鳩山由紀夫首相は22日付の鳩山内閣メールマガジンで、政治資金規正法違反(虚偽記載)罪に問われた元公設第1秘書勝場啓二被告が有罪判決を受けたことについて「大変残念なことであり、責任を感じている」と述べた。その上で「身を粉にして国民のために働かせてもらい、政権交代により大きく政治を変えてほしいとの期待に応えることで、責任を果たしていきたい」と強調した。
 首相はまた、同日午後の衆院本会議で、検察に任意提出した関係資料の国会提出について「プライベートな部分は必ずしも公表する必要はない。提出資料は検察がすべてを調べ、その上で処分を下したと理解している」と述べ、消極的な意向を重ねて示した。ただ、「国会のしかるべき場で議論して、決定していただきたい」と述べ、国会が決定すれば従う姿勢も示した。 

【関連ニュース】
沖縄訪問「しかるべき時機に」=鳩山首相
鳩山首相元秘書に有罪=禁固2年、猶予3年
北教組幹部、起訴内容認める方針=小林氏陣営への違法献金事件
高速料金の割引維持=党に配慮、道路整備にも充当
普天間、5月の日本政府回答待つ=鳩山首相の約束期待

石綿被害で首都圏の建設労働者が2次提訴(産経新聞)
「政策不一致」の数合わせ 舛添新党の暗い船出(J-CASTニュース)
主任介護支援専門員のフォローアップ研修会、6月に第1回開催(医療介護CBニュース)
将棋 鋭い攻め 羽生が連勝 名人戦第2局(毎日新聞)
<訃報>見掛道夫さん88歳=元阪神タイガース社長(毎日新聞)
AD