ナカイカゲン

2度目のブログタイトル変更です。
ナカイ+一家言=ナカイカゲン。一家言というほどたいそうなものではありませんが。
ちょいやさぐれ、ちょいひねくれ、ちょい暑がられ。
エキサイトメントシーカーで3児の母の独り言。


テーマ:
5/12のサンキューアフタヌーン!
今日も乗り切りました、50分。
ちょっとふりかえってみます。

オープニングトーク
ポトスに載ったよ~という話。
お向かいのママにも「見たよ~」と声をかけられました。
しかしまだ自宅には届いていない。ナゼ?

ニュースは2回ほど噛み

交通情報、高速道路のあたりでちょい噛み。
しかし初めて「道路交通情報をお伝えします。」の後に
「まずは一般道から」を入れることが出来ました(やっとか!)

マジリポートは瀬戸市役所産業課伊藤ほなみさん。

締める際に受けることが出来なくて申し訳ない!
あとで思いついたけど
「ほなみさんて(猫好きということですが)そういえば猫娘っぽいですものね!」ぐらい入れておけばよかった

その後曲が始まってからの曲紹介は初だったためなんかおかしな紹介の仕方をしてしまった


コーナーはマイノリ通信

なぜこのコーナーを思いついたのか?何を伝えていきたいか?
をお話した後、

ライフイベントに応じた場面場面を思い起こして少数派だった?多数派だった?
なんて話を。

そして前日長男が発熱したエピソードを引き合いに
「わたし、38℃以上出したことない!」と。

おかげで高熱のつらさがわからないのねー。

かつて「ガラスの仮面」というまんがで
同じように主人公が病気一つしたことなくって、
でも病人の役をやらなきゃいけなくって
一晩中雨に打たれて大風邪をひくという話がありました。

真似して雨に打たれたことある。一時間くらい。

でもそれくらいじゃー風邪もひかなかったなぁ。

熱を出したかったのははたしか明日部活に行きたくない!というしょうもない理由だったが。
同じように捻挫したら部活しなくていい!と思って階段から転げ落ちたこともある。
もちろん手加減するからけがなどしない。

とほぼ話はズレる。

何が言いたいかというと、多様性を大事にしたいですね。自分と違う立場の人の気持ちもわかりあえるといいですね。
ということなんですよ!

エンディングトークは2本立て。

週末14日に行われるスクラッチの体験会のお話。
プログラミング学習ソフトスクラッチを子どもたちに教えよう!という
プログラミング道場が世界各地に、もちろん日本にもありますが、
サンキューエリアから一番近いのは名古屋市天白区。

ちょうどこの土曜日にスクラッチデイと称して
イベントがあるので興味のある方はどうぞ~という紹介をしました。
イベントページはこちら

ScratchDay2016inNagoya
うーん、瀬戸でもやりたいな。スクラッチ体験会。
いい場所あるんだけどな。

二本目は私が最近やせたねと言われるという話。

中井持論によると
この「やせたね」は最後に会った時からではなく相手が知っている
「一番太っている時から」だというもの。

人はいつまでもいつまでも一番太っている時が印象に残っているのね。
だから太ってた!やせた!リバウンド途中!の途中の時に会っても
「やせたね」(一番太っている時が印象的だから)と言いますよね、という話を。


毎回グダグダしてしまうエンディング、ようやくちゃんと言えたかも~?

日はまさかの自分の名前を噛むというやらかしをしちゃいました!


ということでサンキューアフタヌーンは木曜午後12時10分から13時まで!
チャンネルはFM84.5
PCではサイマル放送、スマホからはTuneinradioというアプリから聴くことが出来ます。

AD
いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
せっかく男女共同参画審議会の委員になったので。
普段から感じていたことをつらつら書いてみます。

転職転職の繰り返しで、いろいろな職場を見てきました。

その中で保育園という職場で働けたのはいい機会になりました。
この職場、最近少しずつ男性保育士が増えてきています。

ただ、反発というほどでもないんだけれど、先輩女性保育士さんがなんとなくやりにくそうにしているのを感じます。

今まで女性しかいなかった職場ですものね。
お手洗いとか着替えの場所とかも考慮する必要も出てきますし。

正直「なんで男がこの仕事をやりたがるんだろう?」と疑問を持たれる方もいらっしゃいました。
「細やかな気くばりが必要だから向いていないのでは?」とか。

そうなんだなー。

女性保育士から見たら、
「男性保育士がいないことで困っていない」
のに
「仲間に入れるように」
と上から言われていやでも従わなければいけない。って感じなのかな?と思ったのです。

それは、ちょっと前まで
「男性だけ」
がやっていた仕事を
「いやいや、女性も対等・平等に入れなさいよ」
と言われた男性側の気持ちって言うのがなんとなくわかったと言いますか。

女性がいなくて困ってないのにとにかく入れろと言われてめんどくさーという感じ。
男だけでやってた方が楽なのにーとか。

不満の塊な私は、そういう風潮に怒りでしか対応できなかったけど、
うむ、相手方の受け止め方を想像すると

「あんたたちオカシーから直して!」

とガンガン来られても引くよね~。
もうちょっと上手に対応するべきだったと反省することが多々。

ところで私は男性保育士大歓迎。
先生としての器量はそれぞれですが、子どもって先生としてのスキルで先生を好きになるわけじゃない。
女の子が男性保育士を慕ってる感じがなんかかわいかった。
女の子も「初恋の人が保育園の先生」っていいじゃない。
今まで男子ばっかりズルい!(笑)

だけれどわが子の通う保育園はがっつりベテラン感の高い先生ばっかり。(もちろんそれは頼もしいですよ!)
初恋も何もなさそう…。
AD
いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日、瀬戸市の女性活躍推進及び男女共同参画審議会に参加してきました!

この審議会の委員として2年間、瀬戸市の男女共同参画に関する施策にかかわらせてもらいます。

キックオフイベントとして、愛知県の堀井副知事と、名古屋大学教授束村博子氏のお話を聞くことが出来ました。

なんでも、名古屋大学は国連女性機関(UN Women)から「女性の地位向上のために先進的な活動をしている世界の10大学」」として選ばれているんですって!
(勉強不足でした…)

学校内に保育所と学童があるそうです。

どういった方が利用されているかまでは詳しくお聞きできませんでしたが、その話を聞いて私も思い出したことがあります。

第三子出産後、即社会復帰したものの、1年後まさかの会社都合失業!!

その後半年間、職業訓練校に通いました。

娘1才。学生となった私は昼は学び、終わったら保育所へお迎え。

そこで思ったこと。

学生しながら子育て、なんかアリかも…?

そもそも学生時代は、個人差はあるものの結構親の世話になるもの。
ごはんつくってもらったり、朝起こしてもらったり、駅まで迎えに来てもらったり。

自分の世話してもらえる分、子どもの世話は出来るんじゃない?

なんて思ったりした(^^;

若いし、元気だし。

そして20代前半で産んで、そのあと仕事に就いたら10年くらいたって仕事がノリノリになってきたときに
結婚や出産で人生の選択を迫られることもない。

なーーーーんてね。

それが多数にならなくてもいいけど、そういう選択が簡単に取れるようになってくれたらいいかなー。
AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。