無垢と光と風の家 with 埼玉県民共済住宅

夏の通風や冬のポカポカ太陽を取り入れるエコハウスを建てたい! 冒険好きとらじの 県民共済住宅の家造りブログです♩


テーマ:

以前から何回か記事に書かせていただいた、




「我家の1階と2階の変なズレ」




についてです。




それぞれプロの見解は下記の通り。




県民設計士さん


→ 「構造上良くないけど可能」




友人建築士Kさん 


→ 「この形状でズレてると、横からの揺れの負荷が大きい。まぁ壁で支える(ダイライト)なら。。」






次に先日訪れた大型マンション(鉄筋RC構造)の営業マンの一言。

→ 「建物はL字型になっていると、横からの揺れで接合部分にヒビが入りやすいんですよ。」




「L字型。。。んんん??? L字型! そういう事かぁ~~!!叫びガーン






つまり、下記の様な事みたいです。






まず、建物耐震性としては、四角い総二階が一番強いです。


でもそーはいかないでしょ、、って事で色んな凹凸が有る形状になります。






変更前の我家は↓こんな感じ。 (おそろしく絵が下手で申し訳ない。。。)




photo:01




点線部分が2階で、1階より2階の方が少し狭い形状です。





友人Kさんが図面見て1分で指摘したのはこの○で囲った部分のズレ

photo:04






下記の様に、建物の横からの揺れに負荷が大きいとの事でした。




photo:03







それでも1階2階が揃ってないお家なんて沢山ありますし、建築士それぞれの意見が有るので何ともな~ってちょっと思ってました。





でも今回マンション営業マンの話を聞いて分かりました。。(どれだけモデルルーム回ってんだって話ですが、、)、





問題は単に1階と2階がズレている事じゃなくて、やはりズレている位置みたいです。


まぁそれでも、きちんとした県民が保証しているし、ダイライトだから大丈夫だとは思うんですが、





揃ってるに越したことは無い。







ですよね。。。


あくまで我家のケースですので参考にならないかもしれませんが、私自身がこういった揺れに対する建物の負荷についてもっと早く知っていたかった、、と思ったので記事にしてみました汗


備考 (主人は私のお絵かきを見て腹を抱えて笑ってました~。。シラー






AD
いいね!した人  |  コメント(4)

[PR]気になるキーワード