奈良県大和郡山市の医療法人雄山会「山本病院」(破産手続き中)の入院患者が手術中に死亡した事件で、業務上過失致死容疑で逮捕された元主治医の塚本泰彦容疑者(54)が25日朝、拘置中の県警桜井署で突然倒れた。同容疑者は病院に運ばれたが死亡した。同署が死因を調べている。 

【関連ニュース】
消費者金融元社長ら逮捕=架空債権、36億円詐欺容疑
劇団ふるさときゃらばんが破産=全国各地で公演、負債6億円
「これは、がんや」=検査前に手術決定か
計画書作成せず手術実施=山本病院患者死亡
必然性ないがん治療も=良性腫瘍の死亡患者に

感染経路は特定できず=愛知の鳥インフル(時事通信)
<逆走衝突>三重・伊勢自動車道で3人死傷 (毎日新聞)
<小沢幹事長>「敗因は政治とカネ」認める 長崎県知事選(毎日新聞)
感染経路は特定できず=愛知の鳥インフル(時事通信)
着のみ着のまま高台へ…緊迫の避難現場、岩手・山田町(産経新聞)
AD