2017WJ B部門に出場してきました!

2017WJで1日ヨーヨー漬けだったので、その後の月、火、水とギャップに苦しんだkazです。

記事のタイトルの通り、2017WJのB部門に出場してきました!いつもだとOVER40部門などへ出場しているところなのですが、新設されたB部門は自分にピッタリ!ということで出場させてもらいました。

おお!動画がアップされているじゃないか!

…あれれ、音声がミュートされてしまっている…。これまではそんなことなかったのに、残念です…。他の動画はそんなことないみたいだけど、なぜkazだけ?(泣)

今回、ナノさんのHolloWorldという曲の冒頭1分を使ったのですが、なんと、YouTubeで公式に1分ちょっと公開されているんです。と、いうことで、動画の音楽は皆さんに脳内補完して頂くとして、その曲も貼っておきますね。この動画の冒頭1分がkazのフリースタイルで使用した曲です。


この曲は、自分の内面にある虚しさと戦いながら大きな夢を追いかける姿を歌っているのですが、今回はそれをフリースタイルで表現しようと思って演技しました。演技時間1分のうち、冒頭15秒はヨーヨーを振らないという、ちょっと「それってアリ?」っていう演技をさせてもらいました。すみません、出場料金はお支払いしているので、そっと見守って下さい(笑)。

今回のWJは、ボランティアスタッフで受付兼ステージ係をやりつつ、チームフリースタイルにも出場しつつ、B部門にも出場、だったので、当日は練習や調整などはほとんどせず、ほぼステージでぶっつけ本番1本勝負でした。スタッフの名札を下げたまま演技しているのも慌ててステージに上がったからです。OSN44のロゴが見えにくいじゃないか…(泣)。他のB部門の皆さんの演技を観ていて、「あ、これは最下位決定やな(笑)」と思っていましたが、

B部門スコア


…!4位!最下位じゃない!一体何を評価してもらえたのだろう…?全体的に普通(20点満点なら10点、10点満点なら5点)の評価を頂いていて、EXE(エグゼキューション)が全体の3位と良い評価でした。実行性、完成度、といったところが評価頂けたのでしょうか…?

表現評価点を構成するMSC、BDY、SHWがすべて全体の3位と、それなりに評価して頂けたのはうれしいですね!曲のテーマがフリースタイルである程度表現できていた、ということでしょうか。これで、いつものキャッチミスとか、トリックの難易度の低さとか、トリックのバリエーションの少なさとかが改善できていけば、B部門での入賞は夢ではないかもしれません。がんばろうっと!

しかし、今回のWJのB部門、他の地区と比べてもレベル高すぎません?(笑)
AD

WJ2017に行ってきた!

今日は朝早く起きたのと、大忙しのWJだったことで、もう眠いーのkazです。

WJについて、詳しくは明日以降にゆっくり書かせて頂くとして、まずは大会に来てくださった皆さん、大会を運営したスタッフの皆さんにお礼を言わせてください。スタッフ業務をこなしつつ、2部門に参加させて頂いたのでせわしなかったですが、皆さんのおかげで大変楽しい時間を過ごすことができました。本当にありがとうございました。

そして、今回は色々差し入れを頂きました。



福山ヨーヨー練習会さんからは名刺兼紅葉まんじゅうを、アラポンさん(荒井選手)からはイチゴを頂戴しました。どちらも大変美味しく頂きました。ありがとうございました!

kazが参加したB部門はスコアが公開されていますね。最下位を覚悟していましたが、意外とそうでもなかったようです。kaz的にはまたマイナス点になるのかな、と思っていたのでびっくりしてうれしかったです。
AD
帰りの新幹線でブログ更新中のkazです。このパターンも久しぶりですね。

WJまであと2日!ところが、使用予定のLOOP1080の調子が悪く、急遽会社帰りにリワインド渋谷店さんに行ってきました!ついこの間もお邪魔したばかりだったのですが、昨晩LOOP1080のギャップ調整がうまくいかないことに気づいて、あまり間を開けずに再度お邪魔することになっちゃいました…。

お店につくや否や、早速アルさんにLOOP1080をみて頂いたのですが、どうやらギャップ調整用のネジの頭をなめてしまっているようで、チカラを込めながら回すと何とか調整できる状況だとわかりました。東京のの世界大会時からずっと使っているので、消耗してきてしまっているのでしょうか…。

世界大会と言えば、世界大会の時にお会いしたことのある方と再会することができました。OnedropのPrescriptionの新色が気になってご来店されたのだとか。近くにヨーヨーショップがあるのはうらやましいです!帰りの新幹線の都合でゆっくりできませんでしたが、今度お会いしましたら、ぜひ一緒にヨーヨーしましょう!

LOOP1080は何とかなりそうになったので、渋谷店さん1周年記念のセール品をアルさんに教えて頂き、お買い物タイムに突入!おお、先日試し振りさせてもらったリプレイが安くなってるじゃないですか!



と、いうことで、本日GETした品々はこの通りです。ためらわず新幹線の座席でヨーヨーを広げるビジネスマンはそう多くはいないでしょう(笑)。

ストリングはスラッキーストリングという商品です。ストリングは色々試すのが好きなので、思わず購入。

パッドはアデグルのPSG用のものなのですが、購入目的はSFX用の予備パッドの確保です。

そして、テリーさんがいっぱいステッカーを入れて下さって、賑やかになりました!

と、いうことで、これから新幹線でフリースタイルの構成の最終調整とイメージトレーニングをがんばります!
AD

いいカンジに音楽が編集できました!

いいカンジで音楽が編集できて一安心のkazです。え?何のことかって?

 

ヨーヨーの大会に出場するようになると、様々な不思議な技術が身についてきます。その1つが音楽の編集です。

 

出場する部門やステージ(予算と準決勝や決勝はルールが異なったりします)によって、決まった曲の中から選択してそのまま使用する場合と、自分が好きな音楽を提出してそれを使用する場合があります。

 

kazの場合、今回出場する2017WJのB部門は、自分が好きな音楽を使用できます。しかし、演技時間は1分であるため、元の音楽を編集していいカンジに1分に収めなければなりません。そんな時に活躍するのが、パソコンの音楽編集ソフトです。

 

kazはmp3DirectCutというソフトを使用しているのですが、非常に優れものの機能があります。

ちょっと見えにくいかも…。「選択部をカットしたとして前後を視聴」という優れものの機能があり、曲の中の選択した部分をカットして前後を繋げた時にどのように聴こえるのかを試すことができるんです!選択部分を調整しながら視聴を繰り返し、ここだ!となったらカットする、という感じで作業がサクサク進められます。

 

今回は選択した曲がちょうど1分程度でキリがよかったこともあり、今回はわずか30分程度で音楽の編集を完了させることができました。

 

さ~て、音楽の編集もできたことだし、移動中は聴きまくって音楽を身体にしみ込ませるぜ!本番まであと3日!はや~い!!

DUNCAN 新型FREEHAND!!

テーマ:

昨日に引き続き出張先からブログ更新のkazです。大会前でヨーヨーのモチベーションが上がっているので、少なくともその間はブログも更新し続けたいと思います。

さて、昨日GETしたヨーヨーのレビューといきましょう!DUNCANの新型FREEHAND(PROではなく、引き戻しの方)です。


直径はSFXとほぼ同じです。どうりで握ってみてもあまり違和感がないはずです。


横から見てみましょう。新型FREEHANDは、往年のFREEHANDのラウンド形状と違ってステップストレート形状なんですね。パッドが厚めなのが、この写真からも見て取れます。

 

さて、振ってみた感じですが、すごくよく回ります!これ、凹型ベアリングに交換して、パッド交換してバインド仕様にしたらエラいことになるんでは…。一方で、1Aの上達のために敢えてこのヨーヨーを使うのもありなのでは、とも思いました。性能に頼ることなく、正確なプレイで回転力を維持するトレーニング、いかがでしょう?

 

引き戻し仕様のため、kazのよいヨーヨーの判断基準(笑)であるフックは試せませんでしたが、これ、いいヨーヨーだと思います!さすが、老舗のDUNCANですね。