日本では、チヂミという名前が一般的ですが、韓国料理のジャンルの1つで、小麦を水で溶いた生地を付けて焼くものの総称を正式にはジョン(煎)と言います。冠婚葬祭には欠かせないものらしく、その時にはそれこそ出席する人数にあわせて何十枚と焼くのだとか…。


 というわけで、今回の韓国おかずはニンジンとニラ、そして鶏肉のジョンです。生地は小麦粉と水と卵。よく練ってグルテンを出すのがコツなんだそうで、これはちょっと意外なことでした。それから野菜類の刻み。とにかく形(幅や長さなど)を揃えることが重要。焼き上がって切るとき、食べる際の歯触りなどがこれによって変わってきてしまうのです。そのあたり、どれだけ丁寧にするかどうかができあがりの良し悪しを左右するのだと思います。なぁんて、偉そうに語ってるけど、これはずっと師匠の教えの元に料理を習ってきて学んだことの1つ。


L'art de Vivre-ジョン
 生地は結構ゆるめです。フライパンにお玉1つ分ぐらいを入れ、ニンジンやニラなどの具材が均等に行き渡るように、お玉の底で広げて行きじっくりと焼きます。この“じっくり”というのが肝。慌てずにゆっくり火を通す。ある程度焼けてきたら、またお玉の底を生地に押しつけるようにして、野菜の水分を蒸発させるようにする…。なんか、今までのジョンのイメージと違います。お店で食べるのは、お好み焼きちっくで、もっと分厚くて脂っぽかったりするのだけど、これは薄くてサッパリしているので確かにお酒のつまみに…というのも分かる気がします。ホント、旨いな~。粉ものはすぐにお腹が一杯になっちゃうので、好んでは食べない私ですが、これはどんどんいけちゃう。

そして、鶏肉のジョンは、ニンジン、ニラとはちょっと違って、胸肉を食べやすい大きさに切って、生地をつけて、これもまたゆっくり焼くだけ。フライパンに押しつけたりはしないけれど、弱火でじっくり。普通胸肉って、火を通しすぎると堅くなったりパサパサしがちですが、衣を付けたからかしっとりと美味しい!


 ちなみに、韓国ではジョンは雨の日に食べるものなのだそうです。外出をせずに冷蔵庫の余り物でゆっくりジョンを焼く…。何だか韓国の家庭の風景が見えてくるような気がします(って見たこともないのにね)。

AD

吸い込まれそうな青のお皿

テーマ:


L'art de Vivre-輪花皿
昨日の肴を盛りつけたのが、このお皿。栃木で磁器作りをしている友人・我妻淳さんの作品なんです。輪花皿という名の通り、花っぽくて可愛いというのもさることながら、写真ではちょっと上手く表現できてないのですが、この何とも言えない青色がいいんです。この微妙な色合いを出す釉薬を作るのに数年かかったのだとか…。私の最近の定番である韓国料理にも合いそうな色です。同じ色のお猪口と合わせて、晩酌の定番になりそう…。


この作家の器はここ(wistera storehouse―青い雑貨の店)で 買えます(品数は、徐々に増えていく予定だそうです)。


なお、7月一杯、宇都宮の『カフェケンゾーサン』 というカフェでミニ個展が開催されるそうですので、お近くに行かれたら是非。

AD

今夜のスタートは…。

テーマ:

師匠のなすんじゃさんの夏キムチのレシピが掲載されているというので、danchu7月号を買いました。夏野菜特集ですから、キムチレシピ以外にも魅力的なメニュー満載! これはこの夏かなり使えます!



L'art de Vivre-肴  というわけで、danchuを見ながら今夜作ったのはトマトのキムチと蒸しナス、赤みずのお浸し。トマトのキムチは衝撃の味です。ホント、何でもキムチになっちゃうんですね~。しかも旨い! トマトの果汁が唐辛子などの辛さをマイルドにして何とも言えない旨味が出てます。ナスは、蒸すと中心がゼリー状になる丸ナスが本当はいいのだそうですが、なかったので米なすを使ってみました。20分近く蒸した後、皮をむいて冷蔵庫で冷やします。大根おろしに生姜を添えて。赤みずは、たまたま八百屋で見つけたもの。即席漬け物やお浸しにと書いてあったので、ナムルにでもするかなと思いましたが、あっさりとお浸しに。噛みしめると、ちょっとだけネバネバ系の食感がします。なかなかの珍味。

今夜はこれでスタートして、厚揚げを焼いたり、スルメイカのわた炒めとか、そんな感じの予定です。

AD

 友人が、広いテラスのあるマンションに引っ越しました。というわけで、引っ越しパーティです。お料理は、何と彼女のパートナーが作ってくれます。これが、また素人とは思えないほどの出来映え。これまで何度もいただいており、最初は遠慮して少しはお手伝いを…とも思っていましたが、最近では、それもありがた迷惑かも…なんて思って、私たちはどっかりと座り込んで、飲みながらお料理が運ばれてくるのを待つばかり(苦笑)。



L'art de Vivre-イタリアン1


L'art de Vivre-イタリアン2
 さて、これがあったからここに決めたという彼女自慢のテラスは、本当に広い! しかも、大通りの喧噪が嘘のように静か。これからの季節、ここは毎晩のようにバーと化すに違いない。それに、プランターには野菜もずいぶん植えられているらしく、これも楽しみですね~。うらやましい!



L'art de Vivre-イタリアン3



L'art de Vivre-イタリアン4  というわけで、本日のメニューは、前菜3種に、ゴルゴンゾーラチーズのペンネ、カチャトーラ(鶏肉のトマト煮込み)などなど。どれも美味しい! ワインも泡に始まって白、赤…、いったい何本飲んだんだか。暗くなったら、部屋に入ってデザートもいただいて。実に美味しく楽しい夕べでした。また、お邪魔します!!(と、勝手に決めたりして…)