2011年ドリプラ世界大会「感動大賞」
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-06-23 02:08:15

仙台周辺の海水浴場

テーマ:ブログ

海水浴場「マイビーチ鬼ヶ浜」



松島湾、浦戸桂島にステキな砂浜「鬼ヶ浜」がある。太平洋に向かって佇む風光明媚な絶景地で、周りを岩礁に覆われた綺麗な遠浅の砂浜である。仙台周辺で、これほど景色が良く、安心安全な海水浴場はほかにないだろう!
全国のボランティアさんの支援を受けて、アクセスする歩道を造り、鬼ヶ浜周辺の竹藪などを刈り込み、砂浜に打ち上げられた船、タイヤ、流木などの撤去と清掃、ダイバーを投入して海底のガレキなども片付け海水浴場造りを進めて来ました。この夏も海水浴場として4年目を迎えオープンします。

【期 間】 平成28年7月17日(日)~8月28日(日)
【遊泳時間】 午前10時~午後4時
【場 所】 塩竈市浦戸桂島 鬼ヶ浜
【交 通】 マリンゲート塩釜から市営汽船(浦戸行き)3つ目の「石浜」で下船、徒歩10分
【ご利用】 ご利用は無料です。
      ご利用に当っては全て自己責任に於いて安全にご利用ください。
【施 設】 トイレ、温水シャワールーム、脱衣所、海の家
     行政などの支援、援助を受けず、全国の皆さん募金などで整備しました。
【海の家】 ラーメン、カレーライス、牛丼、軽食、ジュース類、アイス類、掻き氷、
      生ビール、缶ビール、BBQ予約制 など。
AD
2016-06-18 15:21:06

宮城県のおすすめ海水浴場

テーマ:ブログ

海水浴場「マイビーチ鬼ヶ浜」


松島湾、浦戸桂島にステキな砂浜「鬼ヶ浜」がある。太平洋に向かって佇む風光明媚な絶景地で、周りを岩礁に覆われた綺麗な遠浅の砂浜である。嘗ては旧浦戸第二小学校の海水浴場に使われた誰が見ても海水浴場に最適な場所である。
全国のボランティアさんの支援を受けて、アクセスする歩道を造り、鬼ヶ浜周辺の竹藪などを刈り込み、砂浜に打ち上げられた船、タイヤ、流木などの撤去と清掃、ダイバーを投入して海底のガレキなども片付け海水浴場造りを進めて来ました。この夏、海水浴場と3年目を迎えオープンします。

【期 間】 平成28年7月17日(日)~8月28日(日)
【遊泳時間】 午前10時~午後4時
【場 所】 塩竈市浦戸桂島 鬼ヶ浜
【交 通】 マリンゲート塩釜から市営汽船(浦戸行き)
3つ目の「石浜」で下船、徒歩10分
【ご利用】 ご利用は無料です。
     ご利用に当っては全て自己責任に於いて安全にご利用ください。
【施 設】 トイレ、温水シャワールーム、脱衣所、海の家
     行政などの支援、援助を受けず、全国の皆さん募金などで整備しました。
【海の家】 ラーメン、カレーライス、牛丼、軽食、ジュース類、アイス類、掻き氷、
      生ビール、缶ビール、BBQ予約制 など。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-31 06:17:18

〝なせばなる〟

テーマ:ブログ

牡蠣再生プロジェクト



皆さん、いつもご覧いただきありがとうございます!
最近、とある人に嫌われているらしい。まぁ嫌われてもそれほど困る訳でもないが・・・
顔はいいけど(?) お口が悪いので自業自得ですね。(笑)

70歳過ぎのジジーですがほぼ毎日facebookをupしています。
桂島の復旧復興に少しでもお役立ちたい、鬼ヶ浜に一人でも多くの海水浴客を呼びたいと思うので、楽しんでもいますがお仕事の一つと捉えているのでおっくうな時もあります。

今年は牡蠣養殖の後継者を育てるという大きな仕事を抱えています。
このプロジェクトはただ単に牡蠣養殖の後継者を育成するだけではなく、ふるさと島民登録に結び付け存続が危ぶまれる離島の復興復旧で、島民に生きる希望を与えると共に日本三景「松島」の豊かな自然と離島の生活を守る大きなプロジェクトでもある。

〝なせばなる〟想像力が共通の目的と結び付き必要性が勇気と交わったとき、今まで到底出来ないと思っていることも、可能にする大きな力となる。そのことを考えるとこの胸がだんだん熱くなるのを覚える。これまでの素晴らしい人との出会いと学んだこと、経験したことを生かし、熱い、熱い一念を持って、ことに当たれば、必ず「道は開ける」と確信している。もう一度原点に立ち帰り全島民の共生と協働で伝統を継承し、新しい暮らしの基盤をつくり、島のコミュニティを図る。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-12 06:37:56

生きていることに感謝!

テーマ:ブログ

70歳には70歳の夢がある!


家は人が住まないと早く傷む。機会は使わないと錆びる。
なんでも常に使わないと錆びるらしい。
だとすると人間も走り続けないと錆びるか?
何かに向かって走り続けていれば認知症にも痴ほう症にもならないかも・・・
ただし、走り続けるには身体を労わり続けながら、ガソリンを補給する。(そのガソリンが問題かも)


海に落ちて、改めて「今、生きていることに感謝!」
Facebookで沢山のコメントを頂きました。
素直に「ありがとうございます!」

人は自分一人では生きていけません。
空気、水、食料、また家族や職場の人たち、さらには社会など、自分を取り巻くあらゆるものに支えられて生きている。
そう考えれば、自然に感謝の心が生まれてくる。
たとえ今が不幸続であったり、不健康であったりする場合は「感謝をしなさい」と言われても、
無理かもしれません。

それでも生きていることに対して感謝することが大切なそうだ。
感謝の心が生まれてくれば、自然と幸せが感じられるようになってくる。
生かされていることに感謝し、幸せを感じる心によって、人生を豊かで潤いのあるものに変えていくことができるそうだ。

いたずらに不平不満を持って生きるのではなく、今生きていることに素直に感謝する。
その感謝の心を「ありがとう」という言葉や笑顔で周囲の人たちに伝える。
そのことが、自分だけでなく、周りの人たちの心も和ませ幸せな気持ちにしてくれる。

改めて、70歳も夢に向かって生きる!
人はひとりでは生きられない弱い生き物だ。
だからこそ、助け合い寄り添いながら生きているのだ。大切なのは感謝の心を失わないこと。
「ありがとう」という気持ちを忘れないことです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-03-23 08:48:03

本格的牡蠣養殖事業

テーマ:ブログ

本格的に牡蠣養殖を始めます


新たな視点「観光→帰省への転換」することで『ふるさと愛ランド」』構想の基盤をつくる。震災後著しく人口が減少し、島の基幹産業である牡蠣・海苔養殖業の跡継ぎがいない。このままでは牡蠣、海苔養殖業が衰退して島の存続にまで影響します。そこで島暮らしと漁業体験を通して桂島の素晴らしさを実感することで桂島に移住させ後継者の育成に結び付ける。

島の生活と産業を守るため漁業体験のツーリズムを企画し交流人口の増加を図る。
その中から牡蠣養殖の長期見習い実施することで島の受け入れ態勢を理解していただく。
将来的に牡蠣養殖を生業として桂島への移住し島の後継者として育てるお手伝いをする。

1)一世帯当たりの生計出来る規模の牡蠣養殖を始める。(筏4基1,000連)牡蠣剥きは島の
  お婆ちゃん(65歳以上)雇用と障害者の雇用で障害者支援に繋げる。
2)交流人口を増やすためグリーン・ツーリズムを実施する。
  平成28年度10,000人の交流人を目標とする(27年度7,000人)
3)島暮らしと漁業体験者を5名募集する。
  漁業引退者を講師に後継者を育成する中で2名の移住者を確保する。

【目指す目標】
新しい後継者(2名)が宮城県漁業共同組合(FA)の組合員の資格を取得。牡蠣漁師として独立する。また存続が心配された桂島の牡蠣養殖が続けられ、全国に松島湾の美味しい「生食用牡蠣」が流通する。それに伴い高齢で海の仕事・力仕事が出来なくなり引退したお爺ちゃん、お婆ちゃんにも出来る牡蠣剥きなどの仕事で働く生き甲斐を見つけ元気なお年寄りが増える。合言葉は65歳からお国のお世話になりますか?それとも島の宝物になりますか?
また、交流人口を増やすためグリーン・ツーリズム(島暮らしと漁業体験)も好評で県内外から大勢の人々にお出で頂き離島の素晴らしさを体験するようになり継続していきます。
【課題】
空き家がないので後継者の住む家の確保とグリーン・ツーリズムの人たち休憩所の確保。現在は合同会社「自然体験桂島」の交流ハウスを利用している。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。