小沢鋭仁環境相は2日の閣議後の会見で、「2020年までに温室効果ガスの排出量を1990年比で25%削減する」との目標について、このうち海外からの排出枠に頼らず国内努力だけで実現する「真水」分を15%、20%、25%の3つの選択肢の中から検討する考えを表明した。

 真水分の水準とともに、削減目標の実現に向けたロードマップ(工程表)を3月にもまとめる。

 3日に開く関係府省の副大臣級の会議で、事務局長を務める小沢環境相が3つの選択肢を提案する。

 海外から割安な排出枠を購入した方が経済的な負担は軽くなるとの見方もあるが、小沢環境相は、排出削減に向け努力を重ねることは「(新産業の育成など)経済成長にもつながる」と強調した。

【関連記事】
代替フロン排出増へ 温室効果ガス削減足かせに
55カ国が中期目標を提出 COP15受けて国連に
神宮前に巨大温室 期間限定ショールーム
温室ガス中期目標、EUは20%削減維持
25%削減 国民への説明が足りない

踏切で自転車の男性はねられ死亡、1.2万人影響 大阪の近鉄(産経新聞)
珍し過ぎて食べられぬ…兵庫・香住漁港に「リュウグウノツカイ」(産経新聞)
「結婚したら尽くします」=サイトで「家庭的」演出-交際後に金無心・木嶋容疑者(時事通信)
「新薬創出促進加算は画期的な制度改革の一つ」―庄田製薬協会長(医療介護CBニュース)
車内に覚せい剤、起訴の男性に無罪判決(読売新聞)
AD