NEW !
テーマ:

経済界のHP 
http://keizaikai.co.jp


にほんブログ村

kireiStyie 美の賢人ブログ

 

なんと、28歳の若さで、末期がんの宣告をされたという経験を持つ高遠智子さん。

当時は、もう朽ち果てるだけの身なのだから、せめて最後にフランスのモネの生家に行こうと決意し、さまざまな難関を乗り越え、車椅子で渡仏。

 

やっとの想いでモネの生家にたどり着き、感動して涙があふれそうになるのに、涙さえ出ないほど体が枯渇していたと言いますガーン

 

そんな状況での帰り道、水が飲みたくてマルシェに立ち寄るも、水は売っておらず、セミドライのトマトが売っていたそうですが、

 

実はトマトは大嫌いだった智子さん「もう私には味覚さえないのだから嫌いなトマトでも何も感じないだろう」と、セミドライトマトを仕方なくかじってみたぼけー

 

すると、じんわりと口の中に唾液があふれてきて、なんとも甘く優しい味が広がるではありませんか!!

 

抗がん剤治療などで枯渇して、体力も奪われ、泣いても涙さえ出ないほど枯渇した体の細胞が、「生きたい」とメッセージをくれたこの体験は、智子さんご本人が一番驚いたのですお願い

 

その後、オーガニックや薬膳を徹底的に学んだ智子さんドキドキ

 

壮絶ながん体験から20年余り経過した今は、オーガニック薬膳料理研究家として活躍しておられますクラッカー

 

この日は念願の対談ですウインク

 

9月にオープンしたばかりの智子さんのお店「陽光(ひみつ)」にて楽しく有意義な対談でした音譜

 

対談終了後は、智子さんのおもてなしの、薬膳料理をいただきましたラブ

なんと、はじめは青パパイヤの実とほうじ茶をから炒りしたお茶からはじまり

 

この日のブイヨンとリンゴを使った体が喜ぶスープ

里芋の素揚げ

ブドウと柿のお口直し

 

 

羊肉のハンバーグカレー風煮込み

そして〆は土鍋で炊いた出雲米と梅干ラブ

 

なんておいしいご飯でしょう(おいしすぎて写メ忘れ)お米の国に生まれてシアワセですっアップ

 

すべてのお料理は、お客さんの顔色や今日の体調、そして、お客様同志の会話をさりげなくチェックしながら味付けを決めるんだそうです!!

 

蒸した気温でほてり気味の私と、日頃の激務で慢性疲労の編集局長では、使う塩やハーブの種類など若干変えてあるのだとかウインク

 

なんという愛情のかけ方!!

 

おいしい料理を頂く機会は多いですが、「その日のあなたの体調と気分に合わせた料理」なんて、目からウロコですキョロキョロ

 

それも、智子さんがさくさくと作る姿を見ながら、会話をしながら、この時間を楽しめるなんて、素晴らしいひとときラブ

 

「お客さまが仕事の話に熱中しているときは、熱く燃える気持ちをいい意味で整えられるような食材や味付けで、今のその人に合わせたお料理を作るんです」

 

まるで処方箋のようなご馳走をいただいて、心も体も癒されましたニコニコ

 

現代では、24時間いつでもお弁当が買えるほど便利な時代になりましたが、

 

やはり「手塩にかけて」という言葉があるように、人の手で握ったおむすびはおいしいものですしおねがい

 

かつてはどこの家庭でも糠床に野菜を押し込んで糠漬けを作っていたものですが、最近ではそんなことをする人も少なくなってしまいました。

 

そんなことを考えていたら、割烹着姿の祖母がせっせと糠床をかき回していた姿を思い出しました照れ

 

その土地で収穫した旬の食材をいただくことが当たり前だったあの頃は、健康なんて誰も考えなくてもみんな健康だった時代から

 

飽食&便利食の時代になった現在の方が病んでいる人が増えてしまった現実が、食の大切さを物語っていますパー

 

日本はお米の国ですもの、お米をちゃんといただかなくちゃドキドキ

さて、あなたは最後の晩餐で、何が食べたいですか?

 

私は迷わず「納豆ご飯」チュー

 

食について学びのある素敵なディナーをありがとうございましたおねがい

 

予約制「陽光(ひみつ)」

港区六本木4-10-5 六本木410ビル4階

03-6721-1405

 

 

 

 

 

 

 

 

 

経済界のHP 
http://keizaikai.co.jp


にほんブログ村

kireiStyie 美の賢人ブログ

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

経済界のHP 
http://keizaikai.co.jp


にほんブログ村

kireiStyie 美の賢人ブログ

 

昨日は、時折土砂降りになる中、仮説テントで素敵なオープニングパーティーが行われ、素敵で楽しい時間でした。

 

その余韻を感じながら、いよいよ、このコースに向き合える瞬間がラブ

この日のパートナーは、森美術館理事長の森桂子さん、日本カバヤ・オハヨーホールディングスの顧問の小田教久さんです。

 

小田さんは、パラグアイ生まれ、アメリカ育ちで、アメリカ時代にゴルフに出会い、プロとして活躍し、日本に帰ってきてまだ10年目というユニークな経歴の持ち主で

 

しかも、最近ガンで手術をしたばかりなのだとおっしゃいますびっくり

 

「ボクは時々変な日本語喋るかもしれないけど、外国が長かったので、ガイジンだから、と思ってくださいね」と笑う小田さんドキドキ

大病から復帰後とは思えないほど明るく元気です。今日は、初めてこのゴルフ場でプレーをする私たちのアテンド役のようですニコニコ

 

森美術館理事長の森佳子さんは、父とも親交の深かった、森ビル社長の森稔さんの奥様です。時折、イベントなどでお顔は拝見していましたが、ご一緒させていただくのは始めてお願い

 

お立場柄、さまざまゴルフ場でプレーをする機会も多い森さんですが、とても謙虚でたおやかな素敵な女性ですラブ

 

父と親交の深かった森稔さんの話ができるチャンスに恵まれたこともとても嬉しいサプライズ!!

 

さて、スタート時はあいにくの天候で、レインウエアを着こんでのプレー開始ゴルフ

 

昨日のような土砂降りではなく、むしろ、木々の匂いが立ちこめる気持ちのいい空気の中でスタートです。

 

ココではすべてのホールにティーが6ヶ所あり、好きなところでプレーができます。

何せ、フルバックからだと8143ヤードという、日本一長いコースですから、飛ばし屋さんやプロはココからチャレンジ

 

また、一番前のティーからは5556ヤードですが、このティーは「レディースティー」という名前はついていませんウインク

 

その日の気分でどこのティーから打ってもいいというのも、ココのコンセプトです乙女のトキメキ

 

「ゴルフは、プライベートでやるときは、楽しむものですから、スコアも書かなくてもいいし、打ちたい場所から打てばいいんです」

 

確かに、私たちアマチュアは、プロを目指しているわけではありません。

 

「楽しみたい」といいながら、OBなどでペナルティカウントの数字を目の当たりにして、悔しさと苛立ちを覚えたりして、

 

ゴルフって実はストレスもたくさんあるんですよねえ~ガーン

ストレスを感じたり、落ち込んだりして、ゴルフなんか嫌いになってしまう初心者が多いことが実にもったいない。

 

しかし、「数えなくていいゴルフ」なら、リクリエーション的にもウレシイことですニコニコ

 

ゴルフというスポーツは、すべての人が同じフィールドでできる唯一のスポーツです。

 

プロの熱い勝負がかかったフィールドに、アマチュアが参戦できるなんて素晴らしいことですが、そんな場所で本気で挑むもよし、また、遊ぶのもよしチュー

 

こんなうれしいルールを堂々と実施できるなんて、最高!!

ラウンドに慣れていない初心者や、男だから、という理由だけでハードルの高い場所で打たなくてはならず、それが原因でゴルフ嫌いになっちゃうのはもったいないですもんねパー

 

「ボクはね、ちょっと前まではフルバックでガンガン打っていたんだけど、手術してからはそれができなくなっちゃったの。でも「レディースティー」なんて言われると、プライドが許さないでしょ。だから、どこのティーで打ってもいいなんて、実にありがたいんですよ」照れ

 

そう笑顔で語る小田さん。そうは言っても、さすがプロの底力を何度も見せてくれましたビックリマーク

 

この日はコンペではなく、「視察プレー」なので、スコアカードに書かなくてもよく、リラックスした雰囲気の中、ゴルフを楽しめました。

 

また、小田さんのアドバイスがツボにはまった森さんと私お願い

 

「人はそれぞれ体格も体の癖も違うのに、全員「同じ型」にはめようとするなんて変でしょ。体に余計な力を加えないほうがしなやかに振れるよ」

 

このアドバイスが実にツボにはまり、小田さんの言うままに振り子のようにのびのびと体を回したら、なーんと弾道が力強くなり、飛距離もグイーンと伸びました!!

 

下半身はどっしりさせて、膝は動かさない、上半身はリラックス〇×△〇●□、、、

 

ジュニアに教える基本形はそうかもしれませんが、年齢を重ねてカラダの硬いオバチャンにはもっと楽にしなやかに打つ方法があったのですクラッカー

 

いやいや、小田さんのちょっとしたアドバイスが、この日の何よりのプレゼントとなり、またゴルフの奥の深さと寛容さの両方を味わいましたお願い

このクラブのグランドオープンは来年3月ニコニコ

 

また、楽しみが増えましたゴルフ

 

 

 

経済界のHP 
http://keizaikai.co.jp


にほんブログ村

kireiStyie 美の賢人ブログ

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

経済界のHP 
http://keizaikai.co.jp


にほんブログ村

kireiStyie 美の賢人ブログ

 

日本カバヤ・オハヨーホールディングス、野津基弘社長肝いりのプロジェクトである

 

日本一長く、日本一美しいゴルフコース「THE ROYAL GOLF CUBE」のプレオープンパーティーのため、茨城に行ってきました車

この日は朝から天候が安定しない雨模様で、時折土砂降りという悪天候でしたが、そのせいか道路の渋滞はほとんどありませんでしたウインク

 

東関東自動車道潮来インターから約30分のドライブです。

 

実はまだクラブハウスが完成しておらず、仮設テントでの開催でしたが、華やかなお祝いイベントですドキドキ

 

野津社長のご母堂さまが沖縄出身というご縁から、琉球舞踊の若手・宮城茂雄さんによるお祝いの舞いがご披露されました。

 

琉球舞踊は重要無形文化財にも指定されている、格調高い踊りです。

また、美しく華やかな紅型染めの衣装は、琉球王国時代には、貴族や王族が着用していた特別な染物でもありますラブ

 

中国やアジアとの交流や、インドなどから染色の技術が伝承され、さらに日本からは友禅の和柄も伝わり、沖縄独特の気候や風土の中で鮮やかに育った紅型染め、にもうっとりラブ

 

ステージでは、野津社長の熱き思いが語られ、鏡開きが執り行われ、お祝いムードがさらに盛り上がりますクラッカー

お祝いに駆けつけたこんな方もニコ

 

この辺りは額賀先生の地元でもあるのです音譜

茨城よいとこ、自然に恵まれ、農業や漁業もさかんで、品質やお味の素晴らしい収穫物が多いのもまた魅力ですが、ゴルフ場の多い地域としても有名ですウインク

 

ゴルフ場激戦区でもあるこの地に、元々あったゴルフ場を完全リニューアルするという一大プロジェクト。

 

日毎にカタチになりつつあるなんて、実にわくわくしますねクローバー

 

ゴルフ場に隣接して、オハヨー乳業の工場があるので、このゴルフ場の茶店では、大人気の焼きプリンなどが食べられるんですってプリン

 

いやいや、ますます翌日の体験プレーが楽しみですゴルフ

 

お祝いムードが高まって、ピアノとヴァイオリンユニット「ヴィアーノ」による演奏でますます盛り上がります音譜

野津社長のご母堂さまから「何か書いて」と紙とペンを渡されたので、即席で似顔絵を描いちゃいましたウインク

華やかなパーティー、明日の体験プレーによる、コースお披露目への期待が高まりますお願い

 

 

 

経済界のHP 
http://keizaikai.co.jp


にほんブログ村

kireiStyie 美の賢人ブログ

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。