警視庁三鷹署に建造物侵入の現行犯で逮捕された自称無職の男(34)が持っていたリュックから遺体のようなものが発見された事件で、司法解剖の結果、見つかったのは乳児1人の遺体と確認されたことが12日、同署への取材で分かった。

 同署によると、リュックには人骨や、腐敗して液状になった遺体が入っていた。乳児の性別や死因、死亡した時期は不明だという。同署は死体遺棄の疑いもあるとみて調べている。

 男は10日午後、東京都三鷹市の大学宿舎の女子寮前に立っているところを管理人に呼び止められたが、所持していたリュックの中身を見せるのを拒んだことなどから現行犯逮捕された。

【関連記事】
リュックの中身は「5年前に死んだ子供の遺体」 建造物侵入容疑で逮捕の男が供述
「のぞきたかった」と供述 早大生、女子トイレに侵入の現行犯で逮捕
富山大でビラ配りの活動家に2審も罰金刑 名古屋高裁金沢支部
被害者が外出先で発見、携帯で撮影 強盗容疑でウズベキスタン人逮捕
更衣室に盗撮カメラ設置 海士長を停職処分

災害医療で「医師会JMAT」を提案-日医委員会(医療介護CBニュース)
JR羽越線で停車駅通過=次駅に停車後気付く-新潟(時事通信)
「被害感情の過大視」否定=裁判員判決で控訴棄却-仙台高裁(時事通信)
<シー・シェパード>メンバーの男を艦船侵入容疑で逮捕(毎日新聞)
自民、条件付きで政治資金与野党協議会に応じる意向(産経新聞)
AD