<過去の出演CM>

PUMA evo TOUCH J TV CM


docomoスマートフォン Xpeira acro HD
TV CM「フリースタイルフットボール篇」



フリースタイルフットボーラー横田陽介、Ball Beat Crew 出演・取材の問い合わせ先

yosuke.yokota@yy-freestyle.com

株式会社Ball Beatホームページ:http://ballbeat.jp
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-05-25 14:41:11

JFFC2017を終えて

テーマ:ブログ

こんにちは、横田陽介です。

 

5月はフリースタイルフットボールの日本一を決める大会、JFFC2017を弊社Ball Beatで主催。

その翌週にはエクストリーム、ストリートカルチャーの祭典、CHIMERA GAMES vol.3が開催され、その準備や運営、出演、その他諸々でめちゃ頑張りました。

 

どっちも私が人生を賭けて携わっているかけがえのないものです。

一旦、この2つが終了して落ち着いたので、今回の反省、次回へ向けてのことなどざっくり書いていきたいと思います。

今回のブログは、JFFC2017のことです。

 

去年に引き続き、CHIMERA TV&GAMESの全面協力のもとで行われたJFFC。

他にもフリースタイルフットボールシーンには深く携わっているRed BullやTACHIKARAの協力もあり今年も実現することができました。

感謝。

 

優勝したYoくん、おめでとう!

2,3年以内には来るだろうな、と思っていたら今年だった!意外と早かったな!!という感想です。

次は世界を獲りに行け~!

 

ちなみに、配信のアーカイブはいまは見れなくなっていますが、決勝大会の全試合は後日アップロードする予定ですのでもう少しお待ちください。

 

予選から振り返ってばばーっと長々書くこともできますが、長文読むのが苦手な人が多いこの業界(笑)のために、まずはいったん箇条書きにしてみようと思います。

 

良かったこと。

・エントリー数が105人と初年度の2015年から倍近くまで伸びた。

・去年はRBSSの世界大会出場の切符がかかっていたため、「ドキドキ」するような緊張感のある盛り上がりがあった。今年は世界大会はかかっていなくてアジア大会のみで心配していたが、去年とは違う「ワクワク」するようなエキサイティングな盛り上がりがあった。

・新設されたサブコンテンツ、レッドブル ベストトリック・コンペティションの盛り上がり方がすごかった。

・DJ IKUさん、カメラマンの築地さん、デザイナーのEKKAなど初年度より協力してくれている方々がどういう大会でどういう流れで行われるかということを年々、深く理解してくれるため仕事のクオリティが確実に上がっていってて助かります。

 

反省点

・参加者、運営ともにフリースタイルフットボールシーンを外にアピールする力が弱い

・運営の反省として、情報をもっと的確なタイミングでわかりやすく出すことができたのでは

 

 

と、こんなところでしょうか。

細かい所はもっとたくさんありますが、特に運営側はまだまだ改善の余地ありです。

 

で、大きな課題として、反省点の「フリースタイルフットボールシーンを外にアピールする力」について。

 

これって私がフリースタイルフットボールのプロになると決めたとき、つまり10年前から取り組み続けている課題なんです。

JFFCはどこまでいってもフリースタイルフットボールの大会なので、この課題は永遠のテーマですね。

 

どういうことなのかというと、日本一を決めるというやってる側も見てる側もエキサイティングな魅力のあるコンテンツがあるにも関わらず、一般のフリースタイルフットボールを知らない層に対する訴求力がなさすぎる。

例えば、今回は川崎ルフロンという買い物客も通行人もたくさんいるショッピングモールが会場でした。

そこで、JFFCを見掛けて足を止めてくれた人はたくさんいたと思います。

でも、そのうちの何人がフリースタイルフットボールって本当にかっこいい!ワクワクする!と思って、もう一歩踏み込んでくれたでしょうか。

 

集約するとここがJFFC、ひいてはフリースタイルフットボール界の課題だと思っています。

 

例えば、具体的にこれから運営がする努力としては、まずルールをわかりやすくする。

JFFCは世界基準のルールに合わせていることから、ルールを変えるという意味ではないです。

 

30秒の演技を3ターンずつ交互に行い、3人のジャッジが良いと思ったほうに旗をあげる。

 

このルールを、MCがルールについて詳しく喋れるような台本を書いたり、フライヤーの裏に図解で説明してあったり。

プレイヤーのスゴイ演技にお客さんが足を止めたら、そのお客さんをもう一歩、フリースタイルフットボールについて知識を深めて更に興味を持ってくれるようなフックをたくさん作れればいいなと思っています。

 

そして、不可欠なのはプレイヤー側の努力だと思います。

 

他の競技やカルチャーにおいて「ステージに上がる人たち」に比べて、自分が見られる意識はフリースタイルフットボールって平均するとめちゃくちゃ低いと思います。

ひとりひとりのプレイヤーから感じるエンターテイメント性や色気やキャラ立ちが薄い。

その点では私が今まで見てきた「プロレベルの大会」の中でも正直、フリースタイルフットボールはレベルは相当低い。世界的にも。

 

「この規模感、このシーンの大きさ、アングラ感etcがちょうどいい、楽しい」と感じている人もいると思うので、みんなにもっと頑張れと強制するつもりはありませんが、この先、フリースタイルフットボールが次の段階に進むためにはプレイヤーの個の意識が必要不可欠だと思います。

もっと、1人1人にファンがたくさんつけばJFFCの舞台だってもっと大きくできる。

 

もっとスケベ根性丸出しで行った方がいいのにな、というのが今回のJFFCの感想でした。

 

ざざーーーっと書いたので、未だかつてない乱文になりましたがこんなとこです。

 

あとは補足で、大会のフィードバックでいくつか

・予選の組み合わせが発表されるのが遅い

・決勝大会のルール(何秒で何ターン)が発表されるのが遅い

・スタッフ全員が全てを把握できてない

・SNSをやっていないので情報が入ってこない

・ビジョンなどに残り時間表示して欲しかった

 

などありましたが、JFFCは何度もいうように世界で戦える日本人を決める大会です。

なのでいくつかある世界大会が基準です。

・予選の組み合わせは例えばRBSSの場合は前日にくじ引きがあります。

 

・決勝大会のルールも「こうだろうな」と予想はできても、基本は現地入りしてからのブリーフィングで発表されます。

 

・イベントが大きくなればなるほど、スタッフ全員が把握できません。極端に言えば世界大会で、警備員のおじさんが知ってるのは自分の警備する場所とトイレの場所くらいです。「○○が知りたい」「それは○○に聞いてくれ」って選手とスタッフのやりとりは世界大会では当たり前の光景です。

 

・SNSをやっていないので情報が入ってこないとのことでしたが、今回はJF3のホームページで全ての情報を公開してました。入ってこないではなく、自分から必要な情報を探す、聞くというスキルも必要かと。(ただ、今回JF3のホームページのレイアウトが若干見にくいというのは私自身も感じていたので次回は修正していきます。すみません。)

 

・毎年予算の関係もあり、難しいのは事実ですが、残り時間がビジョンに表示されない世界大会も多いです。世界大会で戦える人達はすべからく30秒の時間間隔が身体に染みついてます。

 

と、こんなところです。

特に私がいくつもの世界大会で「情報を得ようとする努力」は必ず必要なスキルだと感じたので、そこらへんはただ情報を待っているだけでなく自発的な姿勢も必要だと思っています。

もちろん大会側としても選手が主役ですので、努力はします!

 

それでは最後にもう一度、JFFCに出場してくれた選手の皆さん、実現に向けて協力してくれた企業の皆さん、運営に携わった全ての人たち、そして当日観客として来てくれた皆さん、ライブ中継で見てくれた皆さん、あとから動画を見てくれた皆さん、見てはないけど気にかけてくれた皆さん、ありがとうございました!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事
2017-05-17 14:06:22

好きな事が見つからない

テーマ:ブログ

こんにちは、横田陽介です。

 

今でこそ、「好きこそものの上手なれ」を座右の銘として、これをテーマに講演会なんかでえらそうに喋ったりしていますが、自分は子どもの頃に胸を張って「好き」と言えるものがないのがコンプレックスでした。

 

好きなものといえば、ぷよぷよとドラクエで、これは友達には言えるけど先生には言えない類の好きだったし。

 

運動は好きで、鉄棒とかマット運動は得意だったから好きと言ってた時期はあったけど、そうやって入った体操教室には、毎日通ってて小学生で大車輪やらバク転を何回もできるような子がいて、そういう子たちを目の前にしたら「好き」と言えなくなってしまって。

 

サッカーも好きではあったけど、レギュラーじゃなかったし、サッカーが好きって言ったら「好きなJリーグのチームは?」とかそういう話になった時に全然知らないしついてけなかったので、なんとなく自分はそこまで好きではないのかなと思ってました。

 

 

似たような経験を持ってる大人は多いと思います。

似たような経験を今、している子どもも多いと思います。

 

そんな人たちは、最初は下手の横好きでもいいし、好きだけど何も知らない、でももっと知りたいと思えることにたくさん出会ってほしい。

ちょっとしたキッカケで、「好きになれそう」から始まってどんどん好きになっていけば人生はもっともっと輝いたものになると思います。

 

そんな、ちょっとしたキッカケがそこかしこに転がっているのがCHIMERA GAMESです。

 

今週末、20日、21日にお台場で開催されるので、是非動きやすい服装で新しい「好き」を見つけに来てください。

{EEF2D588-5389-4382-90EE-3EE78899DB43}

{4CB3ED5A-D819-43D3-AA58-4DD5F6EE1214}

{76F97D95-58B9-49BD-A4B7-925D00A20CC9}


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-05-03 10:34:55

5月のイベント!

テーマ:ブログ

4月はJFFCの準備、CHIMERA GAMES vol.3の準備、そして会社の決算と、忙しくてサボり気味でした。すみません。

5月、頑張ります。

 

さて、そんな5月の予定です!

 

5/4 STREET ACTION!! feat. CHIMERA GAMES
5/10 フリースタイルフットボールスクール
5/13,14 JFFC 2017
5/20,21 CHIMERA GAMES vol.3
5/23 Ball Beat個サル

-------------------------

5/4は
『STREET ACTION!! feat. CHIMERA GAMES』CHIMERAプレイヤーたちが埼玉のイオンレイクタウンでショー&体験ワークショップを行います!参加無料です。スケートボード、インラインスケート、BMX、ダブルダッチ、フリースタイルフットボールのスペシャルコラボショー&スケートボード、インラインスケートの体験ワークショップです。GWにレイクタウン行く!という方はぜひお越しください。

-------------------------

5/8はフリースタイルフットボールスクール!
毎回、子供から大人まで一緒に楽しくやってます!最近では、お父さん世代の人たちがスクールで大活躍!(スクール内ではオヤジーズと言われてます)そんな、オヤジーズたちや元気な子供たちと一緒にフリースタイルフットボール楽しむ仲間募集中です!👌

・場所 パライーゾ国分寺
・料金 大人¥1800 学生以下¥1500
・時間 20:00〜21:30

-------------------------

いよいよ5月に突入!
イベント盛りだくさん!
どれも見逃せません!
予定バッチリあけてください!

13.14はJFFC2017
20.21はCHIMERA GAMES vol.3!!

この2つは特に盛り上がること間違いないです!
CHIMERA GAMESのチケット欲しい方は
BBCメンバーに連絡してくださいね!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-06 10:55:45

俺は遊ぶのが仕事だ!

テーマ:ブログ

こんにちは!

文句は言わせません。私の仕事は遊ぶことです。

 

サッカーボールで世界をエンターテイメントしていくと決めてから、とにかく遊ぶようにしてます。

遊びを提供する側になるためには、まず自分が遊びを知らないと。

遊びを知らない人が教えてくれる遊びって、結構つまらなかったりするので。

 

ところで、エンターテイメントって生きてくのに全く必要ないんですよ。

2011年の震災直後は日本からエンターテイメントが一時的に消えたし、フリースタイルフットボールなんか知らなくても人生楽しむ方法は無限にあるし。

でもやっぱり、周りを楽しませるっていいじゃないですか。

無駄なことなんだけど、結構みんな無駄なこと好きだと思うんです。

だから自分は無駄なことをやり続けて、無駄なことのプロフェッショナルとして、みんなに無駄なことは決して無益ではないと伝えたいなと思ってやってます。

 

お客さんを楽しませる一番のコツは、ステージの上の自分が一番楽しむことだと思います。

でも嘘って結構ばれると思うので、ステージの上でだけスイッチを入れてはしゃぐのではなく、普段から一日一日を思いっきり楽しんでます。(おかげで飲み過ぎて今朝、寝坊しそうになったことは内緒です。)

なんでもぐだぐだとやるより、全力で、真剣に、頑張った時の方が達成感とかあって楽しいので、毎日を全力で、真剣に遊んでます。

私にとって、お金を稼ぐことも、ビジネスという遊びです。

稼いだ時は楽しいし、損した時は悔しい。ただそれだけの遊びです。(周りに迷惑かけると悔しいだけじゃ済まなくなるのでなるべく気を付けてます。)

 

遥か昔に日本にキリスト教文化と共に近代経済思想が入ってきた時に、「働く(労働=苦役)」と「遊ぶ」ことが対極にあるように人々に意識づけられてきたようです。

 

でも、日本語って素晴らしいですね。

 

働くの語源を調べてみると諸説あるようですが、一説では、「傍(はた)」を「楽(らく)」にすること。つまり、他人を楽にさせたり楽しませたりする行動が「はたらく」ということなんです。

遊ぶことは、自分を楽にさせたり楽しませたりする行動なので、古来日本では「働く」と「遊ぶ」ってもっと近い関係だったんじゃないかな。

そういえば、動物の遊びって、狩りの練習だったりしますよね。

 

遊びまくって、近代の常識をぶち壊そうと、毎日もがいてます。

ここ集中!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-05 10:15:23

初めてのアラウンドザワールド

テーマ:ブログ

こんにちは!

 

この前、思い立ってチュートリアル動画を撮ってみました。

まずは、フリースタイルフットボールの代表的な技であるアラウンド・ザ・ワールドです。

リフティングを続けることが難易度1だとすると、難易度10くらい。

フリースタイルフットボールという言葉ができるはるか昔から存在している技です。

 

はるか昔、20年以上前にキングカズが何かのTVでこの技を披露して当時のサッカー少年達の間で、「なんだあれは!!!???」「ブラジル仕込みのテクニックは半端じゃねえ!!」と話題になった事があるという話を聞いたことがありますが、実際の映像は見た事ないし、その話をしてくれた人も何のTVなのか覚えていなかったので本当かどうかはわかりません。

 

私がこの技を初めて成功したのは高校2年生の時でした。まだフリースタイルフットボールを始める前です。

高校のサッカー部の先輩がやってるのを見て、真似しようとしましたがなかなかできず、ふと誰かが「軸足も結構大事なんじゃね??」と言ったのがきっかけで意識してみたら初成功。

嬉しくなって、1か月くらいは練習の合間に周りに見せびらかしていたのを覚えています。

 

ちなみに日本だと、「世界一周」や「大車輪」と呼んでいる人もいるみたいですが一般的ではありません。

 

今後もチュートリアル動画をちょくちょく出して行こうと思います。

 

YouTubeのチュートリアル動画だと、YOくんが既に大人気のチャンネルを持っています。

丁寧さでは勝てないので(笑)、私たちはBall Beat Crewとして独自のユニークなチュートリアル動画をどんどん出して行きたいな~。

頑張ります。ここ集中!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
      芸能ブログニュース