独特の内容であったはいえ、どう贔屓目に見ても本格歴史劇じゃなかったですからね。直近の『清州会議』のクオリティから察するに、細かい点では相応に捻ってくるとは思いますが、内容は『軍師官兵衛』の上位互換になれば御の字だと割り切って見るつもり。まぁ、今年の大河ドラマも終わればいいのに終わっていないので、鬼が笑いそうな話はこの辺で……といいたいところですが、次は笑い過ぎて鬼の顎が外れかねない話。

「名作SF『銀河英雄伝説』、新アニメを2017年に公開! 制作はProduction I.G」

『Production I.G』製作とかガチじゃないですか……この企画は1年ほど前に報道で知ったきりで、続報がなかったから、立ち消えになったと思っていましたよ。DVD-BOXを全巻購入した私としては、今回の作品がよいものになると『BOXを無理に買わなくてもよかったかも』と思えそうで、複雑な心境です。
ネットでも賛否あるようですね。よく見かけるのが『中の人をどうするんだよ』という危惧。確かに『銀河声優伝説』と呼ばれた前作以上のメンツを揃えるのは様々な意味で大変でしょう。提督や軍務尚書や国務尚書(黄金樹王朝ver.)や教祖のように鬼籍に入られた方も多いですし、内国安全保障局局長などは先代も二代目もお亡くなりになっておられるので。でも、前作のメンツが集められないから、リメイクやめろという意見には賛同できない。私も富山さんや塩沢さんの声に愛着ありますけれども、ヤンやロイエンタール、シェーンコップといったキャラクターが持つ人気は、前作の出演者のみならず、吹き替えを生業としている新しい世代の人たちにもシェアしたほうが、多くの人々が幸福になれるんじゃないでしょうか。勿論、真っ当な吹き替えができることは大前提ですよ。

ラインハルト=キ
アンネローゼ=山
ヤン=庵

とかいう人選になったら炎上覚悟でボロクソに貶してやりますが、そうならないかぎりは徒に反発するのは控えたい。それでも、個人的に危惧しているのは、ヤン=河村隆一さんという展開。いや、確かにヤンはヤンなんですが、それはちょっとやめて欲しい。舞台版がダメという意味ではありません、念のため。でも、密林のレビューだと河村さんベタ褒めなんですよね。ひょっとしたら、いい意味でひょっとするかも。
何れにせよ、キャスティングは公表と同時にファンの間でも大いに議論されそうですので、私も今のうちに自由な妄想に浸っておくとしましょう。ギャランティーや所属事務所の縛りという最重要要素は抜きで、パッと思いついたのは以下の通り。

アンドリュー・フォーク=石田彰さん
マリーカ・フォン・フォイエルバッハ=悠木碧さん
エルンスト・フォン・アイゼナッハ=木下浩之さん


皆さんの希望するキャスティングもお教え頂けると嬉しいです。このテの想像は『縛り』があったほうが面白いので、御一人様3人まででお願いします。尚、上記三名は誰も予想しないと思うので、私がやっておきました。

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) [Mobile Suit Gundam UC] 2 [Bl.../バンダイビジュアル

¥6,264
Amazon.co.jp

新選組 ! 完全版 第壱集 DVD-BOX/香取慎吾,佐藤浩市,江口洋介

¥37,800
Amazon.co.jp

舞台 銀河英雄伝説 第二章 自由惑星同盟篇 [DVD]/エイベックス・ピクチャーズ

¥5,966
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(43)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇