自民党執行部が反執行部の代表格の舛添要一・前厚生労働相を党副総裁に充てる人事方針をいったん固めたものの、「幻」に終わっていたことが分かった。

 党幹部によると、副総裁就任を舛添氏に打診しようとしたが、連絡がつけられずにいるうちに、舛添氏が「一切の役職に就かない」と記者団に宣言したことなどから、断念したという。

福岡・能古島の遺体 海上の袋に両腕 被害者の諸賀さんか(毎日新聞)
横路議長、車いすで登院 長期欠席避けたかった?(産経新聞)
衆院に会派結成を届け出=たちあがれ日本(時事通信)
【高速道路新料金割引】現金とETCの割引区別なし(レスポンス)
カタクリ 薄紫色の花が魅了 栃木・那珂川の公園(毎日新聞)
AD