はなすようにふく

トロンボーン奏者・玉木優のブログです

トロンボーン奏者・玉木優のブログへようこそ!

オフィシャルウェブサイトhttp://www.yutamaki.com/

テーマ:
久しぶり!バンドジャーナル発売についてのブログです。

連載はこれまでもずっと毎月書かせていただいて、掲載されているのですが、ずっと余裕がなくて数ヶ月ぶりになってしまいました。



今日発売の8月号にはタンギングとビブラートの誤解について書きました。

タンギングは想像するに、おそらく大昔、外国の教則本を日本語に訳した時にたくさんの語弊と間違いがあったんだろうと思います。日本にはタンギングを「舌を突く」と理解している人が未だに多いのかもしれませんが、「突く」だとどうしても乱暴になりがちですし、タンギング発生の原理と矛盾しています。

ビブラートには文化圏とスタイルの影響が大きいですが、間違って使用されることが結構あるように感じます。ビブラートをどういう風にかけるかは、奏者個人の裁量に任されているところが大きいとは思いますが、クラシック音楽の語法からはかけ離れた、正直言って趣味が悪いものが多く聞かれるのも現実です。

ぜひ読んでみてください!

過去の連載では、

7月号には日欧米・プロオーケストラの様子について書きました。リハーサル の様子、本番の日など、それぞれ特徴的な点を比較してみました。

6月号には、「歌うこと」和声感について書きました。「歌うこと」とはどういうことなのか。一番シンプルな和声進行の形、カデンツを取り上げ、和声進行を軸に説明しました。

全30回の連載も残すところあと3回!
最後まで頑張って書いていこうと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
お知らせ4点!

・7月17日日曜日15時から、神戸の王子動物園近くにある、横尾忠則現代美術館でソロコンサートやります。共演はピアノの仲香織さん。プログラムは1時間弱で、世界の夏の歌と、Bozza/Ballade、Guilmant/ Morceau Symphonique、Bernstein/ Elegy for Mippy IIなどです。入場は無料です。演奏終了後の17時から外でお祭りをやってるそうですよ。地ビールやまぜそばなんかの屋台が出るそうです。http://www.ytmoca.jp/event/2016/07/post-87.html



・7月27日水曜日&30日土曜日、今年もスライドジャパンやります!今年は大阪と東京。7月27日水曜日@豊中アクア文化ホール・30日土曜日@川口リリアホール・ともに19時から。去年のTAKE OFFに続き、パワーアップした第二弾のタイトルはFLY HIGH。プログラムは、ガブリエリやブルックナーといったトロンボーンアンサンブルの醍醐味的なサウンド、去年大反響だったブルジョワのオステオブラストの再演、大人気のスターウォーズやパイレーツオブカリビアンなどの映画音楽など。詳細&チケットはこちらまで→http://slidejapan.com/ チケットは個人的にも承りますのでご連絡ください。





・8月には東京で兵士の物語やります。活躍中の音楽家の皆さん、俳優やダンサーの皆さんとの共演が楽しみです。どんな舞台になるんでしょうか!世田谷パブリックシアター・シアタートラムにて全8公演。https://setagaya-pt.jp/performances/20160805heishi.html





・ヤマハミュージックメディアから、以前に出版された「日本の名曲」がリニューアルされて7月22日に発売されます。これはピアノ伴奏譜とカラオケCD付きのトロンボーンソロのための楽譜集で、「花は咲く」や「糸」など新たに7曲のアレンジが採用されています。僕はこの楽譜の監修を担当しました。是非ご覧ください。http://www.ymm.co.jp/p/detail.php?code=GTW01093352

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


昨日のリサイタルへお越しの皆様、ありがとうございました!!
正直に、昨日の演奏は今の僕ができる最高のものでした。それがなんとか出ました。
 
このリサイタルは去年の夏から企画・準備をして、5月の東京公演を経て、昨日の大阪公演を迎えました。
「殻を破る」というタイトルには、何か大それたことをやってやろうとか、常識を覆してやろうみたいな意図は全くなくて、今回のリサイタルを端的に表現する言葉は何かと考え、ごく個人的な思いでつけました。
 
人生というのはどんな舞台にいても常に挑戦だと思います。何に挑戦するのか、何を重要視して、どういう風に挑戦するのか。これらは個人に与えられた自由で、生き方は人それぞれですが、僕はこのリサイタルの取り組みや音楽への挑戦を経て、少しでも先に進むことができたらなと思っていました。
 
東京公演は思い入れが強すぎて、真剣になりすぎて、楽譜や音楽と自分との距離が近すぎて、自意識過剰になってしまい、精神と肉体のコントロールがあまりうまくいかず傷の多い演奏でしたが、大阪では一歩引いた目で見渡せるように取り組みました。冷静に見ている自分と芯から燃えている自分と。幽体離脱したような、2つの存在が同時進行したような感覚でした。
 
リサイタルの計画を始めて昨日まで約1年間、今は自分が想像していたのとはまた全く違った景色が広がっています。音楽の向上とか技術の進歩で身に付けられた部分もありますが、そんなことよりも、自分という人間が何者なのか、一体何のために生きていて、何を目指していて、何に幸せを感じるのか。そういったことを、前よりもさらにクリアに自覚することができます。
 
結果的には、自分自身を音に見いだすことだと思っています。日々楽器を手にし音を出しているけれど、研ぎ澄まされた空間に自分の音色がただ純粋に広がる・・・そういう瞬間は正直言ってこれまで生きてきて数えるぐらいしかありません。でも1秒でも自分の心が芯から震えるような音が出た時には、何物にも代えがたい幸せを実感します。その瞬間の感動のために音楽を続けているんだと思います。だから悩むし、辛いし、楽しくなんかないし。
 
どういう風に音楽と接しようが個人の自由ですが、僕にとってはこういうことなんだろうなって思います。殻を破るっていうよりも、自分を覆っていた殻がほろほろと剥がれていくような、そんな感覚がありました。
 
またこの夏については追ってお知らせさせていただきますが、夏以降は日本での活動は当分お休みして、ヨーロッパでもう一度じっくり自分の音を洗練するということをやりたいなと思っています。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。