國安の郷ライブ

テーマ:
こんばんは星空三日月

広報かよぼんですブタ
昨日は、おんがくどうが設立して初めての國安の郷ライブでした。

田舎だから、いいものは聴けないのでなく。
田舎からいいものを発信していくし、田舎から出ていく若手ミュージシャンの応援をしたい、と始めた國安の郷ライブ。
今回は、3年以上ぶりに開催、第6回目のゲストは、地元アマチュアミュージシャンの大谷さん、ハチトーさん、そして八幡浜出身のさかもとふみやさん!そして、りりィ+洋士さんの二人。



照明や


音響セッティングをバタバタとし、当日の朝、リハーサルでした。

私は、ひたすら音響のSさんに聞きながらの動きです、まだまだわからないことだらけです。
でも、忙がしいSさんにあえて聞いてます。だって、ミスったら機材壊すし、知ったつもりでやると舞台が台無し、ミュージシャンの方が気を使いながらやるステージになってしまいかねません。

なので、今日もひたすらSさんに聞きながら(ごめんなさい)動きます。

お昼もそこそこに、もう本番!

毎回思いますが、プロの方の前座をするアマチュアの人がものすごい緊張感を持っていい演奏をしてます。
プロの世界とは違うけど、アマチュアだから出る生きざまがいろいろあって、とても味わい深い目

ホンワカした空気のなか、さかもとふみやさん登場!
空気が変わります。

ふるさとは、どこにいても薄らぐことなくむしろ濃いく濃いく滲み出てくるようでした。

そして、最後にりりィ+洋士のライブ。
りりィさん、とてもかっこよく、でも新鮮なみずみずしい声に、舞台袖から見とれ聞き惚れました。

洋士さんのまたしゃべりと、歌う声にまたまたしびれました得意げ
低い、ささやくような歌、あんないい声の方が本当にいるんですね。

毎日聞くのは免疫が必要ですね、メロメロになるかもしれません。

お客さまにも、ゆったりたっぷり、かぶりつきでライブを楽しんでいただける会場でした。

ライブ後
打ち上げで、りりィさんたちと一緒させていただきました。



気さくに、音楽の話をしていただきました。

また会いたいです。

次会えるときにはまたスタッフとして、音楽好きとして、今より成長して会いたいなぁ。

ライブに来てくださったお客さま、遠いところからうわじま来てくださったミュージシャンの皆様、本当にありがとうございました。

第7幕でまたお会いできますよう、おんがくどうスタッフ一同、進化していきますかお
AD