ま・・間違えた

テーマ:
少し前の記事、『試験期間』で間違いがありました。

ス○イルゼミではなくスタ○ィサプリでした。

とんでもない間違いしてしまった(汗)

ス○イルゼミは、ベ○ッセの個人情報が漏洩してすぐにダイレクトメールを送りつけてきた会社だったわ。

参考にしてしまった方がいたら本当に申し訳ないです・・・ orz
AD
昨日、ネギマさんは学校に全県模試なるものを受けてきました。

マークシート方式かと思ったら違ってたみたいで、相当悲惨な状態だったようです。

「志望校選べって書いてあったけど、そんなん全然わかんないから適当に書いてきた。」

ちょ・・レベルの高いとこ選んでないだろうね・・・


中間テスト期間中ですが、今回の試験勉強はもっぱら動画頼み。

進研○ミを退会し、かわりに入ったスタ○ィサプリ(←訂正しました)がネギマのツボにはまったのです。

あと『ある男が授業をしてみた』の葉一さんの動画も活用中です。

ネギマは、筆圧の問題で板書や大量の文字を書く事に苦痛を感じます。あとノートを書くのに必死になってしまって内容が頭に入りません。

あと、デイの塾で勉強のやり方にダメ出しをされたことがきっかけで、教科書を見ながらのテスト勉強が全くできなくなっていました。

その件がきっかけで、個別指導が一番ネギマが落ち着いて学べる環境だと気がついたのですが、さすがに個別指導の塾や家庭教師をつけるなんてことは予算的に無理です。

一体どうしたら・・と思っていた時にたまたま見つけたのが動画とスタ○ィサプリでした。

正直、1年の時のトラブル時にこれを発見できていたら、ここまで勉強が遅れることはなかったのではないかと残念に思っています。

どちらも内容にそったテキストをコピーして使うので書く文字は少なくてすみます。あと、間に合わなかったら一時停止ができるのでありがたいです。

何より個別指導みたいなものなので、ネギマの食いつきが違いました。

数学と国語はスタ○ィサプリの先生の方がいい。社会は葉一さんがいいという感じで使い分けもしています。(数学と国語はものすごい食いつきっぷりでした)

まだス○ディサプリは5日前にはじめたばかりで、どれだけ効果が出るかはわかりませんが・・

今までは私が毎日テキストを作成していたので、それから解放されるだけでも嬉しい。ぜひ続けてください(懇願)

試験前

テーマ:
今日から試験期間に入るネギマさん。テスト範囲をもらってこないといけないから学校を休めないとブツブツ言いながら登校していきました。

つまり行き渋りがあったということなんだけど、原因はすでにわかっています。

というのも1年の時のクラスは行事や試験期間になると不安定になってしまう子がけっこういたのです・・特に女子が多かったかな。

で、その不安定になっている子が何かしらネギマに言ったりやったりしてくるのです。

だからネギマは今まで一度も落ち着いて学校の試験を受けられた事がないのです。

特にひどかったのが後期の試験当日でした。登校中にネギマを凹ませるような話をした子がいたのです。

ネギマが泣きながら電話をしてきたので、落ち着かせてから話を聞きました。

「なんでそんなわけのわからん話をわざわざテスト当日にする必要があるの?」と思うほど、内容はなんの根拠もない(ネギマの)悪い噂話だったのです。

その子に先生が状況を確認したら、『小学校時代の話です。今のクラスの話じゃないのになんでそう思ったんだろうな~』と言っていたそうです。

ネギマはその話を聞いて「一言も小学校時代の話なんて言ってなかった。ずっと信頼してたけど・・もうダメ。信頼できなくなった」と嘆いていました。当時はまだトラブル中だったため、トラブル相手二人が悪い噂をクラスで流していると思い込んでしまったのです。

当然この時の試験結果は悲惨なもので、得意な英語ですらいい点が取れず、勉強に対する意欲をすっかり奪われてしまいました。

よくよく思い起こすと試験前のトラブルにいつもこの子が絡んでいることに気がつき、試験前や当日は近づかない方がいいと話をしました。(クラスは別ですが登校時に会う時があるので・・)

今のクラスは前のクラスほど極端に不安定な雰囲気になることはないのですが、行事前になるとなぜかネギマの周りに人が集まってくるようです。グループが苦手なネギマは1人になかなかなれず困惑しています(汗)

なぜネギマにくっついてくるのかは謎ですが、少なくとも嫌な事を言ったりやったりはしないから安心という部分があるからかもしれません。

「きっと今日からみんなくっついてくるんだろうな。Nさんはこういう時に絶対不安定になるからつらいよ・・・」と嘆いていました。

確かにくっつかれるわ いろいろ言われるわ 嫌がらせされるわ・・たまったもんじゃないでしょう(汗)

まぁ、今日のクラスの様子を聞いてあまりにも試験に影響しそうな感じだったら別室登校か欠席・・するしかないのかも。

さきほど「どうしてもつらかったら早退してきていい?」と電話がかかってきました。

「いいよ。だけど試験範囲のプリントだけはしっかりもらってきてね」と言いましたが、はたしてどうなるかなぁ・・。

今日は1日自宅待機だわ・・ガクリ

強くなったね・・・

テーマ:
授業と部活の合間にネギマからメールがきました。

Nさんの嫌がらせともとれるちょっかいが全然おさまらないようです。

先生に「やめてと言えばいいよ」と背中をおされ、私からは「なるべく名前をつけてやめてといってごらん」とアドバイスを受けて実行にうつしたネギマでしたが・・・

「プップクプ~~~」とわけのわからない言葉で返されたり、「Nちゃん?誰なのそれ~~?(笑)」と言われただけらしい。

1年生の時とはもう全然印象が違う・・・ここまでやる子だったとは正直思ってなかった。

でもこれで、前のクラスで3人グループの間で、トラブルが絶えなかった理由がよくわかった。

この子はやはり「かまってちゃん」なんだと思う。ネギマを押すとなにかしら言い返してくるのが嬉しくて仕方ないという感じがする。

あと、できない事をバカにしたり、人が失敗したことを大げさにさわぐのは、小学校の時にNさんがやられてきたことなのかもしれない。

「自分より弱い子がいる。今まで自分がやられてきたことをこいつにやってすっきりしよう。」

ネギマがいじめをうけてきた1組の中にこういう子がけっこういました。

できないことが多いネギマをバカにすることで自分を上げ、支援を「特別扱いされてて気に食わない」と妬んでひたすらいじめてくる。

ネギマがNさんを「健常児だからヘタに何かすれば嫌がらせがエスカレートするはず」と警戒するのはそのためだと思う。


私はNさんの一連の行動で一番効果があるのは無視することだと思っています。

この学校の方針に反することにはなるけれど、ネギマが嫌なことをされないための一つの方法になるのではと思っています。

ただ、急にネギマが反応がなくなったら、一時的に押したりする行動がエスカレートするかもしれません。

なにより「自分がされて嫌なことはしたくない」とネギマがその方法を嫌がる可能性もあります。


「無視するのが一番だけど・・そろそろ、かーちゃんから学校に連絡いれたほうがいい?」とメールすると、ネギマからすぐ返事がきました。

「大丈夫、そこはできるとこまで自分で解決する」

ほんと・・・強くなったなぁ・・・。

昨年度とは違う

テーマ:
ネギマさん、なんだかんだと嫌なことをしてくるNさんの対策に悩みつつ毎朝登校しています。

昨年度はトラブルが急だった上に介入なしでは解決できそうになかったため、早くから親が学校と連絡を取って密に関わってきましたが、今年度の私は今のところ静観のかまえです。

・・かといって、放置しているわけではなく、ネギマさんから相談されたらきちんと相談にのっています。

こちらが学校に連絡するのは、特性上の問題で配慮してもらわらないと難しいこととか、緊急で病院に行く時のみです・・今のところは。

前と違ってクラスで仲良く過ごせる子達がいるのがなんといっても大きいですね。(ただ疲れがたまると人と離れたくなるのは相変わらずですが。)

あと、私が関わりすぎてしまうと、自分から解決する力、回避の仕方などを考えなくなってしまうような気がしたので。

これから先の進路を考えると、トラブルを回避する術、誰かに相談する術はがっちり身につけておかないと厳しくなってくるように思います。

大きなトラブルを通じて回避する術を徐々に身につけてきたし、何か心配事があると担任の先生に電話を入れたり、面談を申し入れたりしているので、すごく精神面的に成長しているな・・と感じます。

学年が変わってやっと自分のクラスで過ごせるようになり、授業もしっかりうけてくるようになりました。

時折持ち帰るプリントを見ると一生懸命授業に取り組んでいるのがわかります。

だって・・今までひらがなばっかりだったのに、漢字でちゃんと字が書いてあるんだもの!(そこ?)

嫌な話ばかりでなく、友達とのやり取りの話も家でしてくれるようになりました。

1年かけてやっと普通の学校生活を取り戻せたという感じです。

まだまだ油断はできませんが、これからも見守っていきます。
昨日、ネギマさんから暗い声で電話が入りました。

内容は「Aちゃんと距離をおくことにした」というもの。

「帰ってきてから話を聞くね」と電話を切りましたが・・・「去年と同じ悪夢再来か」と暗澹たる気持ちになりました。(それこそ本気で血を吐きそうになるほど。)


Aちゃんもネギマさんもトラブルにならないようにお互い気をつけてはいるようですが、

『ネギマは疲れるとどっぷりマイナス思考になり一人で行動したがる。』

『Aちゃんは、他に一緒にいられる相手がキープできていれば相手をあっさり切り捨てられる』

二人とも根本の部分はあの時と何も変わっていませんから、正直まったく油断はできません。

電話の会話から、ネギマさんは前と同じで人と過ごす事に疲れきってしまったから距離をおきたい、それはけっして絶交ではなく疲れが取れるまでの一時的なことと考えているようです。

直接伝えるにしろ「距離を置くというのはけっして絶交ではない」という事を、1人では教室で過ごせないAちゃんによほどうまく伝えないと、あの時と同じようなことになってしまう可能性はゼロではありません。

うまく伝えられればいいのだけれど・・・ ガクリ ←血を吐きそう



ちなみに疲れの原因はずっと教室で過ごしていて、1人になる時間が全くないから。

2年生になってからネギマさんは別室を利用していません。

1度か2度、体調不良で保健室には行きましたが、あとはほぼ教室で過ごしています。

たまに廊下に出る時はあるようですが、それも数えるほどだけです。

ただ、その分どうしても精神的に疲れがたまるようになってしまいました。最近は部活にもしっかり参加しているので体力的にもかなりつらそう。

ただネギマさん自身「あまり授業を休みたくない」と言っているので、なるべくその気持ちをくんであげたい。

でも精神的疲れがたまればどっぷりマイナス思考になり、考えなしに自分の思うがままを口にしてしまってトラブルになってしまうかもしれません。

休息をとるタイミング、気分転換もまだ上手ではありませんしね・・・(汗)

なので今後は、授業に影響が少ない6時間目に別室に行かせてもらうとか、休んでも差しさわりがなさそうな土曜日を休養にあてるしかないかなと考えています。

あと部活も毎日ではなく休めそうなときは休む。でもネギマさんは理由がないと休みにくいというんだよなぁ~。別に疲れもちゃんとした理由だと思うんだけど・・私たちの時代と違ってさ(汗)

まぁ、これもネギマさんの気持ち次第・・もしそうしたいと言うのであれば、明日学校に行くので先生に相談しようかなと思っています。