2011年ドリプラ世界大会「感動大賞」
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-12-01 11:04:30

松島湾の真かきを守る

テーマ:ブログ

知っていますか

世界で生産されている牡蠣の多くは日本生まれのマガキだってこと。

半世紀前、フランスの牡蠣絶滅のピンチを救うため、宮城県から種牡蠣が輸出されました。

今では、その子孫が9割以上に・・・

美食の国フランスで愛される牡蠣は浦戸から移住したマガキなんです!

そうなんです!

日本全国で養殖されている牡蠣もほとんどが浦戸諸島で採収した種牡蠣なんです!

 

松島湾で生まれた新しいブランド「真かきくん」

牡蠣は、一日に200リットルもの海水を体内に取り込み、たっぷり栄養を吸収する生き物です。それだけに「水」の影響を受けやすいとも言えます。宮城県松島湾は閉鎖的水系で牡蠣養殖に適しているので松島の牡蠣は小粒ですが、味が濃厚で美味しさも栄養もギュッと詰まっています。

 

1990年前後からは、無菌海水で牡蠣を浄化する「浄化場」を整備して牡蠣の安全性を高めてきました。宮城県松島湾の牡蠣が「生食用」として選ばれ高く評価されているのは、環境と設備に裏付けられた安心感があるからこそ、他の産地に先駆けて牡蠣トレーサビリティシステムも稼動し、日本で最も信頼できる品質をお届けしています。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-11-26 12:34:46

松島湾の真がきくん!

テーマ:ブログ

浦戸桂島は日本三景松島湾のど真ん中の離島。寒流の中で育まれた牡蠣は川から流れる栄養分と海の潮の干満の差と太陽の恵みを受けて育ちます。生食用では小粒で日本一美味しいと言われている。

その松島でオーストラリア方式のシングルシートの新しいブランド牡蠣「真かきくん」が誕生しました。

「真かきくん」は高級料亭、レストラン向けで生食でも焼き牡蠣でもOKです。

知っていますか

世界で生産されている牡蠣の多くは日本生まれのマガキだってこと。

半世紀前、フランスの牡蠣絶滅のピンチを救うため、宮城県から種牡蠣が輸出されました。

今では、その子孫が9割以上に・・・

美食の国フランスで愛される牡蠣は浦戸から移住したマガキなんです!

そうなんです!

日本全国で養殖されている牡蠣もほとんどが浦戸諸島で採収した種牡蠣なんです!

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-11-21 01:45:03

牡蠣養殖後継者育成

テーマ:ブログ

【なぜ牡蠣養殖か?】

震災後、上記9人で行っていた牡蠣養殖が今年3月末で5人。これでは牡蠣養殖が出来なくなる!現在、牡蠣の共同処理場は1人年間約250,000円で運営して来たが5人なると1人当たりの負担が増える。そればかりでなく共同で行う作業もいっぱいある。それも1人の負担が大きくなる。桂島の牡蠣養殖を守るためには、どうしても新たな人材が必要なのだ。

 

65歳を過ぎたらお国の厄介者になりますか。それとも島の宝になりますか。】

どんどん高齢化が進み、牡蠣、海苔の養殖業の引退が増えている。漁業以外産業のない島では、そのまま老後生活に入ることになる。その人たちも出来る仕事を与えることで生き甲斐を見つけ、元気な老後のコミニューティを図る場所を提供したい。

 

【成功例を積み上げることで、移住者を増やす】

28年1月から牡蠣養殖の漁業体験を行い、4月より「牡蠣養殖見習い」している43歳男性が順境に育ち、今月8日住民書を桂島に移動した。これを定着させ育成することが第一の成功例となるようにして、次の後継者つくりに繋いで行く。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-11-19 19:29:11

浦戸桂島で牡蠣養殖後継者育成

テーマ:ブログ

◇活動の目的

宮城県松島湾の湾口部、桂島、野々島、寒風沢島、朴島の4つの有人島と260余島からなる浦戸諸島。風光明媚で穏やかな日本三景の一つ松島湾のど真ん中で俳聖松尾芭蕉も讃え島々が目の前に浮かぶ絶景地だ。伊達藩の江戸廻米の港として繁栄するも、今では少子高齢化や過疎化で衰退。また、今回の震災で島を離れる人が続出、島の存続さえ危ぶまれる。万葉の昔より、豊かな大自然を舞台に、この浦戸に住む人達が漁業で暮らしと歴史を育んできた。しかも、漁業を取り巻く環境は決して易しいものではありません。それでも漁業を続けている島民の皆さんのお陰で〝豊かなふるさとの自然環境〟が守られ美しい景観が維持されている。

東日本大震災より、浦戸桂島では80数軒の内、約半数の40件が流失または全壊以上の壊滅的な被害を受けた。また、海水浴場やハイキングコース、休憩所などの観光交流施設、それに基幹産業である牡蠣・海苔の養殖業に甚大な被害を受け交流活動が停止するなど従来の地域社会や地域経済の循環が失われ、これまでの取組やビジネスモデルの変更に迫られております。

桂島の復旧復興の第一は主産業である養殖業の再生である。特に牡蠣養殖は昨季、高齢などを理由に3世帯が引退した。現在、後継者が全くいない状態なので後継者を育てることが島の悲願でもある。第二は自然を活用した交流人口の増加を図ることである。みらいプロジェクトへの応募を通して後継者を育て、養殖業を守ること。地域のコミニューティを再生して、雇用、人材育成などの社会的課題を解決しながら、自立した新しい「ふるさと愛ランド」※1のモデルを形成したい。浦戸桂島の生活と産業を守るため漁業体験のツーリズムを企画し交流人口の増加を図る。その中から牡蠣養殖の長期見習いを実施する。島の受け入れ態勢を整備する。将来的に牡蠣養殖を生業として桂島へ移住して島の後継者になるよう育てる。特に、島民の雇用に当たっては「65歳を過ぎたらお国の厄介者になりますか、それとも桂島の宝になりますか」を合言葉に現役を引退したお爺ちゃん、お婆ちゃんをお願いする。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-06-30 04:45:38

仙台から約1時間の海水浴場は

テーマ:ブログ

風光明媚で周囲を岩礁で覆われた穏やかな海、家族連れ、お子さん連れには最適な海水浴場が仙台から約1時間の塩釜市浦戸桂島「マイビーチ鬼ヶ浜」である。今年は716日から遊泳できます。

皆さんが楽しく遊泳できるよう砂浜から、23mところに宝島()を計画中。

海の家も充実で特にBBQがお勧め、手ぶらで行っても、BBQのセットが用意され、材料も海鮮セット、お肉セットと充実。BBQは事前予約が必要です。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。