1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-08-22 18:04:04

Amazonのワナにハマっちゃってます。。。

テーマ:Amazon販売
こんにちは。
タオバオの歩き方:徳原です。


タオバオ輸入というか中国輸入の
Amazon販売が稼ぎにくくなっています。

稼ぎにくいと言うのは
稼げないということではありません。

これは単純な仕入れ転売の
初心者が増えているからでもあります。


以前は、中国輸入のAmazon販売実践者の数も少なく
出せば売れるという入れ食い状態でした。

単純にタオバオで仕入れてAmazonで販売すれば
それだけで儲かるという時代もありました。


しかし、あちこちで中国輸入転売の情報が
氾濫しているように、今は非常に多くの
中国輸入転売の実践者がいます。

それに伴い質の悪いセラーも
多く現れているのも事実です。


そして単純転売は、同じ商品であれば
同じ販売ページに出品するというのが

ルールのAmazonでは
自ずと価格訴求で勝負になります。

それによって
値崩れして利益が取れない。


という自体に陥ってしまう…

すると稼ぎにくいとなってしまうんでしょう。


価格勝負なら資本力がものをいいます。

物量にものを言わせて
仕入れ価格を安く抑えたり
物流コストを抑えることが可能です。

こうなると個人セラーでは
太刀打ちできなくなってしまいます。


そういう何も考えない売り方はダメです!


ここで、本来の物販の意味を考えてみましょう。

物販は、サービス業でもあります。


リアル店舗でもネット店舗でも
各種セールやポイントサービス
あるいは、イベントを行ったりします。

これは顧客満足度を高めるためですね。


なぜ、顧客満足度を高める必要があるのか?


【ファン化】してもらう。

【リピーター】に繋げるためです。


お店の商品やサービスが良ければ
そのお店を好きになります。(ファン化)

好きになれば、また来ようと思います。(リピーター)


これが出来れば
同じ商品を販売していても自分のお店から
商品を購入してくれるという嬉しいことにつながります。

なので、お店側は色んなサービスを考えお客に提供します。


で、翻ってAmazon販売で考えるとどうでしょう?

Amazonでは、自分のお店を
アピールする仕組みがありません。
(非常に少ない)


ゼロではないですが
独自色をアピールするのは難しいです。


基本的には、同じ商品なので
どこのお店で購入しても同じ。

これがAmazonの仕組みです。


その商品が魅力的だったとしても
リピーターはあなたのお店ではなく
Amazonに対してつくんです!

これがAmazonの仕組みです!


Amazonは


「集客は、我々がやりますよ!」

「商品管理や発送も我々がやりますよ!」

「あなたは何もしなくても売上があがりますよ!」


と甘い囁きをします。


そこに我々は
まんまと乗っかっているということです。



ですが、自分のお店の
独自アピールが出来れば強みになります。


例えば、○○をして
自分のお店をアピールしてリピーターに繋げる。

というのも一つの方法です。


また、同じ商品でも
付加価値を付けて、独自に新規出品して
自分のお店のオリジナル商品とするのも一つです。

そうすれば、Amazon販売であっても
販売者は自分ひとりなので
リピーターを掴むことは出来ます。


何れにしてもリピーターを得るには
単に仕入れ転売するだけではダメです。

顧客満足度を高める為の
工夫や仕掛けを考える必要があります。


「売れればいい」

「売ったら、あとは知らない」


というのは、本来の物販のあり方とは違います。


その商品を買ったお客さんが
買って良かったと言ってもらえる。

それが本来の物販だと思います。


顧客目線に立った商品販売…

そういう気持ちを持たなきゃですね。



タオバオの歩き方:徳原

AD

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
タオバオの歩き方:中国オークションで稼ぐ!forメルマガ
メルマガ登録

Ferretアクセス解析
FX比較
外為
Related Posts with Thumbnails