『ジュピター』作詞家、吉元由美のオフィシャルブログ

平原綾香さんの『ジュピター』を作詞した吉元由美が語る
「魂が喜ぶように生きよう」

【お知らせ】

*吉元由美ファンクラブ『Grace』いよいよ本格始動!

 ファンクラブへご入会いただいた方には以下のような特典をご用意しております。
 <ファンクラブ入会特典>
 ・365日毎日届く、吉元由美からの“あなたへのメッセージ”
 ・ファンクラブオフィシャルメールマガジン配信
 ・メンバー交流会へのお誘い
 ・各種セミナー・イベントへの優先案内     などなど

 <入会金>  3,000円
 <年会費>  6,000円

 ご入会手続きは以下URLからお願いいたします
https://mailform.mface.jp/frms/grace/s71q2gxokm7p



ファンクラブ「Grace」に入会してくださった方に吉元先生オリジナルのフォトブックをプレゼント。



http://www.yoshimotoyumi.com/

吉元由美の最新情報は以下でございます。

NEW !
テーマ:

夫の10日間の出張の間に、ちゃんと作ったのはこの鶏スープくらい。寸胴鍋いっぱいのスープ。鶏の手羽、手羽元をことこと煮て、蕪と白菜。白菜はとろとろになるくらいに。塩こしょう、ナンプラーなどで味をつけるだけ。
父や妹にお福わけしても、何日もいただけました。
本当は丸鶏で作るといいのかもしれませんが、手羽元などでも十分、それに手軽です。
そして冷蔵庫に入れると、ぷるぷるとしっかりとしたゼリー状に。このコラーゲンがビタミンの吸収を高め、身体を強くすると……信じています。体力が落ちた時、妊婦さんにもお勧めします。

独身のときは自分のために何時間もかけてお料理したのですが、最近はひとりになるとずぼらでどうもいけません。
父がよく、
「ギャラリーがいないと料理をする気にならない」
と冗談めかして言っていましたが、その通り。
まあ、鶏スープの日々も、おいしいはおいしいのです、もちろん。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

家族がそれぞれ自分のいるべき場所にやっと帰っていった。
といっても、私以外はふたりなので、ひとりはアメリカから戻り、ひとりは中南米から、春休みが終わって学校に。

あちらの時間は昼夜ひっくり返したくらいの時間。つまりこちらの真夜中から朝にかけて、到着したり出発するわけです。flightawareという飛行機追跡サイトで、フライトを確認するのですが、自分の新たな能力を発見。

例えば、夕方に日本を発った夫が経由地のシカゴに到着。
明け方の4時くらいか。
ふと目が覚める。
flightawareで確認。
「1分前に到着済み」
そしてまたうとうとと
ふと目が覚める。
「3分後に出発」
そして、ついには目的地到着5分前に目が覚める。

こんなことが、この三週間、ふたりが移動するたびに。

そして昨夜というか、ついさっきの気もしますが、、、
カリブ海か大西洋だか、そのあたりにいたもうひとりの家族とメッセージでやりとりし、飛行機が一時間遅れたとのこと。
相当眠かったので、寝たのですが、ふと目が覚める。
flightawareで確認すると、
「出発済み。地上走行中」
3:35 am……..

家族のフライトに合わせて目が覚める能力。
人生の何に役に立つというのだろう。。。
乗り継ぎ便はやめてほしい。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今週末、来週には桜は満開を迎えるでしょうか。
この写真の道の突き当たりを曲がったところに、大学生の頃まで住んでいました。今はこんな賑わいですが、あの頃はご近所の人たちがお花見散歩をするくらい。16年間、学校に通った道です。
小学校の時、祖母も一緒に住んでいました。
祖母はゆっくりゆっくりしか歩けず、外に出る機会はあまりなく。
祖母が亡くなった年の桜を見たとき、はげしい後悔に襲われて泣きました。車椅子を借りて、祖母に桜を見せてあげることができたんじゃないか。どうしてその知恵がわかなかったんだろう。美しい桜を見て、きっと喜んでくれたでしょう。
桜を見るたびに、今でもそのことを思い出します。
母も、もっと連れ出してあげたらよかったなあと、二度目の桜がほころんでいるのを見て思う。
そんな後悔は母のためではなく、自分のためにあるんだな。
後悔なんてしなくていいのよ、と母は言うでしょうが、まだ泣きたい自分がいるのかもしれません。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)