『ジュピター』作詞家、吉元由美のオフィシャルブログ

平原綾香さんの『ジュピター』を作詞した吉元由美が語る
「魂が喜ぶように生きよう」

【お知らせ】

*吉元由美ファンクラブ『Grace』いよいよ本格始動!

 ファンクラブへご入会いただいた方には以下のような特典をご用意しております。
 <ファンクラブ入会特典>
 ・365日毎日届く、吉元由美からの“あなたへのメッセージ”
 ・ファンクラブオフィシャルメールマガジン配信
 ・メンバー交流会へのお誘い
 ・各種セミナー・イベントへの優先案内     などなど

 <入会金>  3,000円
 <年会費>  6,000円

 ご入会手続きは以下URLからお願いいたします
https://mailform.mface.jp/frms/grace/s71q2gxokm7p



ファンクラブ「Grace」に入会してくださった方に吉元先生オリジナルのフォトブックをプレゼント。



http://www.yoshimotoyumi.com/

吉元由美の最新情報は以下でございます。


テーマ:

夕方から急に寒くなって、ああ12月……を実感。
そして4人忘年会。
やっと市江先生をお連れすることができました。
魂友ますみちゃんはますます輝いて、
ハワイで会ったり、LAで会った頃はちょっと前くらいのことのようで。時の流れの中を、いろんなご縁がめぐりめぐりながら今、こうして4人でお寿司を食べているという不思議。
どんな私でも許されている安心感に包まれた、おいしい時間でした。幸せだな。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ある案件で区役所の生活安全課に相談の電話をしました。
声からすると、三十代くらいの男性職員。
最初から、聞く気ないでしょ?
とツッコミたくなるような対応。
のらりくらり返事をして、これはこっちの係、それはあっちの係と、いかにその相談に区役所は関係ないかということを説明する。
ちょっと鼻にかかった声で、
なんて言うのか、地に足が着いていない声、
心ここにあらずの声、
あー、またか面倒だなあという声。

言葉にその人が現れるように、
声や話し方にその人が現われる。

人の話は、少し身を乗り出して聞く。
それは、電話の声にも現れるのです。

文章も同じこと。
文章にはリズムがあるので、
読んでいると書き手が話しているように
声のイメージと共に読めることがあります。
優しい話し方も、
弾むような話し方も、
怒っている話し方も、
その人の声のイメージと共に伝わってくる。

こうなると、言葉だけでなく、
態度だけでなく、
成功しているとかしていないでなく、
自分そのもの、人としての総合力が現われる。
四角いものを、どう四角くく書くか。
丸いものを、どれだけ丸く書けるか。
時には、四角いものを、丸く書くときも。
吟味して、吟味して。
この投稿、ここまで書くのに20分。
心しないと。
もう十分に大人なんだから。
がんばりまする。。。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ぼーっとジャパネットたかたを見ていて、買ってしまったケルヒャーの高圧洗浄機。玄関までの石段をきれいにしたい!と思っていた私には、まるで救世主のように現れたケルヒャー。
実際届いてみると、想定外の大物で、夫に組み立ててもらい、水道と接続してもらって、マシンガンを撃つが如くビャシャーッとやってみると、結構おもしろい。
でも、肝心の石段の汚れはイメージ通りに落ちなくて、結局しゃがんで金属たわしでごしごし汚れを落とすという、思いきりアナログな世界に突入してしまいました。
締め切りが目の前になければ、結構楽しい作業になりそう。。。
大掃除への道は険しい。。。。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)